初心者目線 美術を楽しむいろは
  • 18Feb
    • 現代アーティスト事典

      こんにちは。UsartDealerです!今日は最近読んでいる本を紹介します。こちら、「現代アーティスト事典」です!現代アートの歴史を築いてきた世界の最重要アーティスト155人の代表的な作品および経歴を学ぶことができます。私はついこの間までコンテンポラリーの言葉が現代アートという意味だと知った新参者なのですが、勉強し始めの段階ではぴったりな本だと思います。パラパラと読むだけでも、作品写真と作家を結びつけて覚えることができます。将来的には、この作品はこの人!と一瞬で分かる人になりたいですね。。日本人アーティストからは奈良美智先生や村上隆先生等が掲載されています。今週はフィリピンのアートフェアに行ってくるのですが、海外で特に人気な現代アート、実際にその熱量を体感してきます!

      NEW!

      テーマ:
  • 16Feb
    • 川鍋暁斎展に行ってきました

      こんにちは。UsartDealer(うさーとでぃーらー)です!昨日は青年会の見学会で川鍋暁斎展に行ってきました。感想文担当になったので、頑張って書きたいと思います。暁斎と言えば可愛い鳥獣戯画なのですね。(昨日学びました笑)ポストカードは以下を買いました!<<蛙の学校>><<鯰の船に乗る猫>>まだ勉強不足であまり書くことが浮かんでいないので、とりあえず週末に何を書くか考えることとします。。今日はバタバタしていて内容が薄いですが、以上とさせていただきます。それでは皆様、良い週末をお過ごしください。

      テーマ:
  • 14Feb
    • トレンドの遷移について

      こんにちは!Usart Dealer(うさーとでぃーらー)です。絵画というものは、ファッションと同じで人々が好みによって価格も大幅に変化します。例えば今では世界中から大人気の草間彌生先生の作品も10年くらい前に数十万だったものが、数百万、数千万円に跳ね上がっています。逆に、掛け軸の作品は上記の逆パターンが起こっています。掛け軸は価格の変化は、人々のトレンドが影響していることはもちろんのこと、家の洋風化に伴って雰囲気に合わなくなってしまったためです。和室もないおうちが多いですしね。やはり絵を買うとき、インテリアと同じで、家の雰囲気を思い出しながら決めるのが自然の流れだと思うのです。ということで、今売れていても数年後は分からない、今売れていなくても数年後は跳ね上がっているかもしれない、予想のつかない世界なのですね。。皆さんは次に来る作家さんはどなただと思いますか?

      1
      テーマ:
  • 13Feb
    • 【お知らせ】ブログタイトル変更

      こんにちは。UsartDealer(うさーとでぃーらー)です!本日よりブログタイトルを変更しました!新:初心者目線 美術を楽しむいろは旧:絶対失敗しない!絵画売却のコツ理由はただ一つ、初心者であることを主張しているのに絶対失敗しない絵画売却のコツを伝授するということに非常に違和感があったためです。:(記事内容は今後も背伸びなく、美術関連の学んだこと、興味のあることを綴っていきます!以上です。

      2
      テーマ:
    • 作家紹介 クロード・モネ

      こんにちは。UsartDealer(うさーとでぃーらー)です。今日は好きな画家の一人、クロード・モネについて紹介します。モネは印象派を代表するフランスの画家で「睡蓮」のイメージが強く根付いています。そもそも印象派とは何なのか?→19世紀後半にフランスから広まった画家のグループです。当時は宗教画や歴史画に高い価値がついていましたが、印象派の絵は風景画や市民たちの生活を描いているものが多いです。物や人を的確に描くというよりかは、その景色や対象の雰囲気を再現することを目的としています。初心者視点で表現すると、「対象はぼやっと、しかし光の陰影で雰囲気を表現している絵」と言った感じでしょうか。笑モネは正にそういった絵を描く画家で、描く景色を自分自身で作っていました。自身の庭を描きたいものにカスタマイズしていたのです。特にこだわったのが「睡蓮」で、その花をいかに美しく見せられるかを考え抜いて庭を作っていったといいます。モネの庭はそれ自体が生涯をかけての作品でした。実際のモネの庭の写真はこちらです。本当に美しいですね、、!モネは世界中から種を取り寄せて理想の庭を作り上げたといいます。画家はすでにある景色を描いていると思っていましたが、自ら景色を作り上げるなんて斬新です。以上、モネの紹介でした!

      1
      テーマ:
  • 12Feb
    • 龍と虎について

      こんにちは。UsartDealer(うさーとでぃーらー)です!みなさん3連休はゆっくりお休みになられましたか?私は久しぶりの2連休でとてもリラックスした休日を送れました。今日は日本の画題として頻出する「龍と虎」についてお話ししたいと思います。元は中国の神話「四神」より考え出されました。東の青龍、西の白虎、南の朱雀、北の玄武という4匹の霊獣がいたと言われています。その中でも龍・虎は二強の動物と考えられていました。日本において龍と虎の絵は、特に戦国武将や禅僧といった権威ある人々に好まれていました。当時の人々は、龍は想像上の動物にも関わらず、「龍を見た」ということが話題となり、実際に存在するものだと信じられていました。現在でいうUFOのような感じでしょうね。虎は中国にはいますが、日本には生息していなかったので当時のアーティストたちは中国絵画や工芸品を見て、また同じネコ科の猫を見ながら制作したと言われます。それ故に、日本人が描く虎は可愛さが残っているとも言われています。では実際に先日の新北斎展で見てきた龍と虎の絵の中で特に感銘を受けた作品を載せます。<<雨中の虎図>><<雲龍図>>この掛け軸2枚は北斎が晩年90歳の時に描かれたもので、のちに対になって描かれたものだと分かりました。このように横に並べるとお互いの視線が完全に合うことが分かります。いかがですか?晩年の作品とは到底思えない、迫力のある作品に圧倒されてしまいます。新北斎展3/24までやっているみたいです。まだ行かれていない方は是非!足を運んでみてください。本当におすすめです。

      テーマ:
  • 09Feb
    • 公開オークションへの出品のメリット/デメリット

      こんにちは。UsartDealer(うさーとでぃーらー)です。今日は公開オークションへの出品方法 / How to put up for auctionについて、メリット・デメリットをお伝えします。<メリット>・公開性が高い→「本当はもっと良い価格だったんじゃないか?損したのではないか…」という心配がいりません。「公開」オークションなので :)→実際、管財人がいる場合の処理に公開オークションを利用している実績があります管財人がいる場合の処理についてイラストで説明します。①UsartDealersは狼に$100ずつ騙し取られ、逃げられます②困った3匹は狼の残した財産(いちご)を公開オークションに出品することを思いつきます③財産は$600で落札されました。このイチゴが$600で落札された事実は公開されます。 3匹の中で疑いが起きることもなく、$200ずつ分けることができます!<デメリット>・オークションの開催日を最低でも3ヶ月待つ必要があり、スピードは遅くなります・不落札になる場合があります・出品作品のカタログ掲載料など、落札/不落札に関わらず諸費用がかかる場合があります・公開性が高い分、不落札の事実も公開されます。それにより以降の売却時にエスティメイト以上での売却が難しくなる可能性があります以上、公開オークションへの出品のメリット/デメリットでした!

      2
      テーマ:
  • 08Feb
    • 掛け軸の巻き方

      こんにちは。UsartDealerです!今日は最近習った掛け軸の巻き方を紹介したいと思います。私にとっては業務のおさらい、皆さんにとっては大事な掛け軸を傷つけない方法の参考にしていただければ嬉しいです。また、万が一売却を考えていた場合、やはり良い状態で売却することが一番だと思いますからね:)以下ざっくりとしていますが、軸の図になります。軸を巻くときに、軸首を掴んで内側に巻いていきます。この時のポイントはサランラップのようにきつく巻かないということです。ゆるめゆるめに巻いていきましょう。きつく巻いてしまうと、紙折れの原因になります。以下の赤線までゆるめに巻きます。そのあとは、軸首を回します。回すことで何が起きるかというと、ゆるゆるに広がった筒を小さくすることができます。ここでもきつく巻きすぎないように注意です!あとは残りの部分を巻いて完了です!また、別の記事で紐の結び方をご紹介します!皆さんがもっと良い巻き方をご存知でしたら、是非教えていただけるとすごく嬉しいです!

      2
      テーマ:
  • 07Feb
    • アートフェア 広告デザインについて Designing promotional material

      *There is an English translation after the Japanese, so pleasecheck that if you are interested.こんにちは。UsartDealerです。今日はアートフェアの特集、公式ガイドブックに向けての広告内容策定とデザインを行いました。広告は内容はもちろんのこと、レイアウトとしての一つ一つの文字や画像の位置、色、フォント、文字の太さなどなどこだわりが沢山詰まっているものだと実感しました。少しでも多くのお客様が花田美術のブースに足を運んでもらえるよう、心を込めて作りました。:)アートフェア東京2019は3/7(木)がVip向け、一般の方への公開日は3/8(金)〜3/10(日)です!日本中、そして世界からもギャラリーが集まるアートの大イベントです。アートが好きな方は、ぜひ!足を運んでみてください!Hello! It’s UsartDealer here!Today I’m creating promotional material for my gallery Hanada Bijutu to be included in the official guide for the 2019 Tokyo Art Fair.Of course I have to carefully consider the contents of the promotional material, such as images, text, colour, layout, arrangement, etc. I want to create a really attractive design so that lots of people visit our booth :)The 2019 Tokyo Art Fair is held from March 7th to 10th. March 7th is for VIPs only, and from March 8th to 10th everyone is welcome.If you’re interested in art, please stop by and see us!

      1
      テーマ:
  • 06Feb
    • 業界における英語の必要性について/English necessity in industry

      *There is an English translation after the Japanese, so pleasecheck that if you are interested.こんばんは。UsartDealerです!今日は仕事の話をします。今日はあるオークションハウスの方と打ち合わせだったのですが、オークションハウスに勤めている方の英語力の凄まじさたるや…!その方は、高校〜大学留学、その後留学先の国で1年働いていたそうです。他のオークションハウスでも大変お世話になっている方がいるのですが、中学〜大学留学、数年の社会人を経て再度留学されている方です。皆さん世界中を飛び回ってオークションをまわしていて本当にかっこいいです。英語力はもちろんのこと、アートへの熱意も。わたしも今後アートフェアや海外オークションで同時通訳が必要になってくるので、本気出してがんばります :)Hello! Its UsartDealer here!Today I’m going to talk about my job.Today I attended a meeting with an auction house employee. Her English was really amazing!She studied abroad from high school to university and then worked abroad for one year after that.A friend of mine who is also working for an auction house studied abroad from junior high school to university. After that she worked in Japan, and then studied abroad again.I think it’s so cool to be able to travel round the world working at different auction houses, speaking English and knowing so much about art.In the future, I'll have to translate at foreign auctions and art fairs, so I’m trying my best to study English as much as possible :)

      1
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス