中学の説明会。 | 勝負師  藤咲美優

勝負師  藤咲美優

私は父親じゃない。母親じゃない。親なんだ。


テーマ:
いよいよ、
中学の説明会があり、
会社を休んで行ってきた。

小6は、
休まないといけない事が多すぎて、
他の働くママさんも大変みたい。

それで渡された、
制服に、ジャス、カバンにサブバッグ、
体育館シューズに、上靴、登校する時の白いスニーカー、
白い無地の靴下などなど。

全部1個ずつ買って、
10万ほどする。。

うわー。。。

公立の中学だから、
私立の子より安いんだろうけど。。

夏場は汗かくから、
セーラー服の上着は2ついるなーって、
思っていたけど、
上着で1着7000円ぐらいする。

親に聞いたら、
高いから、みんな一つずつしか買わないもんだよ。とのこと。

確かに、
7000円もするような私服持ってないもんね。
3年間の夏場だけしか着ないのに、
2つは買えないわ。。

想像以上に高い!!
さらには、
部活に必要なものは、
入部後に買ってくださいとのこと。

お金のかからない部活に入ってくれますように。


さらには、卒業式の女の子が9割ぐらい袴に編み上げブーツらしい。
娘と仲の良い女の子のお母さんと、
うちらは洋服で行くことにした。

何で最近は、
小学校の卒業式までお金かけようとするんだろう。

うちらの時は、
みんな洋服だったのに。

年末に洗濯機が壊れて、
慌てて買ってきて、
他の家電もそろそろ壊れ始めてもおかしくない時期だから、
中学の入学に戦々恐々としている。

にしても、
サブバッグも指定って何なの?
色々学校指定が多すぎる。
メーカーと癒着があるとしか言えない。

小学校のランドセルに傘から始まり、
些細な事が、
指定の商品を購入することって決まりのせいで、
出費が大変。

イオンとかで、
安いものが沢山売っているのに、
体育館シューズを入れる袋も学年の指定色のラインが入った袋!って決められた時点で、
学校近くの○○商店でしか、
手に入らなくなる。

親は買うしかないから、
本当に選択肢がないのはきついよね。


中学生の時に、
制服のサイズが合わない男子がたくさんいたのは、
こんなに高いからなんだね。


藤咲美優さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス