管工事施工管理技士2級 過去問 まとめ(工程表) | アーバンホーム スタッフ の日常

アーバンホーム スタッフ の日常

姫路市近辺の不動産情報や地域情報、趣味、等ジャンルにとらわれず、地域密着のアーバンホーム スタッフが日々の日常を書き綴るブログ

管工事施工管理技士2級 過去問 まとめ(工程表)

 

 

令和元年(後期)

問題A) 工程表に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

 

①横線式工程表には、ガントチャートとバーチャートがある。

 

②曲線式工程表は、上方許容限界曲線と下方許容限界曲線で囲まれた形からS字曲線とも呼ばれる。

 

③作業内容を矢線で表示するネットワーク工程表は、アロー型ネットワーク工程表と呼ばれる。

 

④タクト工程表は、同一作業が繰り返される工事を効率的に行うために用いられる。

 

 

令和元年(前期)

問題B) 「工程表」と「関連する用語」の組合せのうち、適当でないものはどれか。

 

  [工程表]   [関連する用語]
バーチャート工程表 ・・・・ ダミー
       
バーチャート工程表 ・・・・ 予定進度曲線
       
ネットワーク工程表 ・・・・ フロート
       
ネットワーク工程表 ・・・・ アクティビティー

 


平成30年(後期)

 

問題C) 工程表に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

 

①バーチャート工程表は、各作業の施工時期や所要日数が明確で、クリティカルパスを把握しやすい。

 

②バーチャート工程表は、工事の進捗状況を把握しやすいので、詳細工程表に用いられることが多い。

 

③バーチャート工程表は、作業間の関連が明確でないという欠点がある。

 

④ネットワーク式工程表は、フロート(余裕時間)がわかるため、労務計画及び材料計画を立てやすい。

 
平成29年

問題D) 工程表に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

 

①バーチャート工程表は、作業間の関連が明確ではないという欠点がある。

 

②バーチャート工程表は、工事の進捗状況を把握しやすいので、詳細工程表に用いられることが多い。

 

③バーチャート工程表は、各作業の施工時期や所要日数が明確で、クリティカルパスを把握しやすい。

 

④ネットワーク工程表は、フロート(余裕時間)がわかるため、労務計画及び材料計画を立てやすい。

 
平成28年

問題E) 工程表に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

 

①ガントチャート工程表は、各作業の現時点における進行状態が達成度により把握でき、作成も容易である。

 

②ネットワーク工程表は、ガントチャート工程表に比べて、他工事との関係がわかりやすい。

 

③バーチャート工程表は、ネットワーク工程表より遅れに対する対策が立てやすい。

 

④バーチャート工程表は、通常、横軸に暦日がとられ、各作業の施工時期や所要日数がわかりやすい。

 
平成27年

問題F) 工程表に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

 

①ガントチャート工程表は、バーチャート工程表よりも必要な作業日数がわかりづらい。

 

②ネットワーク工程表は、作業間の関連が明確ではないため、工事途中での工事内容の変更に対応しにくい。

 

③バーチャート工程表は、ネットワーク工程表に比べて作成が容易なため、比較的小さな工事に適している。

 

④バーチャート工程表上の各工事細目の予定出来高から、Sカーブと呼ばれる予定進度曲線が得られる。

 
 
 
 
🔶
 
 
 
 
 
🔶
 
 
 
 
 
🔶
 
 
 
 
 
[解答]
 

問題A

①正しい内容の肢です。

 

②2つの曲線に囲まれた図形は、その形からバナナ曲線と呼ばれます。

S字曲線ではありません。

 

③正しい内容の肢です。

 

④正しい内容の肢です。

 

問題B

①ダミーは、ネットワーク工程表の破線の矢線で示された、架空の作業を表したものです

 

②正しい組み合わせです。

 

③正しい組み合わせです。

 

④正しい組み合わせです。

 

問題C

①バーチャート工程表は、各作業の施工時期や所要日数が明確ですが、作業間の関連が明確ではないため、クリティカルパスは把握しにくいです。

 

②正しい内容の肢です。

 

③正しい内容の肢です。

 

④正しい内容の肢です。

 

問題D

①正しい内容の肢です。

 

②正しい内容の肢です。

 

③バーチャート工程表は、各作業の施工時期や所要日数が不明確なため、クリティカルパス把握は難しいです。

 

④正しい内容の肢です。

 

問題E

①正しい内容の肢です。

 

②正しい内容の肢です。

 

③バーチャート工程表は、ネットワーク工程表に比べて作成は容易であるが、各々の作業順序がわかりにくいため、作業の遅れに対する対策が立てにくいです。

 

④正しい内容の肢です。

 

問題F

①正しい内容の肢です。

 

②ネットワーク工程表は、作業間の関連が明確なために工事途中での工事内容の変更に対応しやすく、変更による全体工事に対する影響度が明確になります

 

③正しい内容の肢です。

 

④正しい内容の肢です。