個人的“想”ストーリー②~交際相手へのありがとう運動~ | 想の気ままに自由に思うまま。バランガン銀座・池袋

想の気ままに自由に思うまま。バランガン銀座・池袋

占いバランガン池袋店 毎週月曜日12:00~22:00レギュラー出演
http://ikebukuro.balangan.jp/
占いバランガン銀座店 毎週火曜日・木曜日12:00~20:00レギュラー出演
http://ginza.balangan.jp/


テーマ:

 

 

バランガン銀座・池袋の鑑定士で絶賛独身中の想のプライベートストーリーシリーズ。

「自分の経験が少しでもあなたの役に立ったらいいな。」

そんな気持ちで綴っていきます。

 

今回のストーリーは「交際相手へのありがとう運動」。

私が以前1年半くらい付き合っていた彼女は比較的サバサバ系の年上の人だった。

返信もすぐには来なかったし、多忙で自分の世界を持っている人だったので先の予定も決めにくかった。

何度も何度も寂しさを感じた。

そんな経験があるので、あなたがいま抱えているような悩みも痛いほどよく分かるのです。

今回はそんな体験の中で気付いたことを綴っていきます。

 

 

「待ち時間の中で自分の“想い”に気付いた」

彼女とは音楽活動をしている縁がつながって出会った。5つ上の人だった。

自分が歌や音で表現をしているのに対し、彼女は「お芝居」や「演技」で表現する人だった。

いわゆる「俳優」さんで「女優」さんであった。

ジャンルは違うものの「表現」や「芸能」という括りでまとめることができ、置かれている境遇やこれまでの生き方に私との共通点があり、出会って3ヶ月くらいで交際を始めた。

交際の直前や交際ホヤホヤの時はやっぱり何もかもが楽しかった。

他愛もない話でいつまでもLINEしていたし、どこへ行くか何をして過ごすか二人で相談しながら決めるのも全て楽しかった。

 

この間、二人の時間は決して多くはなかった。

連絡はそれなりに取っていたものの、会えていたのは2週間に1回、1ヶ月に1回、2~3ヶ月に1回と段々と間隔が延びていった。

危機感を覚えたが、彼女が置かれている状況や事情がよく分かっていたので、連絡や会うのを催促したり要求することはしなかった

何より彼女が「拘束されることを嫌う」のを知っていたから

だからひたすら待った。

2~3日返信がないことは普通だったし、1~2週間かかることもあった。

オーディションや大事な仕事のときはストイックモードになる習性も理解していたので、苦ではなかった。

…訂正する。苦ではあったが理解できたので我慢できたが正解。

その待ち時間、ただ茫然と待っていては時間が無駄なので自分も成長しようとがむしゃらに頑張った。

また会ったときに話せることが増える様に、お互いに刺激し合って成長できるように。

待ち時間は正直ツラい。その気持ちはよく分かる。

しかし、待っていたからこそ気付いたこともある。

 

Q1.なぜ自分はこんなに寂しさを感じているのだろう?

Q2.なぜ自分はこんなにツラくて苦しんでいるのだろう?

 

答えはすごく単純だった。

 

A.好きだから

 

それに他ならなかった。

 

だから、こう考えるようにした。

 

こんなにも苦しさを感じるほどに好きになれたことに「ありがとう」。

気持ちを確認できる期間を作ってくれて「ありがとう」。

出会えたことに「ありがとう」。

 

この「ありがとう運動」を忘れちゃいけないと思った。

この運動で心が本当にスッと楽になったのを今でもよく覚えている。

 

 

そして、月日が経ち、彼女の誕生日も祝って特別な贈り物をした3ヶ月後。

「付き合うのが向いていない」と彼女に告げられフラれるのであった。←いまここ!

 

 

人生って面白いよね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

【バランガン池袋】

毎週月曜日12:00~22:00

レギュラー出演中。

 

【バランガン銀座】

毎週火・木曜日12:00~20:00

レギュラー出演中。

 

 

明日8月13日(月)12:00~22:00まで

バランガン池袋に出演です☆

 

 

バランガン池袋公式ホームページはコチラ

ご予約・お問い合わせ は下記お電話番号へお電話でお願いいたします(^^)

(TEL) 03-5927-8733

 おかけ間違いにご注意ください。

 

 

 

 

※8月からプロフ写真が変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

想(そう)@バランガン銀座・池袋さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス