今使用しているG社のドライタイツが非常に脱ぎ履きしやすいので、気に入っています。

 

 

前のファスナーが全開になることが、それを可能にしています。

 

勿論ドライタイツなので、閉めたファスナーの間から水が入ってきてはダメですが、

 

これは、防水ファスナーなので、水の侵入が有りません。(素晴らしい!)

 

脱ぎ履きの手間が楽なのは、足首部のカバーが無いこともその理由です。

 

カバーが無いため、砂利ガード付のシューズを購入しましたが、そうすると手間が

 

増えて、せっかくのメリットが消えてしまいます。

 

そこで、砂利ガードなしで、どの程度砂が入って来るかを確認するため、ここ最近の

 

釣行では、砂利ガードなしの鮎タビの方を履いています。

 

検証結果は、砂の多い河川では若干細かい砂が入ってきますが、何の不都合も

 

感じません。

 

砂利ガードしていても入ってきていたかもしれない程度です。

 

砂の少ない河川では、ほとんど砂は入ってきません。

 

これなら、わざわざ手間のかかる砂利ガード付のシューズは不要というのが、私の

 

出した、個人的見解です。

 

まあ、せっかく購入したD社の鮎シューズですから、今後も使うことは使いますがね・・・。

 

鮎タビよりは作りが丈夫そうなので、その点は利点と思うが、思ったほどフィットしないのが

 

欠点かな・・・サイズや足底の造りが自分とはフィットしない、むしろ鮎タビの方がフィットする。

 

 

以上、足首部にカバーのないG社のドライタイツでも、鮎タビは使えて、砂利ガードは

 

特に必要ないとの結論となりました(あくまで個人的な見解です)。

 

ということで、たまたまオークションで安く購入できる機会が有ったので、おなじタイツを

 

追加購入しました・・いつ破れても良いように、予備用です。

 

タイツ類は経年とともに、ゴム素材が劣化してきて、伸びも悪くなりますのでね・・・。

 

おなじタイツで、色の薄い(グレーやシルバー色)を作ってくれたらという希望は有りますが・・

 

夏の日差しでは、黒色のタイツやシャツは、暑いというより、痛い!のでね。

 

 

追伸:ドライタイツをスムーズに脱ぐには「要領」があります・・まず、ある程度タイツを

 

下部に押し下げて、ふくらはぎ部を緩めておいて、次に、引っかかりやすいかかと部を

 

超すように足首のタイツ部をつま先方面に押し出します。

 

押し出した分、つま先を引っ張り、ある程度ゆるんだら、足袋部を別の足で踏んだままま

 

足を引き抜きます。・・・あ~ら不思議(笑い)、大根を引き抜くようにするりと脱げます!

 

このやり方なら、座り込んで脱ぎ履きする必要はなくて、ちょっと車などにもたれて実施

 

するだけで出来ます。(地面には着替えシートを置いておいて、その上でやってください)

 

 

 

クリックすると鮎ブログランキング表に戻ります。


にほんブログ村