年明けまして | 整備場の裏日誌

整備場の裏日誌

役に立たない競艇話@西果て競艇場


テーマ:

謹んで新年の言祝ぎを申し上げます

旧年中はお世話になりました

本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

と、冒頭だけはしおらしく挨拶してみました。

 

ども。

自分です。

 

 

さて。

女王様戴冠式も無事終了し

めでたい気分の中、正月レースの前検開始。

連続レースのおかげで、お屠蘇気分になる暇もないよ?

 

ビミョーな気分で仕事中、前検前の荷物検査にやってきた選手たち。

あけましておめでとうございます&今年もよろしくお願いします

が、あちこちで飛び交っとりまして

整備のほうにもあいさつに来てくれたりします。

 

そんな挨拶にやってきた地元選手×2

 

選手「あけましておめでとうございます」

自分「おめでとうございます、なんか久々の人がいるよ?」

 

ひとりはしょっちゅう来てるけど、もう一人は・・・

 

選手「呼んでもらえないんですよ~ 勝率のない選手は」

自分「え、なんかやらかしたんやなくて??」

選手「俺 は そんなやらかす方じゃないです」

自分「本当に?よ~く考えてごらん??」

選手「・・・今日、宿舎で胸に心を当てて考えてみます」

 

まて、胸に当てるのは手だと思うぞ?

つか。

俺は って、誰を想像して言ったのかちょっと問い合わせてみたい。

同期か先輩か後輩か父親か・・・誰だ?

egress680さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス