2019年をどういう年にするか。 | 永田羽竜のブログ

永田羽竜のブログ

日本、オーストラリアを経て、現在はバングラデシュ1部リーグでプロサッカー選手として活動中。
現地のサッカー事情や日常生活などを記録していこうと思います。
https://www.uryunagata.com

テーマ:

 

明けましておめでとうございます。

 

25歳の誕生日を迎えました。

四半世紀の終わりです。

 

 

バングラデシュ在住の日本人の方々に祝って頂きました。

 

 

バングラサッカー応援隊長の進藤さん、改めてありがとうございました!

 

 

 

 

 

新年会&誕生日ということで集まって頂いた方々に感謝です!

 

 

 

ご飯もこんなに豪華!

 

全て絶品。

 

 

 

 

 

あと元旦にはお節も頂きました。

まさかバングラデシュでお節が食べれるとは…

これまた美味しい。

 

 

これらの料理は

首都ダッカにある日本食レストラン、

【和の心ながさき】さんからです。

 

 

 

オーナーの千鶴さんには本当にお世話になっています。

レストランのオーナーだけど、スナックのママのような存在です。

 

 

ここではドミトリーや個室といった宿泊施設も完備しています!!

 

空港からも近いので便利です。

 

仕事や旅などで海外にいて、こういう場所があったらどれほど幸せなことでしょう。

 

バングラデシュに来た際には是非寄ってみてください。

 

 

 

 

 

 

日本の年越し時間は先程のレストランにいたのですが、

バングラデシュの年越し時間は外にいました。(日本より3時間遅れている。)

レストランのお客さん(バングラデシュ人)に連れられて来たのは、アパートの屋上です。

 

 

 

めっちゃ辛いけど美味いチキンを食べながら、人生初の日本人無しで年越ししました。

 

 

 

バングラデシュは年越しが特にスペシャルなことではないので、わくわく感とかは無かったですね。

 

 

日本の年末年始が恋しいですが。

 

 

年賀状の文化とかすごく良いなとつくづく思います。

 

 

 

 

 

 

さて、2019年をどういう年にするか。

 

僕の背番号の年です。(19番)

 

昔からこの番号にはこだわってきたので、今年は自分の年だと思い、素晴らしいものにしたいです。

 

 

サッカーキャリアを彩ることは今更言うまでもなく、常に向上心を持って、結果を求めて、後悔の無い選択をすること。

これは一生変わることがないです。

 

 

 

今年、チャレンジしたいことは。

 

「しっかりとしたメディアを作ること。」

 

 

サッカー選手の在り方が日々変わり続けている昨今、

 

僕は現役選手としてパラレルキャリアを積んでいきたいと思っていて、

 

それを積むために多くの人の協力や信頼を得ることが今最も必要なことだと感じています。

 

 

 

そのために個人のメディアを作り、活動や考えを配信することで多くの方々に永田羽竜(ながたうりゅう)を知ってもらい、興味を持ってもらい、信頼や協力を得る。

 

 

自分の思いを言語化して伝える作業は簡単なことでは無いです。

 

けど、このまま何もしなかったらサッカーだけしかしてこなかったサッカー選手として終わってしまうのが見えています。

 

 

サッカー選手がサッカーだけしていれば良い時代はもう長くはないと思うので、

 

いまからできることをなるだけしたいし、見つけたいです。

 

 

それが将来に繋がると信じて、精進していきます。

 

 

 

 

 

こんなこと抜かすなら、

ふざけた日記のようなブログはもうやめた方がいいですかね…笑

 

アルバムにあった約20年前のだんじり写真。

この頃はかわいかったのに…笑

 

 

 

 

 

 

 

 

四半世紀の間、関わって頂いたみなさんに感謝感謝です。

 

 

 

志高く。

人の縁を大切に。

一生成長。

 

 

 

 

 

今年もGOALに向かって突き進みます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も読んで頂きありがとうございました。

 

 

失礼します。



公式Webサイトはコチラから