BCP(事業継続計画) | 『売れプロ!』ブログ -「売れる」「稼げる」中小企業診断士に-
新型コロナウイルスに関する情報について

『売れプロ!』ブログ -「売れる」「稼げる」中小企業診断士に-

東京都中小企業診断士協会中央支部認定マスターコース『売れる!人気プロ研修講師コンサルタント養成講座』について情報発信しています!
塾長&講師は全国各地で年間203日講師登壇を誇る『あお先生』こと青木公司です。ぜひ門をたたいてください!

※にほんブログ村ランキング参加中です!1日1回、皆様の温かいポチをお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村

 

皆さん、こんにちは!

売れプロ9期生の田口秀嗣です。

 

GW前に3度目の緊急事態宣言が始まりました。今年のGWはいつもはやらないことに挑戦するチャンスですね。

 

今回はBCP(事業継続計画)について書いていこうと思います。

 

BCPとは今回の感染症の拡大など大きな災害に直面した時に、企業が迅速に事業などを立て直せるようにあらかじめ対策立てることを言います。

コロナウイルスでは、顧客や従業員を守るために感染症対策を行う、会社に出社が出来ず仕事ができない、取引先でクラスターが起きたので商品が届かないなどの事態が起きました。

このような時にBCPは役に立ちます。感染症対策を想定した計画は少なかったとは思いますが、地震などで通勤できないことを想定してリモートワークができるようにしていたり、商品の取引先を複数の企業に変えるようにしている計画を立てている企業は存在しました。

事前に想定をすることでいざというときに慌てず、打開策を打つことが出来れば他社との差別化にもつながります。

 

先日BCPコンサルティングを専門に行う企業の代表と話す機会がありました。その方は元自衛官の方で災害復旧のスペシャリストの方です。

印象に残ったのは、BCPは策定したら終わりではなく、定期的な見直しや訓練が必要だという事でした。

日ごろから考えている企業戦略にBCPも入れてみることで、新しい発見もあるかもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。