NHK大河ドラマ「篤姫」はナゼ受けるのか。 | 日刊 鼠小僧
2008-04-18 13:07:04

NHK大河ドラマ「篤姫」はナゼ受けるのか。

テーマ:芸能・スポーツ

 NHKの日曜夜8時からの大河ドラマ「篤姫」が高視聴率を稼いでいる。第1回から20%を越える好調さである。25%を越えたときもある。


 この人気の秘密は何処にあるのだろうか。
 当初は主演の篤姫役を演じる宮崎あおい(22)には「若くして結婚していることが女性ファンの反発を買うのではという声もあったが、演技をするうちに結婚している娘にしては子供っぽい。根性と顔が不釣合い、その成長していく様が新鮮に映るようになった。だから主婦や、若い娘、高年齢の男性、おばあちゃんにも、下手に気取っていなく、無理して演技していない、自然に育って篤姫の貫録を身につけていく姿が受けたのではないか」とテレビ記者。
 「九州の田舎から両親、兄弟、幼なじみと別れ嫁ついで何も知らない東京に行く。苦労が待ち構えているだろうな。がんばれ」篤姫に自らを重ねる視聴者も少なくないのではとも。このあたりに高視聴率の秘密があるのかも知れない。

「篤姫」は江戸幕府の第13代将軍家定の正室、篤姫をヒロインにした物語。薩摩・島津家の分家に生まれながら、将軍の‥というわけだが「民放の時代物と違って時代考証もしっかりしており、キャスティングにもこだわりがみられる。対面の一部に窮屈さを感じさせる場面もあるが壁のセットなど細かい配慮がされている」とドラマ通はいう。
 脇役の演技が光っている。篤姫を盛りたてている。島津斉彬の高橋英樹、篤姫の教育係の松坂慶子を見直したという人は多い。時代物だが安心して入り込める不思議さがある。

 大河ドラマで気になるのが制作費。1話いくら?
 NHKが公表した「平成20年度収支予算と事業計画」によると1話あたり5910万円也。もちろん人件費、機材費など全て含まれている。全50話だからトータルすると約30億円ということになる。

 ところが1話あたりの制作費としては07年の「風林火山」よりも約170万円安いそうだ。
                    

fc2バナー
FC2ランキング
政治・経済ニュース5位

人気ブログバナー
人気ブログランキング
社会・経済ニュース12位


大奥列伝 ヒロインたちの
「しきたり」と「おきて」/山本博文
¥1,470
Amazon.co.jp

篤姫の謎大奥魔物語
(ぶんか社文庫 た 4-6)/武山 憲明
¥670
Amazon.co.jp