弾丸吉方位ツアー in 伊勢神宮。【明日(10/7)池袋店、明後日(10/8)銀座店出演☆】 | 想の気ままに自由に思うまま。バランガン銀座・池袋・新宿

想の気ままに自由に思うまま。バランガン銀座・池袋・新宿

占いバランガン池袋店 毎週月曜日12:00~21:00レギュラー出演
http://ikebukuro.balangan.jp/
占いバランガン銀座店 毎週火曜日・木曜日12:00~20:00レギュラー出演
http://ginza.balangan.jp/
占いバランガン新宿店 不定期出演
http://www.balangan.jp/



みなさまこんにちは!

バランガン鑑定士の想です。



「あなた」は目に見えないものを信じ、感じ取ることで思い通りの幸運や幸せを掴み取ることができます。




10月5日(土)は久しぶりに何の仕事もない一日オフだった。

5時くらいにたまたま目が覚めるという、想にとって超早起きミラクルが起こり、なぜかひとつの気持ちが思い浮かんだ。


「最近大事なものを忘れていないかい。」


こんなメッセージが自分から自分へ投げかけられた気がした。


妙にソワソワしたのと、一日ダラダラするのももったいないと思い、吉方位でも取りに行くかと自分の月盤と日盤を計算した。


(見やすい様にサイトで出力したのがこちら↓↓)




想の同会(自分の人生の拡大発展に必要な要素・ご縁)である「六白金星」が月盤日盤とも重なっていた。

「西」はもともと「七赤金星」が座しているところでありながら、今日は同会の「六白金星」が強めに座ってる。

ちなみに七赤は恋愛運でもあり、七赤と六白は想にとっての最大吉方。


想「これは六白金星に呼ばれてる。行かなきゃ。」


目が覚めてそのまま「西」の行き先を探した。


強烈に想の目に飛び込んできた土地が「三重県」だった。


恐らく「三」に引っ張られたのだと思う。


「三」は「三碧木星」の「三」。


想の傾斜(内側・潜在的な自分)が「三碧木星」だ。


スピード感を持って目に入ってくるあたりが三碧っぽいなと感じるとともに、自分自身の行動力も三碧っぽいと思い、なんだか可笑しかった。


そして三重といえば最強のパワースポット、「お伊勢さん」こと「伊勢神宮」があるのはご存知の通り。


六白金星の象意に「寺社仏閣」があり、そして高貴なところという意味合いがある。


日本最大のパワースポットと言える「お伊勢さん」はまさにピッタリだった。


ピッタリ過ぎてちょっと怖くもなった。


そして東京駅に向かいながら新幹線のチケット、伊勢志摩ライナーのチケットを予約し、一日の行程を組み立てる。

宿泊はできないので、めちゃくちゃ弾丸になることがわかった。

11時30分に着いて、15時30分の電車で帰る。

滞在時間わずか4時間。

吉方位を取る上での3時間ルールをギリギリ満たすようなところだ。


そして今回、せっかく「お伊勢さん」の元を訪ねるのであれば自分だけのことではなく、この記事を読んでくれている「あなた」のことも祈願しに行こうと思った。


想は占い師。


占わせていただく「あなた」がいないと成立しない存在。

だから、日頃の感謝を込めて「あなた」のためにも行きたいと思った。

タイムリミットは4時間だが、絶対こなしてやろうと思った。









そんなことを想いながら、片道3時間半くらいの旅をして伊勢市に到着。




伊勢神宮さんは外宮→内宮という順序で参拝するのがならわし。

外宮の正宮へと急いだ。




豊受大御神さまにご挨拶。

私たちの衣食住を豊かなものにしてくださってありがとうございます。


足早に内宮へと向かうバス停へ。


バス停についてすぐにバスが来るあたり、すでに運が乗ってきたように思えた。

調子と運には乗っていくstyle。

10分ほど乗車して内宮の正宮へ向かう。





この時点で少し心拍数が上がってるのがわかった。

早歩きなのもあるだろうが、それだけではない気がしていた。

さらに歩く。




手洗舎で清めて歩みを進めたら「五十鈴川」が出てきた。

「お伊勢さん」は「水」のパワースポットらしく、癸卯の魂がピョンピョン反応した。





水遊びではしゃぐ様子を周囲がどんな風に見ていたか想像すると笑えてくるが、水に触れている時間がとても豊かで楽しかった。


我に返って時計を見てみると20分くらい水遊びしていたらしいので、さらに足早に内宮の正宮へと向かう。






たどり着いてハッキリと漂う「氣」の質の違いを感じた。

鼓動は高鳴り、鳥肌が立つ。

どこか試されている様にも感じた。

とはいえ恐れずにご挨拶。

今日という日まで「あなた」の肉体と生命をお守りくださりありがとうございます、と。


時計を見ると13:30。残り2時間。


ここからが本番。


別宮の社にこそ、個々の願いを届けられる。


もうとにかく早歩き。


まずは子安神社へ。






社と社の間はショートカットすることができるが、お手を合わせる時間はショートカットすることはできない。


ゆっくりじっくりお願いを聞いていただいた。


そして次こそ「縁結び祈願」の本番である別宮へ。


しかし、別宮への道が距離が離れているくらいしか分からず時間もなかったので、タクシーのおじさんに「ここ連れて行ってください!」とお願い。

必死すぎて血眼だったと思う。

最寄りの駅までの道も教えてくださった心優しいタクシーの運転手さんに感謝。


タクシーで10分くらいで到着。





内宮の別宮「月読宮」。

月読宮こそ「縁結び」の真髄を発揮するらしいのだが、外宮や内宮と比べて人の姿はほとんどない。

4つ社があり、参拝する順番があるのが特徴。

まずは月読宮さんにご挨拶。

それから全ての社さんに「あなた」と「彼」がこれから幸せに結ばれるようにお願いをしてきました。


この時点で14時40分。

つらつらと駅まで歩いて空腹に気が付いた。

こっちに来てから何も口にしていない。

お店でゆっくり食べる時間もないので、特急列車を待つ駅の中でお弁当を買った。





我ながら頑張った!と自分で自分を労う様にお弁当とビールを列車の中でいただいた。


車内で一息つきながら、今回の旅は自分にとってどんなものを得たのだろうと思考にふけった。


実は、自宅を出発する前にタロット先生に「どんな旅になる?自分にとっての得るものは?」と聞いたのを思い出した。






「ワンドのクイーン」が出てきていた。


「ワンドのクイーン」は活発で元気なちょっと男っぽいところのある女性。

男性性を兼ね備えてる女性とも言える。

正位置が示すところは「快活」「天真爛漫」。


振り返ると、水遊びしていたときがまさに「天真爛漫」だったかもしれない。

子どもに戻ったようにワクワクし、はしゃぐ感覚。

きっと、ここのところ忘れていた「遊び心」みたいなもの取り戻させてくれる、思い出させてくれる旅だったんだなと受け取った。





想にとってとても意義のある吉方位ツアーでした。




お伊勢さんパワーを受け取って、また明日から「あなた」の恋愛を全力で応援させてください。








「あなた」に幸あれ。










【バランガン池袋】

毎週月曜日12:00〜21:00

レギュラー出演中。

 

【バランガン銀座】

毎週火・木曜日12:00〜20:00

レギュラー出演中。


【バランガン新宿】

ほぼ毎週金曜日12:00〜20:00出演中。

 

 



明日10月7日(月)12:00~21:00までバランガン池袋 に出演です☆

 

 

 

バランガン池袋公式ホームページはコチラ

 

ご予約・お問い合わせ は下記お電話番号へお電話でお願いいたします(^^)

03-5927-8733

 おかけ間違いにご注意ください。

受付:11時30分~21時