真備町尾崎の被災女性を助けたのは・・・ | ウラモニ

ウラモニ

(´ω`)(´ω`)(´ω`)(´ω`)


テーマ:

先週の放送後、リスナーの方からたくさんの反響と情報提供があり

真備町尾崎の被災女性が「アート引越センターの方に命を助けてもらった」と言っていた方が見つかりました。

 

現在43歳の難波さん。

当時は勤務時間の関係で偶然、真備町のコンビニで待機していました。

 

先週の放送を聞いていただき

「怖かったでしょうねぇ」と静かにつぶやいた難波さん。

 

「先に地元の方が救助に当たっていて、私はそれをお手伝いしただけです」と終始おっしゃってっていました。

とても謙虚な方でした。

 

 

浸水していく様子など当時の様子を振り返っていただいたアート引越センター難波さん。

ありがとうございました。

誰でしょう?さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス