心理療法(心理セラピー)、認知行動療法ってなに? | 対面占い師・電話占い師として成功するための心理学とカウンセリングスキル講座

対面占い師・電話占い師として成功するための心理学とカウンセリングスキル講座

占い師になりたい、占い師として集客を頑張りたい、電話占い師・鑑定師として成功したい、心理を学びたい、リピーターを増やしたい、という方々のためのお役立ち情報をお伝えしています。

皆さん、こんにちは

スピリチュアル・コンサルタント

ミスカトニックです

 

 

さて、改めて告知です!

 

2月に東京と大阪で

占い師のための心理療法(サイコセラピー)講座

を開催します!

 

 

●占い師のための認知行動療法セミナー

~占いカウンセリングを効果的に進めるには?~

 

東京:

2018年2月18日(日)10:00~17:00(受付9:30~)

大阪:

2018年2月25日(日)10:00~17:00(受付9:30~)

 

詳細・お申し込みは以下のリンクをご覧ください

↓ ↓ ↓

占い師のための認知行動療法講座

 

 

だから、という訳ではありませんが、

ここで少し、今回のセミナーで

お話しする心理療法(セラピー)の

ご説明をしますね!

 

 

今回のセミナーでお伝えする

心理療法(セラピー)は、

認知行動療法と呼ばれるものです

 

 

最近になって普及してきた、

この認知行動療法

 

 

これには、

どんな特徴があるのでしょうか?

 

 

(セミナーの予習と思って読んでくださいね)

 

 

【クライエントは、現実ではなく解釈で苦しむ】

 

 

クライエントの悩みは、

悩みの原因たる出来事ではなく、

その出来事に対する

解釈によって生まれます。

 

 

例えば、恋愛関係にあったパートナーと

別れてしまった、というケース

 

 

この「恋人と別れた」という現実は、

色々な受け取り方ができます

 

 

・次はもっと良い人を恋人にしよう!

・きっと私に非があったから、こうなったんだ

・好きだったけど、苦労も多かったから、これで良かったんだ

・どうしても忘れられないから、復縁したい

・あの人は、結局私のことを理解してくれない鈍感な人だ

 

 

そして、その受け取り方によって

2つのことが違ってきます

 

 

まず、いまの精神面や感情面の状態

 

 

もう1つは、これからの未来

 

 

もし、別れてしまったという現実に対して、

「きっと、もっといい人に出会うための通過点なんだ」

と考えることが出来れば、

きっと気持ちは明るい状態でいることでしょう

 

 

でも、その現実に対して

「私がダメだったからこうなったんだ」

と考えてしまうと、

気持ちが沈んだままになってしまうでしょう

 

 

そして、その現実の受け取り方や

今の感情は、

未来に大きな影響を与えます

 

 

「次は良い人に出会える」

と信じることが出来れば、

出会いを求めて活動的になるかもしれません

 

 

「私がダメだったんだ」

という状態だと、

次になにか出会いを作るということは

難しくなるでしょう

 

 

単純に考えて、

「次は良い人に出会える」

と考えるのと

「私がダメでこうなった」

という考えること

 

 

どっちか良いかは分かりますよね

 

 

でも、

「私がダメでこうなった」

という考えに流されてしまう

ケースも多々あります

 

 

典型例なのが…

 

・もともと、恋愛に対して依存的な傾向を持っている

・恋愛が破たんした傷が癒えていない

・今までに形成された(幼少期などに起因する)問題を抱えている

 

というケースですよね

 

 

また、仮に

恋愛の破たんをポジティブに考えても…

 

恋愛関係を良好に維持するスキルを持っていない

 

という事があると

次も同じことを繰り返してしまうでしょう

 

 

そうなると、最終的には

ネガティブな考えや感情に囚われて

しまうことになります

 

 

整理すると、

クライエントが今や未来を

良くしていくためには…

 

(1)それができる考え方や感情を持っていること

(2)それができるスキルを持っていること

 

この2つが必要になるのです

 

 

そして、そのためには…

 

・ココロの傷が適切にケアされていること

・自分に対する適度な自信(自尊心)をもっていること

・過去に起因する、行動の歪みを生じさせる問題が解決されていること

・適切な対人関係のスキルを持っている

 

ということが必要になります

 

 

これらを解決するカギは

全て「ココロの中」にあります

 

 

【どうやって『ココロ』を変えるの?】

 

私たちは、人や自分のココロを

直接変えることはできません

 

 

沈んでしまっている感情を

直接変えることもできません

 

 

例えば、先ほどの例でいうと

別れてしまったことをネガティブに

考えているとしましょう

 

 

で、占い師さんから

「もっとポジティブに考えなくちゃダメ!」

と言われたとします

 

 

じゃあ、ポジティブに考えようと思っても、

なかなかできませんよね

 

 

そうは言っても、ついついネガティブに

考えてしまう…

というクライエントが大半です

 

 

そのため、クライエントは

なかなか占いから卒業できない、

悩みが解決されない

という状況が続いてしまうんですね

 

 

占いの卒業から

テーマを元しますね

 

 

では、私たちはどうやったら

ココロや感情を

変えることが出来るのでしょうか?

 

 

この場合、方法は3つあります

 

(1)考え方や感情を変えるスキルを身に付ける

 

(2)行動を通してココロにアプローチする

 

(3)ココロの傷などをケアする

 

 

(1)の考え方を変えるスキルですが、

例えば先の例でいえば

ネガティブに考えてしまっている状態を

ポジティブに変える方法を身に付ける、

というものがあります

 

 

考え方や受け止め方、

感情を変えましょうと言っても

なかなか変えることが出来ません

 

 

でも、考え方や受け止め方を

変えるスキルが身につけば、

徐々にでもネガティブを

ポジティブに変えることが出来るように

なりますよね

 

 

そして、気晴らしやエクササイズなどの

行動面からココロや感情を

良好にするという方法が(2)ですね

 

 

でも、そもそも傷ついている状態なのに、

(1)や(2)をするのって無理があります

 

 

それは、風邪を引いている、

あるいはケガをしている状態と

同じです

 

 

身体に不調があったらケアをします

 

同じように、ココロにも不調があるなら、

ケアすることが大切です

 

 

この、「考え方(認知)」と「行動」から

ココロにアプローチするのが

認知行動療法と呼ばれるものです

 

 

つまり、(誤解を恐れない言い方をすれば)…

 

占いを通してクライエントの

ココロと感情をケアする

クライエントが望ましい変化をするよう

アシストする

 

そのツールとして認知行動療法の

技法をお伝えいたしますね

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】


【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

 

 

 

占い師、心理カウンセラー専門コンサルタント@ミスカトニックさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります