集客できないダメ社長の劇的ビフォーアフター

集客できないダメ社長の劇的ビフォーアフター

「集客」で困っている経営者に読んで欲しいブログです!
”感覚的”に集客を行なっている経営者、
勉強はしたけど…結局”よく分からない”という経営者、、、
このブログは、そんな方に心強い情報を提供します!


テーマ:

■ お客さんの 「買う気」 を起こす秘密のコトバ

 

今回の記事は、業界を選びません。

ほとんどの業種で使える基本技です。

 

ウチの商売はちょっと特殊だからなぁ…

宣伝してポンポン売れるようなサービスじゃないからなぁ…

 

という経営者の方にも、知っておいて損はない内容です。

 

チラシ広告の文言・メニューに添える一言・DMの内容・看板・名刺…

 

様々な宣伝シーンに応用することで効果を発揮できますよ!

 

● 「期間」 と 「数量」 の限定

 

よくある1ヶ月限定!とか〇〇個限定!

 

これだけでは「買う気」を最大限にはできない時代です。

 

なぜかと言うと、大抵のお客さんは「限定」に慣れてしまっているから。

 

1ヶ月限定!って言ってるけど、どうせ来月もやってんでしょ~??

〇〇個限定!とか言って、もっと出せるけど出さないだけでしょ??

 

こんな類の”疑い”が自然と発生するケースが多いです。

 

それもそのはず、周囲の「限定」をチラシやネット上で探してみてください。

 

「限定」にしている ”ワケ” までを明確に記載している宣伝はどれくらいあるでしょうか?

 

実際に探してみると、かなり少ないのが現状です。

 

しっかり見てみると、とりあえず「限定」ってワードを使っておけば大丈夫だろ!って感じが前面に出ているものが非常に多いんですね。

 

平成も終わりにさしかかろうとしている現代、これでは「買う気」を起こさせるには少し不十分です。

 

じゃあ 「限定」 ってもう使えないキーワードなのかぁ…えーん

 

そんなことありません。解決方法はとってもカンタン!

 

以下の部分を修正するだけで、絶大な威力を発揮することがあります。

 

● 「期間」 は3週間まで、誰もが納得できるワケを添える!

 

期間を3週間に絞るのは、ヒトの行動心理に基づく理論です。

(簡単に言うと、人の関心は長くても3週間までしか持続できないケースが多い)

 

1ヶ月は長過ぎて 「まだ大丈夫だな…」 と決断を先延ばしにする可能性が膨らみます。

 

そして 「期間」 を定めるのも 「数量」 を定めるのも、ワケが必要です。

 

それを聞いて誰しもが納得できるワケです。

 

ウチは 〇〇人 のスタッフでこの商品を作っています。

だから 〇個 しかご提供できません…

 

前回同じキャンペーンを行った時、ご迷惑をおかけしたお客様が出てしまいました。

だから 〇名 までしかご予約をお受けできません…

 

商売の内容によって、様々なワケが存在します。

 

お客さんサイドから見て、そりゃあ仕方ないよね~と共感を生む程のワケを考えてみてください。

 

そのワケに真実味があればあるほど、限定というワードは効果を発します。

 

お客さんの「買う気」を起こす秘密のコトバ…

 

今回は 「限定」 の裏設定をしっかり組み立てておく必要性 について書いてみました。

 

もし、他にも集客について知りたい!って場合は無料の教本を読んでみてください。

 

教本と言っても、小さなお店のオーナー日記ですからとても読みやすいですよ。

 

【 わたしの集客日記 】 無料公開中


テーマ:

用も無いのに行ってしまう店は集客に強い。

 

どうしたらお客さんに来店してもらえるんだろう…

 

集客で悩んでいる店舗経営者は非常に多いです。

 

来店してくれないことには売り上げが全く立たない…という経営方法だと、非常に切実な問題ですね。

 

こうした集客の悩みで、まず初めにぶつかる壁がこれ。

 

いったい何が悪いのだろうか…??

 

商品やサービスの内容?

立地条件?

価格?

設備の老朽化?

スタッフの対応?

 

考え出すとキリがなくなってしまう…という方も多いです。

 

そんな場合、意外とこんな対策が有効な一手となるかもしれません。

 

お客さんの 「流れ」 を作る

 

現状、集客が機能しない理由の一つに 「ポツンとし過ぎている」 という要因は考えられませんか?

 

例えば、川魚をたくさん仕入れて売りたい!と思う時に…

 

川からずいぶん離れた場所で待っていても、なかなか商品である魚は手に入りません。

 

それこそ、川魚の行商人から「仕入れ」るしか方法がないでしょう。

 

でも自分で獲りたいなら、普通はこんな選択をするはずです。

 

自分で川まで直接行って釣る

 

直接移動して獲ってくれば、仕入れも安くすむかもしれませんよね。

 

しかし、これよりももっと良い方法があるんです!

 

自分の家の前まで 「支流」 を引いてくる

 

セコい!と思われたかもしれませんが、実際かなり仕入れがラクになります(笑)

 

玄関を開ければそこには「川」があるんですから。

 

店舗の集客でも「お客さんの流れ」を作りたい場合、まずはこんなニュアンスでOKなんです。

 

ある程度のまとまった「流れ」がこちらへ向かえば、お目当ての魚が見つかる確率は以前よりも飛躍的にUPします。

 

ここでキーとなるのが、まとまった「流れ」の作り方です。

 

その取り組み例の一つが、今日のタイトルにもある

 

用も無いのに行ってしまう 「お店作り」

 

ちょっと文字にすると変な感じですよね?

 

用も無いのに?じゃあお客さんではないってこと?そんな人が来店して意味あるの…??

 

意味はもちろんあるんです!例えば、分かりやすい例がこちら。

 

家電量販店の 「来店ポイント」 制度

 

商品を買わなくてもOK!来店しさえすればポイントがもらえます!

たまったポイントは、1ポイント=1円でキャッシュバック!

 

この取り組みで売り上げを大きく伸ばした家電量販店は、結構有名な話ですよね。

 

そうか!じゃあウチでも「来店ポイント」制にすればいいのか!

 

…という結論には至らないでくださいね。さすがにもう使い古された手法です。

 

自店への「流れ」を新しく作るなら、完全オリジナルの内容でないと意味がありません。

 

どんな内容なら、自店へ足を運んでもらうことができるのか。

 

ここに集中して、アイデアを考えてみてください。

 

注意点は、来店したからには何か買ってもらおう!などと決して売り込みをしないこと。

 

フラッと立ち寄って営業をかけられたら、それこそ怖いです。。。二度と行きたくなくなるでしょう…

 

地方の私鉄なんかでは、駅の中に”足湯”コーナーを設けたりしています。

 

電車のすぐ隣で足湯…変な組み合わせに見えて、非常に良いケースです!

 

それでもなかなか良いアイデアが思い浮かばない時は、この「日記」を参考にしてみてください。

 

良いヒラメキの突破口になるかもしれません。 【 わたしの集客日記 】 無料公開中

 

テーマ:
トップセールスマンの居る会社は キケン!?
 
皆さんの会社に ”トップセールスマン” は居ますか??
 
接客営業だったら、他スタッフと同じ勤務数・勤務時間でもズバ抜けて売上げを持ってくるスタッフとか。

多分どの会社でも、どんな業種でも、、、”エース級”のスタッフは居ることでしょう。
 
とても熱心に教育した結果なるべくしてなった場合や、何か分からないけど気が付いたら売れるようになっていた場合…と経緯は様々だと思います。
 
会社・お店全体の売上げがイマイチな時、そういう”エース級”のスタッフは心強いですよね!

しかもそういったスタッフは”社内営業”にも長けているケースが多いので、ムードメーカー的存在だったりします。
 
ですから多くの会社では”エース級”の社員を育成すべく、流行り?のeラーニングや研修、社外講師のセミナーや講習を導入したりします。
 
目的は会社の売上げを上げるためにやっているのですから、もちろん否定する訳じゃないですが…

単に”トップセールスマン”を育成したい場合は、注意が必要です。
 
経営者の多くは、もともと現場からのたたき上げだったり”売る”ことに情熱的なタイプが見られます。

ですから尚のこと自社の社員には、自分のような”エース級”スタッフや”トップセールスマン”を望む訳です。
 
しかし!
 
そんな頼もしいトップセールスマンの存在は、得てしてデメリットの部分を多くはらんでいるんです。。。
 
例えば…

トップセールスマンは自分の顧客を多く持っています。
○○さんから買う!って上客を多く持っているから、トップに君臨しているんです。
 
そんな顧客数の多い社員がライバル会社に移ればどうします?
お客さんは持っていっちゃダメ!って誓約書を書かせているから大丈夫?
 
もしライバル会社に転職すれば次のポスト作りに全てを注ぐでしょうから、あの手この手で顧客の誘導を行うはずですよね。

同業他社への転職禁止!の誓約書を取っていても、やっぱりあの手この手…は時間の問題です。
 
そして、自分の世界観を持っている人が多いのも特徴です。
 
聞こえは良いかもしれませんが、単純に協調性を重視しない人が多いようです。

売れる”パターン”とか自分の”やり方”を持っているので、他の意見は聞かず”結果”を盾にわがままを通そうとするかもしれません。
 
そういった振る舞いは、他の社員へ良くない影響を及ぼす可能性を秘めています。
特にチームプレーが求められる業種の場合はなおさらです。
 
そのトップセールスマンを目標に、下の社員も…ってのは幻想だと思ってOKです(笑)
自分流で売れているスタッフの”やり方”は他の社員にほとんど真似できません。。。
 
トップセールスマンが居れば、何にせよ心強い!と思う経営者は考え直しましょう!
最悪の場合、派閥を作ったり不祥事に手を染めたり、転覆を企むことだってあるんです。
 
もちろん優秀社員の全てに当てはまる訳ではないですが、人件費や様々なデメリットの可能性を考えると…不要でしょう。
 
じゃあ、トップを作らずしてどうやって売上げを伸ばしていくか…

簡単な話なんです。

入社間もない新人でも売れるように「システム」を作ること。

従来の[営業マンが売りに行くシステム]から[お客さんが買いに来るシステム]に変更すれば良いんです。
 
営業マンは購買モードに入ったお客さんを刈り取っていくだけ。
 
高度なテクニックとか要りませんよね?

よく言われる反響営業なんかそうですが、さらにもう一段階登ったお客さんの相手であれば誰でも対応できるでしょう。
 
まずその”お客さんが買いに来るシステム”をどう作るか…は業種によって様々ですね。
 
もし上記システム作りの基礎を知りたい場合は、こちらを読んでみてください。
 
 
無料ですが、読み応えのある内容です。
集客の基礎を学び直したい方にもおススメですよ。
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。