自己評価と他者評価 | 整備場の裏日誌

整備場の裏日誌

役に立たない競艇話@西果て競艇場


テーマ:

ども。

先日、旧友から電話があったんすが

「アンタの後輩でXXっていたの覚えてる?OOが△△で(以下、家庭環境から職歴を)」

 

ちょっと待てひとつ言わせろ。

おまえさん、自分とは学校は違ったよな?

 

なんで他校出身者の身の上にそこまで詳しいよ?・egress680です。

 

「・・・すまんが記憶にないんだが」

「でも私にその子を会わせたの、君だよ?」

 

まずい、本気で覚えてない。

 

「大丈夫、向こうも覚えてなかったから」

 

それはそれでどうなんだ。

 

 

さて。

 

選手から

「あれ?おねーさん、休み?」

「あれ、今日はひとり?」

等と聞かれる回数がぼちぼち増えとります。

 

「退職したよ~」

「え。とうとう耐えられなくなって・・・」

 

んなわけあるか。

普通の寿退社じゃ。

つか、とうとうって何だ、確かに自分は変人だという自覚はあるがな?

 

そんなやり取りも繰り返されております今節。

 

今まで二人でやっていた新艇準備を

独りでやってるんで、わちゃわちゃしとります。

 

艇旗を固定するゴムひも結んだり(手に豆ができまくり)

艇に貼り付けるステッカー作ったり(失敗を見越して70セットは必須)

閼伽汲みスポンジネットに入れて縫い縫いしたり(家庭科は1でした・・・)

 

うん、相方欲しい。

もしくはお手伝い募集。

時給はシュネッケンで。

 

選手見てブログネタ探すヒマなんぞ

ありゃせんがなコンチクショウ

 

と、愚痴りつつも手は動かしとりましたら

 

選手「カッター、貸して」

 

うちは部品庫であって工具倉庫ではナイ

 

自分「なんに使います?」(使用用途によっては貸せない)

選手「接着剤落としたい」

 

手元を見ると、革?をくっつけたの持っていて

確かに接着剤がはみ出しとる。

 

そのくらいなら・・と、私物のカッターを貸して

ついでに手元を見ていた。

 

いやホント、なんとな~く見ていただけっすよ?

 

気づいたら自分以外にも

検査員と整備士と他の選手(たまたま近くにいた)が見ていたってだけっす。

 

選手「そんなに注目されるとやりづらい」

 

何をおっしゃる。

全員からガン見されても動じそうに無いじゃないっすかw

 

選手「俺、気が小さいからさぁ」

 

アナタが気が小さかったら、世の中の男性は全員がノミの心臓だと思う。

egress680さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス