男の嫉妬のその先。【本日(7/12)新宿店出演です☆】 | 想の気ままに自由に思うまま。バランガン銀座・池袋・新宿

想の気ままに自由に思うまま。バランガン銀座・池袋・新宿

占いバランガン池袋店 毎週月曜日12:00~21:00レギュラー出演
http://ikebukuro.balangan.jp/
占いバランガン銀座店 毎週火曜日・木曜日12:00~20:00レギュラー出演
http://ginza.balangan.jp/
占いバランガン新宿店 不定期出演
http://www.balangan.jp/





みなさまこんにちは!

バランガン鑑定士の想です。







恋愛において男も「嫉妬」という感情を抱く。



もしかしたら「え!?そんなことあるんですか!?彼は全くそんな素振り見せません!」と思う方もいるかもしれない。



それもそのはず。



男が嫉妬するときは「嫉妬していることを隠す」傾向があるからだ。



想のブログによく登場する元カノの年上彼女さん。



この人の時に比較的「嫉妬」の感情が芽生えていた。



どんな時に感じていたかというと、こんな時。




・関係者の男(イケメン)と楽しそうに笑っているとき
・度重なる仕事が理由のリスケ
・SNSにアップされる妙に近い距離の謎な男共との写真




こんな様な時は男の心の内側がざわめきうごめきかき乱される



厄介なのが、ほぼ間違いなく「嫉妬」してしまったことを口に出さずにしまっておいてしまうことだ。


なぜ口に出さないのか。



至ってシンプルで「小さい器の男」と思われたくないのである。


「そんなプライドいらないですよ。」という声がたちまち聞こえてきそうだが、もはやこれはしょうがない。




男はそういう生き物だ。




そして、そんな様な時にはこんな症状が表に出てくる。



①素っ気ない態度を取ってしまう
②どこか冷たく上の空
③連絡や会おうとする気が減る




①②はもはや説明不要だろう。
へそを曲げ、スネているのである。




について、これは想の実体験で話そう。




上記の様なシチュエーションのとき、想の心は悶々としてしょうがなかった。

嫉妬している自分にも気づいていたし、何か別の意味づけで心を落ち着かせようともした。

しかし、なかなか収まらない。

ざわめきが止まらなかった。

吐き出せるものなら吐き出して楽になれたら良かった。

とはいえ、「小さい器な男」と思われるのが怖くてできなかった。

だから自分の心の声をなんとか押し殺した。

年上彼女さんのLINEやSNSでその姿を見ると複雑に絡みあった感情が込み上がってくる。

怒りや悲しみや寂しさや苦しみが一体となっているのだ。

一筋縄ではいかない感情だ。



このとき一体どうしたのか。



情けない話だが、想は自分の視界が届かないところに年上彼女さんを置いた

要するにSNSを見ないようにし、LINEも通知を切り非表示にするなど目に入ってこないようにしたのだ。

いま思えば非常に若く大人気ない行動だったとは思う。

しかし、自分の中に入れたくなかったのだ。

いれると強大で複雑な感情が込み上げてくるのだ。

それが薄まるまで、冷却されるまで、落ち着くまで目の届かないところに置こう

そんなことを思ってやっていた。


これは、「心の防衛機能」だ。


自分の心が必要以上に消耗しないために行う「正当防衛」の様なものなんだと思う。




男の嫉妬はほぼ100%口に出さずに別の形で現れてくる

「あなた」が想う「彼」もまた「嫉妬」して連絡が減ったり会わなくなったりしていた時がもしかしたらあるのかもしれない。




男はやっぱり生きにくい。




「あなた」に幸あれ。










 
『バランガンTV +』










🤗🤗チャンネル登録お願いします♪🤗🤗



 

【バランガン池袋】

毎週月曜日12:00~21:00

レギュラー出演中。

 

【バランガン銀座】

毎週火・木曜日12:00~20:00

レギュラー出演中。

 

 


本日7月12日(金)

12:00~20:00まで

バランガン新宿に出演です☆

 

 

 

バランガン新宿公式ホームページはコチラ

 

ご予約・お問い合わせ は下記お電話番号へお電話でお願いいたします(^^)

03-3353-8030

 おかけ間違いにご注意ください。

受付:11時~20時