「誘ってもらいたい」男性心理。【(2/13)銀座店出演です☆】 | 想の気ままに自由に思うまま。バランガン銀座・池袋・新宿

想の気ままに自由に思うまま。バランガン銀座・池袋・新宿

バランガン池袋 毎週月曜出演
https://ikebukuro.balangan.jp/list/sou.php
東京都豊島区東池袋1丁目29-7 サンリッチビル 3F

バランガン銀座 毎週火・木曜出演
https://ginza.balangan.jp/list/sou.php
東京都中央区銀座2丁目3-18 銀座高孝ビル 2F







みなさまこんにちは!

バランガン鑑定士の想です。





いわゆる「草食系」と呼ばれる男性や受け身傾向の男性たちは面と向かって「誘う」ことが苦手だ。

今回はその心理について解説していこうと思う。





「男なら思いっきり引っ張ってほしい!」とか「私が受け身だから…」なんて思う方がもしかしたらいらっしゃるのかもしれないが、相手にするメンズが受け身タイプだと平行線をたどってしまいがち。

思いきって「あなた」から仕掛けてみるとすんなり上手くいくことって実は結構あります。




「草食系」などの控えめなメンズたちはとにかく「繊細」だ。


「繊細」がどういうことかというと、「傷つくのが怖い」ということ。


「それは私もそうだ!」という声が聞こえてきそうだが、これらのメンズたちは人一倍傷つくことに敏感なのです。



「断られてしまったらどうしよう…」
「拒否されたらどうしよう…」
「俺の一方的な気持ちだったらどうしよう…」



などと男も男で結構クヨクヨします。


そしてこれらの男性たちは自分でなかなか誘えないが故に「とある技」を編み出すのです。


そう、「誘ってもらう」ための技を


たとえばこんなフレーズが出てきたときはお相手の男性が「誘ってもらいたいサイン」





「しばらく飲みに行ってないんだよな〜」
「この◯◯、すっごく気になってるんだよね〜」
「ここすっごい話題になってるらしいよ!」





などと言ってくることがある。




男性たちの狙いはつまり「え!じゃあ行こうよ!」と「あなた」に言われたい。




駆け引きみたいに思われるかもしれないが、このパターンが来たらあえて乗っかってしまった方がいい。



ここで「あなた」が「彼」に誘わせようと、「へ〜そうなんだ〜」みたいなリアクションをするとスーパー超絶もったいないのです。




「誘ってもらいたいサイン」で男性が見極めたいのは「俺のこの発案に好意的なのかどうか」「このプランに乗ってくれるのかどうか」という点。




これは「試している」とも言えるだろう。



しかし、このサインは男の基本的な「石橋を叩いて渡りたい反応」でもある。



男は「確信」が持てないと「行動」できない。



「100%大丈夫だ!安全!」と思えないと「行動」できない。



これは「告白」や「プロポーズ」などでも同じ。



この反応が転じて「あなた」に誘わせようと「誘導」してくるのが「誘ってもらいたいサイン」の正体である。




変な駆け引きはできるだけ避けたいところ。



「彼がそうやってくるなら私もやり返す!」というよりは、「行こうよ!」とあえて「彼」の術中にハマってやるお芝居をした方が「あなた」が求めるスピード感を得られてくるだろう。




「あなた」も「彼」もきっと「繊細」だ。



いや、人間という生き物が皆「繊細」なのかもしれない。


でも、この習性をちょっと理解した上で乗ってやることでリズムよく進むことだってある。




大丈夫。




ほんのちょっとの勇気が未来を切り拓くよ。










【バランガン池袋】

毎週月曜日12:00〜21:00

レギュラー出演中。

 

【バランガン銀座】

毎週火・木曜日12:00〜20:00

レギュラー出演中。


【バランガン新宿】

ほぼ毎週金曜日12:00〜20:00出演中。




本日2月13日(木)12:00~20:00までバランガン銀座 に出演です☆

 

バランガン銀座公式ホームページはコチラ

ご予約・お問い合わせ は下記お電話番号へお電話でお願いいたします(^^)

03-6228-6707

 おかけ間違いにご注意ください。

※受付:11時~20時