1973 SHOVEL FLH1200 エンジン組み立て開始/ロータリースポーツ | ロータリースポーツ『作業日誌』

ロータリースポーツ『作業日誌』

ブログの説明を入力します。


テーマ:

こんばんは!

心地よい気候が続いておりますここ名古屋、

明日午前中はぐずついたお天気になりそうですよ。

 

さて今回は、以前より分解を進めておりましたショベル!

加工も終わり、組立作業に入りました。

 

 

73年のFLHです。

 

 

加工済みのシリンダーへッドです。

 

 

 バルブガイド交換。

 

 

バルブシートはカット、擦り合わせ済み。

 

 

もちろんバルブは新品、

しっかりとガイドシールで対策。

 

 

組み付け完了!

 

 

続いてはロッカーBOXです。

 

 

走行距離の少ない車両ですがしっかりと、

点検、洗浄、エンドのねじ山にスルッとダイスを通してあげます。

 

 

オイルラインのフィッティングが固着して外れないので、

軽く炙って(軽くですよ)シール剤を溶かします。

 

 

簡単に緩みました。

 

 

シクネスゲージでエンドプレイを測定、

4箇所全て基準値内にありました。

 

 

シリンダーヘッドが完成しました。

やれた雰囲気はそのままにということで、徹底的に洗浄しただけです。

 

 

早くエンジンにドッキングしたいですが、まだ先です。

 

 

ピストンはスタンダードサイズからワンサイズ大きくして、

0.010インチのオ-バーサイズでボーリング済み。

 

 

オイルコントロールリングは3ピースの物にアップデート。

 

 

ボーリングのクリアランスがしっかりしていますので、

ピストンリングのエンドギャップもいい感じです。

 

まだまだ作業は続きますが、今日はここまで。

またこのBLOGでご紹介させて頂きます。

 

それでは失礼します。

RS小林

 

 

 

 

 

 

 

 

ロータリースポーツさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス