男の「役に立ちたい欲」に便乗する。【本日(9/9)池袋店、明日(9/10)銀座店出演です☆】 | 想の気ままに自由に思うまま。バランガン銀座・池袋・新宿

想の気ままに自由に思うまま。バランガン銀座・池袋・新宿

占いバランガン池袋店 毎週月曜日12:00~21:00レギュラー出演
http://ikebukuro.balangan.jp/
占いバランガン銀座店 毎週火曜日・木曜日12:00~20:00レギュラー出演
http://ginza.balangan.jp/
占いバランガン新宿店 不定期出演
http://www.balangan.jp/



みなさまこんにちは!

バランガン鑑定士の想です。




「あなた」は男性の「役に立ちたい欲」に応えることができれば、愛されてやまない「愛されて女子」になることだってできます。




男性はいつだって女性の「役に立ちたくてしょうがない」生き物だ。



それは「認められたい・褒められたい・頼られたい」という願望のほか、「必要とされたい」でもある。



もっと言えばそれは「愛されたい」という「欲求」そのものだ。





「愛されたい」から行動する。


「愛されたい」から役に立とうとする。




これらから「彼」は「あなた」に「ねえねえ、なにしたい?どうしたい?」と聞いてくるのです。




このとき「あなた」にはどうか「遠慮」や「謙虚」な姿勢をとってほしくない。




いや、それらはとても素晴らしい姿勢なのだが、それをすると男性の「恋愛モチベーション」が下がってしまう。




「俺はこの人の役には立てないのか…」


「そうだよな、俺頼りないもんな…」



と、こんな心情になってしまいやすい。





こうなってはせっかく培ってきた時間や労力がもったいなさすぎるので、男性側から「ねえねえ!どうしたいー!?」という気持ちを感じ取ったら「あなた」にはぜひ全力で「これがいい!お願いします!嬉しい!」をしてほしい。



これができれば「やった!喜んでもらえた!反応も上々!もっとやってあげたい!」に思っているより容易に変わるのです。




「あなた」の周りにいわゆる「あざとい女子」はいますか?




その女性はうまくそのテクニックが出来ていたりするのです。




「あなた」には「彼」から愛されてやまない女性になっていただきたいので、どうか遠慮することなく臆することなく「リクエスト」と「オーダー」をしていただきたいと本気で思う。





「あなた」に幸あれ。






『バランガンTV +』










🤗🤗チャンネル登録お願いします♪🤗🤗





【バランガン池袋】

毎週月曜日12:00~21:00

レギュラー出演中。

 

【バランガン銀座】

毎週火・木曜日12:00~20:00

レギュラー出演中。

 

 





本日9月9日(月)12:00~21:00までバランガン池袋 に出演です☆

 

 

 

バランガン池袋公式ホームページはコチラ

 

ご予約・お問い合わせ は下記お電話番号へお電話でお願いいたします(^^)

03-5927-8733

 おかけ間違いにご注意ください。

受付:11時30分~21時

 



【Twitterアカウント(@uranaisou)】

こちらでは出演情報や動画で男心を語る「想チャンネル」の配信、真夜中のポエムをツイートしています。



【Instagramアカウント(uranaisou)】
こちらでは旅先で切り取った美しい風景写真やタロットの写真をポエムと共に投稿しています。