記憶のタイムトラベル。【(1/14)(1/16)銀座店出演です☆】 | 想の気ままに自由に思うまま。バランガン銀座・池袋・新宿

想の気ままに自由に思うまま。バランガン銀座・池袋・新宿

バランガン池袋 毎週月曜出演
https://ikebukuro.balangan.jp/list/sou.php
東京都豊島区東池袋1丁目29-7 サンリッチビル 3F

バランガン銀座 毎週火・木曜出演
https://ginza.balangan.jp/list/sou.php
東京都中央区銀座2丁目3-18 銀座高孝ビル 2F







みなさまこんにちは!

バランガン鑑定士の想です。




「復縁」に向かっていくときに見逃せない要素である「過去」。

実はこの中に「復縁率」を高めるヒントが散りばめられているのです。




「あなた」は「彼」と惜しくも別れを選択せざるを得なかった当時のことを覚えているでしょうか?

「彼」が「あなた」に伝えた言葉を覚えているでしょうか?

「あなた」へと向けられた言葉の中に実は「復縁」のヒントが隠されているのです。



別れを選択した理由はきっとさまざまあるでしょう。


どちらかが悪い、などと二元的なことで判断するのは難しいかもしれません。



場合によっては「彼」は「俺が悪いモード」に入り、「君は悪くない。すべては俺のせいさ。」みたいな論じ方をしてくることもあります。



とはいえ、「彼」が語ったエピソードや言葉の中に実は「あなたにこうなってほしい願望」が隠されている場合がメチャメチャあるのです。




たとえば、




時間を作れなかった俺が悪いのさ。」



みたいな言い方であれば、「あとちょっとで取り組んでいるものが終わって時間が作れたのに…待っていて欲しかったな…とはいえ俺が悪いか…。トホホ…。」



ということもある。



上の場合、「時間」という要素がかなり関わっているということ。

逆を言えば「時間」さえなんとかなっていたら、事態は避けられていたかもしれない。


しかし、ここで「たられば」を論じてもしょうがない。



何が言いたいかというと、「彼」が論じてきた「別れの理由」あるいは「別れのシチュエーション」を今一度思い出してみてほしい、ということ。


または、「あなた」と「彼」の間で過去にギクシャクしたことがあったとしたら「何が原因だったのか」これもかなりフォーカスする甲斐がある。


「彼」が「あなた」に想う「こうなってほしい願望」を、つまりは「需要」を分析できたらそれになぞらえて「変化」していけばいい。



「彼」が何を想ったのか、「彼」の言葉の「行間」はタロット先生を使って分析していこう。


もしかしたら、復縁に直結する大事な「ヒント」そのものは実は「あなた」の「記憶」の中に隠されているかもしれない。



「記憶のタイムトラベル」をぜひやってみてくださいね♪




大丈夫。




何とかなるよ。










【バランガン池袋】

毎週月曜日12:00〜21:00

レギュラー出演中。

 

【バランガン銀座】

毎週火・木曜日12:00〜20:00

レギュラー出演中。


【バランガン新宿】

ほぼ毎週金曜日12:00〜20:00出演中。




本日1月14日(火)12:00~20:00までバランガン銀座 に出演です☆

 

 

 

バランガン銀座公式ホームページはコチラ

ご予約・お問い合わせ は下記お電話番号へお電話でお願いいたします(^^)

03-6228-6707

 おかけ間違いにご注意ください。

※受付:11時~20時




【直近のスケジュール】


1月16日(木)バランガン銀座 12:00〜20:00

1月17日(金)バランガン新宿    12:00〜20:00

1月19日(日)バランガン池袋    12:00〜21:00

1月20日(月)バランガン池袋    12:00〜21:00

1月21日(火)バランガン銀座    12:00〜20:00