男が結婚に踏み切れない理由の一つ。【本日(7/10)池袋店、明日(7/11)銀座店出演です☆】 | 想の気ままに自由に思うまま。バランガン銀座・池袋・新宿

想の気ままに自由に思うまま。バランガン銀座・池袋・新宿

占いバランガン池袋店 毎週月曜日12:00~21:00レギュラー出演
http://ikebukuro.balangan.jp/
占いバランガン銀座店 毎週火曜日・木曜日12:00~20:00レギュラー出演
http://ginza.balangan.jp/
占いバランガン新宿店 不定期出演
http://www.balangan.jp/






みなさまこんにちは!

バランガン鑑定士の想です。





結婚を意識していても踏み切れない男たち。

その理由は数多ある。

仕事の都合、経済的な事情、家族間の問題などなどそれはきっと男たちにとって大きな壁なのかもしれない。

そんな中、興味深い意見を伝えてくれた想の友人がいる。


結果的に踏ん切りがついて友人は結婚した。

踏ん切りがついた経緯はいつかブログに綴りたいと思うが、今回は割愛。





友人はこんなことを言っていた。





想「チミはさ、ついに結婚に踏み切ったわけだけどそんなに渋ってた理由ってなんなの?お金もちゃんと貯めてたじゃない。」

友人「うん。貯金は作ってたし、経済的にそこそこ余裕はあったけどさ、他にもっと別の理由があってさ。そこをグルグル頭の中で回っちゃってたんだよ。」

想「別の理由とは?」

友人「『彼女』はさ、結婚したら『妻』になるだろ?結婚して子どもを授かったら『母』になるじゃん。」

想「せやな。」

友人「俺はさ、情けない話なんだけど子どもを授かったら、大好きな人が子どもにしか目が向かなくなっちゃうんじゃないか…って思い込んでたのよね。」

想「ある意味こどもに嫉妬しちゃうかもってこと?」

友人「そうだな。なんか大好きな人をとられちゃうみたいな感覚だったんだよ。いまは子どもが可愛いし、そんな感覚ないんだけど。当時はそんなこと思ってた。」

想「チミはいい男だ。間違いない。」




こんな会話をした。


「彼女」から「妻」になり、「妻」から「母」になっていく大好きな人が自分の手から離れていってしまうような感覚を恐れていたらしい。

極めつけにメディアやネットが作り出す、結婚への悪いイメージの蔓延。

「結婚して後悔した」的なエピソードの方が目立ってしまうからそんな情報ばかりを目にして二の足を踏み続けてしまったようだ。

とはいえ、この友人も「彼氏」から「夫」になり、「夫」から「父」にもなったわけだ。


そんな人生の大きな決断をした友人にまずは賞賛の拍手を送りたい。




「あなた」のことが大好きな故に踏み切れないこともどうやらあるようだ。



男もなかなか生きづらい生き物である。




「あなた」に幸あれ。








 
『バランガンTV +』










🤗🤗チャンネル登録お願いします♪🤗🤗





【バランガン池袋】

毎週月曜日12:00~21:00

レギュラー出演中。

 

【バランガン銀座】

毎週火・木曜日12:00~20:00

レギュラー出演中。

 

 




本日7月10日(水)12:00~21:00までバランガン池袋 水曜レディースデーに特別出演です☆

 

 

 

バランガン池袋公式ホームページはコチラ

 

ご予約・お問い合わせ は下記お電話番号へお電話でお願いいたします(^^)

(TEL) 03-5927-8733

 おかけ間違いにご注意ください。

受付:11時30分~21時