二つのやる気をおこすパターン


営業とWeb集客に強いビジネス心理コンサルタント漆沢英一です

サンタ ちわわんこ

あっという間に12月も6日過ぎました。

そろそろ、クリスマスツリーを出そうと思っています。

二つのやる気をおこすパターン


人が何か行動しようとする時にやる気をおこすパターンは、大きく分けて二つといわれています。

目的志向型と問題回避型の2つのパターンです。

目的志向型
  • 目標を達成することでやる気を起こします。
  • 目標を達成の観点から物事を優先順位を付けるのが得意
  • 目標に意識が集中する
問題回避型
  • 否定的な状況や解決するべき問題があることでやる気を起こします
  • 問題の処理や解決が得意
  • 問題に意識が集中する


分りやすい例として・・・

漫画「ワンピース」の主人公であるルフィの口ぐせは「海賊王に俺はなる!」

この言葉からわかる様に、ルフィは「目的志向型」だと判断できます。

逆に問題回避型は、ウソップが分りやすい例です。

問題(敵に襲われる)ことに意識が集中し、避けるべき状況や問題について話すことが多い事など・・・

このように普段の行動や口癖などで、どちらのパターンかが分かります。

それぞれのパターンが口にしやすい言葉


それぞれのパターンで好きな言葉(影響言語)にも特徴があります。

目的志向の好きな言葉
  • なる。
  • 達成する。
  • 獲得する。
  • 手に入れる。
問題回避の好きな言葉
  • 解決する。
  • 避ける。
  • 取り除く。
  • しないようにする。
  • しなくていい


ここで、勘違いしてはいけないのは、人は、どちらかのパターンに限定・判別されるわけではないという事。

同じ人であっても、場面や状況で、どちらかのパターンを選ぶ事もあります。

目の前に予測されるトラブルがあれば、目的志向ではなく問題回避でそのことに対処する必要がありますよね。

また、将来的なビジョンを描くときには、問題回避より目的志向で考え

大事なのはバランスです。


自分のやる気が出るのは、場面や状況でどちらのパターンなのか、知っておく事で行動をしやすくなります。

行動しなければ、何も変わらないのですから

◇最後までお読み頂きありがとうございます。

【残席1名様!】グループコンサル年末特別編


ヘッダ作成が主ですが、作業の合間には、集客に関するいろいろなご質問にもお答えさせて頂く予定です。

グループコンサル「Web集客塾」



Sophias Color ロゴ
東北の起業家さまの目標達成と現状課題の解決をサポートすることで、地域の活性化と子供たちが最上級の笑顔で元気に暮らせるコミュニティを創ります。

友だち追加
クリックするとSophia's Color 公式LINEをお友達に追加します。




●営業/集客コンサルティング・Webコンサルティング・ブログカスタマイズ・ホームページ作成・映像作成・PCスキル・SEO対策を個人事業主様にご提供しています。

●仙台を拠点とし、宮城県・福島県・山形県・岩手県・秋田県・青森県で活動中です。


おかげさまでブログランキング上位です


お問い合わせ・お申込みフォーム