管工事施工管理技士2級 過去問 令和2年 | アーバンホーム スタッフ の日常

アーバンホーム スタッフ の日常

姫路市近辺の不動産情報や地域情報、趣味、等ジャンルにとらわれず、地域密着のアーバンホーム スタッフが日々の日常を書き綴るブログ

管工事施工管理技士2級 過去問 令和2年

 

 

問題A) 公共用水域の水質汚濁に係る環境基準において、「生活環境の保全に関する環境基準」に基準値が定められていないものはどれか。

 

①塩化物イオン濃度

 

②水素イオン濃度(pH)

 

③生物化学的酸素要求量(BOD)

 

④浮遊物質量(SS)

 

 

問題B) 空気環境に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

 

①浮遊粉じん量は、室内空気の汚染度を示す指標の一つである。

 

②二酸化炭素の濃度は、室内空気の汚染度を示す指標の一つである。

 

③居室の必要換気量は、一般的に、一酸化炭素濃度の許容値に基づき算出する。

 

④ホルムアルデヒドの室内濃度が高くなると、眼や呼吸器系を刺激し、アレルギーを引き起こすおそれがある。

 

 

 

 

 

🔶

 

 

 

 

 

🔶

 

 

 

 

 

🔶

 

 

 

 

 

[解答]

 

問題A

①塩化物イオン濃度は、環境基準に規定値が定められていません。

 

②定められています。

 

③定められています。

 

④定められています。

 

 

問題B

①正しい内容の肢です。

 

②正しい内容の肢です。

 

③居室の必要換気量は、一般的に、二酸化炭素の濃度が基準値となります。

 

④正しい内容の肢です。