ブログコメント様

 ご質問ありがとうございます。
  
 再度の疑問、質問もお寄せください。
 
     担当 占い太郎
      
---------------------
[ご質問内容]

質1】本人の顔の左側、目尻辺りから口角、その少し下辺 りまで気色線があるの
ですが、こちらは、どのように見るのが正解でしょうか?

回1〕夫婦仲が悪く世間(顴骨)に知られようとしている。(側面は裏街道)

一例 写真(観て左側)
夫婦仲・・目尻(妻妾)は、夫婦の仲を見るところである。黒色があれば夫婦のい
さかいが絶えず縁がかわる。
@これは、目尻から目の内へ入るところにかけてあらわれ、たとえば焦げついたよ
うな感じに見えるものである。
@顴骨は世間である。気色が顴骨まで達するのは世間に知られようとしている。

 ------------------

質2】、目頭と目頭の間の3ミリ幅くらいの暗色の上に白い気色線が見えたのです 
が、こちらの解釈も御指南いただければ幸いです
回2〕白色が出でているのは悲しみ事がある。然らざれば家庭がおだやかでない、

【注】
白色に潤いがない時は愁い、驚き、辛労の可能性が大きいであろう。
潤いのある時は悦びと考えなさい。

一例   写真(観て右側)


* 目の両脇は夫婦の寝窒を意味す。
左側を「夫座」右側を「婦座」と称し
●悪色があるのは、淫乱のため家庭争議。又は交情疾病。
●真赤、豆粒程の赤い腫物は痴情の夫婦喧嘩。
 
*目頭は夫婦の愛情を示す。
●黒子のような真っ黒色は世を忍ぶ恋愛をしている。