今日のアオシマDD51の製作進捗

 

ボンネット内に収まる目立たないパーツですが

 

空気圧縮機が完成しました。

 

エンジンのよくできた構成と比較すると

 

かなり省略された感じがあったので

 

ディテールアップをしています。

 

空気圧縮機(写真右)は全体的に成形の抜きテーパを修正し

 

吊環の追加、配線の追加をしています。

 

駆動軸(写真左)では、ボルト表現をそぎ落として真鍮線φ0.4で

 

植え込みボルト化、ベルトを薄く削り、プーリーのフランジが分かる様に

 

形を修正、吊環の追加、などをしています。

 

 

空気圧縮機は、分割のラインを0.1mm薄歯ノコで溝入れにて追加

 

ボルトを止めている三角柱の形をした形状は、成形型の都合で下側までずっと

 

伸びた形になってたので、実物に合わせて形状修正しました。

 

 

 

台枠に置いて仮合わせ状態

 

オリジナル形状より、だいぶシャープ感が増したと思います。

 

 

 

こちら側から見るとベルトが薄くなった感じ、プーリーのフランジ形状が

 

目立つ様になったのが分かりやすいです。

 

 

 

同時に台枠の製作も進めています。

 

モールドで表現されてた配管類が、かまぼこ形状なので

 

そぎ落とし、真鍮線φ0.7で浮いてる表現に変えました。

 

 

厄介なのが、エルボとかジョイント部

 

アルミパイプ外径φ1.0、内径φ0.6の内径をピンバイスでφ0.7まで広げ

 

エルボとジョイントを製作しました。

 

 

地味な作業ですが、毎日少しずつ進めています。

 

 

ポチっとお願いします

 

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村
AD