気図八門と遁甲八門の使い方反応法。。。、 | 数流9星術の細かい話
2016-04-22 04:08:58

気図八門と遁甲八門の使い方反応法。。。、

テーマ:ブログ






















算命学の気図八門は精神的な分割、イメージの方位になっている、








だから北を上にして丙辛を天に見て目上を北にして、天から年干が降りてくる、立体5行をイメージするのに使用する。












○○丙辛○○
乙庚甲己丁壬
○○戊癸○○














奇門遁甲は、南を天にみて地上に降り立ったエネルギーを見る為に、南を目上にみて地上降り立った神の力を契約した「人」を動かす術なので、火を上にして水を下に見る。




杜景死
傷○驚
生休開












○杜○戊景癸○死○
丁傷壬甲土己乙驚庚
○生○丙休辛○開○






上矢印上矢印上矢印上矢印




複合すれば上図八門になる。












コレを干支としての反応に絡めて、9星に重ねて使うには数流9星交錯論をしようする。








もちろん、分けて使う時は、慎重にせねはならない。






それぞれの波動を計算してキッチリ併せてないと早くて五年、遅くて21年で、その人生はパートナーか、自分がおかしくなる。









コレ、わかってる魂はわかってるなら、かわまない、





しかし、わからない者は、わかって使わねばならない。








「大丈夫ですか?」と聴いて、





コレ怪しいな?なったら使用してはならない。




使用されても、ならない。









四柱命理と奇門遁八門は故武田考玄先生がホームページや著作にて波動を併せる実例を幾つか公開されておられるので参考になる。








 


しかし、高尾義政博士は、奇門遁甲の八門とこの気図八門の併せる方法を公開してないし、この二つのヒントを幾つかの書物に残してるに過ぎない。







 

実例は皆無になる。










だから9星のエネルギー解釈を用いてあらゆるモノを解析できる理論が必要だったのである。










その読み方には36年かけてきた。









実例も述べ三万人以上の鑑定で全て見てきた。









本来の算命学では、持って生まれた方位バランスをメインに使われてる専門家が多いようなので害はないと推測するが、












無理やりに八門奇門方位を使うのでなく、上図をヒントに、理論かされた体系で使用してもらえたらと、コレを公開しておく。






『あんなの単なるこじつけですよ。』




 

と、誤魔化す魂は、読め…ないのかもしれない、






 

コレを単なるこじつけにしか読めないなら、そのレベルと判断するしかない。










使用できるレベルの魂のみが判ればいいのである。










おそらく玄空飛星や家相などを理解してるなら、かなりのヒントになる事だろう。











コレからは震災などの対応に日本の占いレベルを上げる事が大切に思えしまう。





みんなが発展できますように。







 

ですねんなドキドキドキドキドキドキドキドキウインクウインクウインクウインクおねがいおねがいおねがいおねがいニヤリニヤリニヤリニヤリムキームキームキームキーチューチューチューチュー照れ照れ照れ照れ笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣きびっくりびっくりびっくりびっくりプンプンプンプンプンプンプンプンキョロキョロキョロキョロキョロキョロキョロキョロショボーンショボーンショボーンショボーンニコニコニコニコ爆笑爆笑爆笑爆笑ニコニコニコニコニコニコニコニコウインクウインクウインクウインクチューチューチューチュームキームキームキームキーラブラブラブラブもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐグラサングラサングラサングラサンバスバスバスバス船船船船飛行機飛行機飛行機飛行機バスバスバスバス地下鉄地下鉄地下鉄地下鉄美容院美容院美容院美容院自転車自転車自転車自転車信号機信号機信号機信号機家家家家コンビニコンビニコンビニコンビニATMATMATMATM

武論星朱軌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス