一疋の青猫

ご訪問いただき、ありがとうございます。どうぞ、ごゆっくりとご覧下さい。

画像はクリックで拡大します(Flickrにて表示) →Flickrページへ
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2014-03-04 02:46:55

愛猫日記 スイートピー

テーマ:ブログ







雛祭りの朝に旅立った彼に

彼のしなやかな毛並みに似た色のスイートピーを選びました







※ 最期の姿もあります 苦手な方はどうぞ頁を閉じて下さい







忘れがたない、虹と花

忘れがたない、虹と花

虹と花、虹と花

どこにまぎれてゆくのやら

どこにまぎれてゆくのやら

(そんなこと、考へるの馬鹿)

その手、その脣、その唇の、

いつかは、消えてゆくでせう

(霙とおんなじことですよ)



中原中也 「 別離 」 (一部)




*




大雪の中の冒険から戻って一週間

順調に回復しているかに見えたのですが

体重も半分に減って体力も限界であったのか

2日ほど前から食べられなくなり

これまでは効果を上げた治療も効き目なく

体温も下がったままで 体全体の機能も低下していったようです

昨夜にはじっとうずくまったままとなり

時折 トイレにでも行きたいのか

立ち上がろうとするも コトンと倒れてしまいます

「 心臓はまだしっかり脈打っていますから、明日の朝一番でもう一度連れてきて下さい 」

そう言われて迎えた雛祭りの日の朝

おしっこを少し漏らしてしまいましたが 夜明けまでしっかりと命を繋ぎました

もうしばらくしたら病院も開くから・・・

しかし そんな支度を始めようかという矢先

小さくおなかを波打たせていた呼吸が静かに止まりました




IMG_2123




13歳と200日余り

13年と幾日か

故郷の両親に次いで 最も長くそばにいてくれました

うれしい時も 悲しみの時も

信じられるものは他に何もないと思ったあの時も

慰め 励ましてくれました

物言わぬ彼に もっと何かして欲しかったのではないか

してあげられたのではないかと思ったりもしますが

今はまだぼんやりとするばかりです




IMG_4187




結果的には命を縮めるひとつの理由となった雪ではありますが

今 思い出す記憶のひとつもまた 何年か前の雪の日のことです



彼もまだ年若く好奇心旺盛に走り回っていた頃

私はともに暮らしていた人と別れて

ひとりと一疋の生活を始めることとなりました

新居はそれまでの暮らしで増えた荷物を収めるには小さ過ぎましたが

ただ 少なからぬ記憶をまとったものを振り分け処分するには まだ気力にも乏しく

取り敢えず そのままの状態で 無理矢理押し込めることとなった引っ越し作業は

予想以上に手間取って 空のトラックが出て行ったのは夜の11時を過ぎた頃でした



玄関からテーブルの上まで開梱する余地も無く

積み上げられたダンボールは天井近くまでうず高く

そして外は 3月だと言うのに昼間の雨がみぞれ そして雪に変わりました

冷え切った部屋に 移設したはずのエアコンは壊れており

冬物を詰めた箱も見当たらない

慣れない部屋の壁を眺めては

世の中の不幸が自分にばかり降りかかっているような気になりました



気が重いまま 身動きも取れない部屋のダンボールを少しずつ動かして

ようやくベッドの上に 僅かな四角の空間を拵えました

いい加減疲れ果てて もう今夜は眠ろうと思ったその時

そのベッドの上でじっとしていた猫が 大量の 本当に大量のおしっこをしました

びしょ濡れの布団に もぐり込むこともできなくなって 私は感情に任せて猫を叱りつけました

けれども 猫は逃げることも無く ただじっとして

やはり慣れない部屋のせいなのか どこか不安げにこちらを眺めていました



思えばその数日間

引っ越しだ電話工事だと見知らぬ人間が多数出入りして

もともと臆病な彼は私にすら寄りつかなくなって おしっこもできないでいたのでした

誰もいなくなって ようやくほっとして・・・

愚かな私は その段になって そのことに気が付きました



「 ごめんな 」 と猫に謝ったら

なんだか自分も 一気に感情の堰が切れてしまったようで

やたらと泣けて仕方なかったのを覚えています



IMG_4121



どうも余計な話もしてしまった気もしますが

どうぞお許し下さい



スイートピーの花言葉は

「 優美 」 「 繊細 」

臆病で人見知り 誰にでもは懐かない

「 キレイだけど 性格ワルいんじゃない ? 」

なんて言われることもままあった彼には似合っているかな



爪を立て 赤い舌を出して 歯を剥いて

威嚇したその姿を・・・

もう二度と 見ることは叶わないなんて 淋しいなあ




IMG_3445




脱走した朝の雪


寝子往く夜 薄皮剥いて 夏みかん  青猫



*



取り留めも無く・・・お許しください




















2014-02-23 23:02:59

愛猫日記Ⅲ

テーマ:ブログ

IMG_3883







ネコが 無事に戻って来ました




正確には

昨日 行き倒れていたところを保護され

その方が動物病院に運びこんで下さったそうです

持ち込まれた時にはかなり危険な状態だったとのこと

一日遅かったら・・・ということでした

ただ 臆病で人見知り 気性に難有りのカレなので

元気な状態であれば 人の手に掛かることもなかったでしょう

結果的にはタイミング良く また 運が良かったのだと思いました

助けて下さったのが どこのどなたなのかも分からないため

お礼を申し上げることも叶わないのですが

本当に 本当に有り難い事でした

エサは見つけられなかったらしく ガリガリに痩せて疲れているようですが

眼つきはやや鋭くなったような気もします


*


思えば 家を飛び出したのが大雪の日 ソチ・オリンピック開幕の夜

そして今夜・・・

ロシアンブルーだけに 祖国での開催が気になったのでしょうか

いずれにしても カレにとってのこの二週間余りは

まさしく 冬季五輪そのものだったのかも知れません

二度の大雪を乗り越えて・・・

金メダルをあげようかと思います(笑)


*


多くのみなさまに ご心配いただき また 色々とアドバイスもいただき

本当にありがとうございました


病気を抱える体でもあり いのちの焔は いつまで輝くのかはわかりませんが

しっかりと見届けてあげたいと思います






IMG_3848







2014-02-23 03:40:22

積思花雪解

テーマ:ブログ


うつむいて

くやしそうね

あなたは


悲しいことがあったから


ちぎれた草の葉が

私の指から

うしろに

夜の中に


かける言葉がなく

そのつもりもなく

私は

つぎからつぎへと

草の葉をつかんでは

うしろに流す


悲しむことに

はやく飽きて

しまいなさい

あなた



「 ちぎれた草の葉 」 銀色夏生




IMG_3591



IMG_3821



IMG_3807



IMG_3782a



IMG_3795a



IMG_2783a



IMG_3665






ツモルオモイハナノユキドケ








「 70%-夕暮れのうた 」 Chara











1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス