2010-10-22 17:51:52

climb the mind  ほぞ

テーマ:憂いのある音楽
ほぞ/Climb The Mind
¥2,000
Amazon.co.jp

★★★★★★★★★

素晴らしい、素晴らしすぎる作品です。

今年は色々待ちに待った作品がたくさんリリースされていますが、これはもしかしたら本年ベストアルバムのダークホースかもしれない。

それくらい素晴らしいです。

ちなみに僕の今年の本命は既に出た作品ではkamomekamomeであり、envyであり、heaveninherarmsであり、これからの作品だとAsmeias辺りかなというところですが。

しかもkamomekamomeとenvyに関しては死ぬまで忘れない棺桶に入れたいレベルの作品であったのにも関わらず、ここにきてこの作品が肩を並べてくるとは、、、って感じです。

もしかしたらそれ以上かも。

正直バンドへの愛着はkamomekamomeやenvyの方が全然上なんだけど、それだけにここまで響くのはもう愛情云々は抜きにしてこの作品がその辺の名盤以上に遥かに秀でてしまったという奇跡だと言うしかありません。

僕はclimb the mindはライブも観たことが無いし、一応CDは全部あるけど今までは結構好みというレベルでした。

まあ、正直言うと作風やソングライティングが劇的に化けたっていうことではなくて、あくまで作風は延長線上にあるものだとは思います。

しかし、この心にジワーっと入り込む感覚は何だろう、永遠にループしたくなる不思議な感覚に陥ります。

ちなみにまだ発売して間もないですが僕のipodの再生回数は断トツで1位になってしまいました。

前置きはこの辺りにして内容の方はと言うと・・・

まだバンド自体知らない方のために最初に言っておくと、日本語のエモ~ポストロック寄りの要素もあるバンドです。

キウイロールやイースタン~ブッチャーズ、カウパーズ辺りを思い浮かべる部分も多くあります。

元々この辺のバンドも好きでよく聴くのですが(彼ら自身も最初は上記のバンドが好きなら~みたいな言葉で買ってる)、ちょっとこのアルバムで自分の中での位置はこの辺のバンドとは突出した位置にきてしまいましたね。

優しいギター~掻き鳴らし系のギターへ、そして良く動くベースとタイトなドラムっていう歌が無ければインストのポストロックでもいけるんじゃないかって感じの音楽背景に、決して上手いとは言えないが何とも味があって温かくて時には激しい日本語ヴォーカルが乗る、そのバランスが最高。

ちょっと変拍子風の所や、所々つぼを突くタメやキメ、静から動への移行、ことごとく打ちのめされました。

特に歌と歌詞の飾り気のない、ちょっと頼りない、不安定、でもって胸を締め付ける、独特の感覚は一聴の価値大有りです!!

また、雑誌のインタビューで拝見した彼らのインタビューではあくまで趣味の範囲でやっていて家庭や仕事に支障が出ない範囲でのバンド活動だということで、その謙虚さやマイペースさにも非常に好感が持てました。

でも、このレベルの作品を作り上げておいて更に家庭と仕事があるなんて羨ましすぎるんじゃないか!?

決してキャッチーとは言えない、普通の日本語ロックが好きな人には琴線に触れるか分からない、けど、本当にたくさんの人に聴いてほしい素晴らしい作品です。

ちょっとでも自分の記事を見て興味を持ってくれた方は一度手に取ってみてください。

こんな素晴らしい作品には今度いつ出会えるだろうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ureinoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。