「ガラスのハート系男子」への特効薬。【(2/15〜2/17)池袋店出演☆】 | 想の気ままに自由に思うまま。バランガン銀座・池袋・新宿

想の気ままに自由に思うまま。バランガン銀座・池袋・新宿

バランガン池袋 毎週月曜出演
https://ikebukuro.balangan.jp/list/sou.php
東京都豊島区東池袋1丁目29-7 サンリッチビル 3F

バランガン銀座 毎週火・木曜出演
https://ginza.balangan.jp/list/sou.php
東京都中央区銀座2丁目3-18 銀座高孝ビル 2F






みなさまこんにちは!

バランガン鑑定士の想です。





歳を重ねれば重ねるほど男たちは「臆病」に「繊細」になっていく。

ことさら恋愛の経験値が少ない男は歳を重ねると余計に「引っ張っていく」ということが難しくなってくる。

今回はそんな「ガラスのハート系男子」について少し綴っていきたいと思う。





「ガラスのハート」と言っても彼らは日頃、取引先や上司の無茶振りや過酷なノルマ、それから同僚との激しい競争、休みのない労働環境などの厳しい世界で生きている。

ある意味、タフネスなのかもしれないがそれは「仕事」という側面でだけのこと。

かなりプライベートな領域の「恋愛」というゾーンでは結構「臆病」で「繊細」で「自信がない」。





例えば、「仕事はバリバリやってめちゃくちゃ優秀なメンズだけれど、プライベートな部分はあまり踏み込まないし謎が多い」タイプの男は周りにいないだろうか。


この様なタイプこそ、プライベートなゾーンに踏み込まれるのが苦手だ。


なぜならば「傷つくのが怖い」からだ。


「そんなの私もいっしょー!!」という声が聞こえてきそうなのは言うまでもないが、勇気を持って踏み出さないことには変えられるものも変えられない。



男たちは日頃、傷を増やしながら生きている。


これは「あなた」もそうなのかもしれない。



時間が経って癒える「傷」もあれば、時間が経っても癒えない「傷」がある。


特に「過去の恋愛」で作り出された「傷」は「現在の恋愛」の足を引っ張りやすい。





「断られたらどうしよう…」
「セクハラと思われたらどうしよう…」
「動いてもきっと余計なお世話だよな。」
「既に彼氏や好きな人がいたらどうしよう…」





といった、男たちの行動を妨げる「不安」は無数に存在するのです。

だから、「安心」や「確信」を持たないと男たちは動けないのです。

「あなた」にはどうか「彼」に「さあ、私はいつでも大丈夫だ!遠慮なく飛び込んできなさい!」というような、いつでも手を広げてキャッチできる意思があることを「彼」に伝え続けてあげてほしい。




「安心」や「確信」を持たせる方法は特に難しくない。



「あなた」の「リアクション」を充実させていくだけでいい。




「へー!そうなんだ!面白そう!」
「詳しいんだね!そういうところステキ!」
「何それ気になるー!行こうよ!」




といった、「目をキラキラさせて大好きなケーキを食べるときのワクワクした気持ち」みたいに反応してあげたらそれだけでいい。




それを重ねていくだけで男たちに「自信」がついてくる。



「こんなに好反応なら大丈夫だよな!」と「自信」がついて動いてくる。




「ガラスのハート系男子」が動くのには「時間」がかかる。



「ガラスのハート系男子」への特効薬は「あなた」がほんのちょっとの勇気を持って動き出すか、「あなた」の「リアクション」によって「自信」をつけさせて動かすか、こんなところである。



ということは、「あなた」そのものが「ガラスのハート系男子」への「特効薬」であり「鍵」を握っていることになる。




「どうするか」「どうなりたいか」は他の誰でもない「あなた」が決められる。



「あなた」が「あなた」という人生の主人公なのです。





大丈夫。




何も怖いことはないよ。










【バランガン池袋】

毎週月曜日12:00〜21:00

レギュラー出演中。

 

【バランガン銀座】

毎週火・木曜日12:00〜20:00

レギュラー出演中。


 


本日2月15日(土)12:00~21:00までバランガン池袋 に特別出演です☆



バランガン池袋公式ホームページはコチラ

 

ご予約・お問い合わせ は下記お電話番号へお電話でお願いいたします(^^)

03-5927-8733

 おかけ間違いにご注意ください。

受付:11時30分~21時