子供に伝えたい。お金を貰うことの意味を… | 迷った時の強い味方!幸福(しあわせ)を呼ぶ占いが清水に登場

迷った時の強い味方!幸福(しあわせ)を呼ぶ占いが清水に登場

貴方が人生の道に迷った時、出口が見えない時、誰にも相談することのできない悩みや苦しみを抱えているのなら、一度私郁(あや)に話してみませんか?
日本易学協会認定師範一級鑑定士の郁が、あなたの味方となって心から鑑定致します。

皆様こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

学生の皆様は、楽しい夏休み真っ只中だと思います。

この夏休みの季節になると、私は自分の子供の頃を思い出します照れ



長期休みに突入したと同時に、勉強の計画表を立てる事からスタートしました。
自分の勉強を一通り片付いた後は、お小遣い稼ぎに励んでいた私…ニヤリ

☆朝新聞を取りにいって準備しておく。

☆ゴミ捨てのお手伝い。

☆部屋の片付けやご飯の支度のお手伝い。

などなど…

『終わったよ〜爆笑

とお母さんに伝えにいくと、『お駄賃』を貰い、少しずつ貯金箱に貯める。

今ではお駄賃なんて言葉は使わないですよね滝汗

子供だから、欲しい物は、駄菓子屋さんで買うおやつとかプールに使うぐらいでしたが、『ありがとう』と言われる喜びと、自分が自らお手伝いをして、お駄賃を貰える嬉しさを、子供ながらに学んだ気がします。

そして、親から必ず言われた言葉がありました。

お金はね、欲しいからと言って下さいってお願いしても「どうぞ」なんて貰えない。
いつか大人になって、自分が生きていく為には自分の身体で働いてお金を稼いでいかなきゃならないんだよ…。

こう教えられてきました。



何故、こんな話しをしたかと言うと…。

以前お客様からこんな相談を受けたのがキッカケでした…。

☆今の子供達は恵まれてるのね…
もちろん、家庭によってだと思うけど…お金の感覚が自分の子供の頃とは全然違うんだな〜って思ったらどうやって働く事、お金の有り難さを教えていけばいいのか…わからないよね。

と言う内容でした。

☆お金とは何か…。

☆どうしたらお金を稼ぐ事ができるか…

☆働くってどういうことか。

家庭によって、教え方は違うと思いますし、何が正解かなんて正直な気持ちわかりませんが…

子供の頃の様々な体験をさせて、自ずと理解していくし、身につくものではないかと私は思います。

お子様が夏休みの今、家庭内で様々な事を体験させてあげて欲しいと思いますウインク
きっと、私のように大人になってから、『あの頃のあの経験があったから…』と思う時が訪れると思いますチュー

鑑定士郁