ウラモニ

(´ω`)(´ω`)(´ω`)(´ω`)


テーマ:

「全国ゆるパイ展」にサワラ出世パイを提供してから1年が経とうとしています。

あのユルいブームから1年・・・。

(´ω`)なんと、パイを知り、パイを食べ、パイを楽しむ

一般社団法人 日本パイ倶楽部が設立されていました。

(;^ω^ 三 ;^ω^)?

しかも「ゆるパイ図鑑」の著者で放送作家の藤井青銅さんが
理事に名を連ねていらっさるので電話してお話を伺いました。

(´ω`) で、ゆるパイのパイオニア 藤井さんに大プッシュしたのが


↑浅口市のシャコパイ星人


製造・販売をしている 洋菓子工房ベルジェにお邪魔しました。
JR金光駅をでたら右手にすぐ見える、地元のパティスリーです。


実は県内でも置いているお店がまだ少ないというシャコパイ星人。

全国のご当地パイを食べつくしたという藤井青銅さんも
「突っ込みどころが多くて、どう料理すればいいのやら」と困惑。


この新種ゆるパイは
工房長の加賀琢也さんが、おいしい魚介類が獲れる寄島町を
より多くの人に知ってもらうために考えたお菓子でした。

「寄島シャコを使うことになった時に当然、”煎餅”という選択肢もあったのですが、
生地に砂糖を織り込んで作るパイでシャコを織り込んだらいいんじゃないかと」


シャコの味をどうやってパイに?
シャコは身が少ない!
シャコになじみがない県外の人に知ってもらうためには?

様々な困難を乗り越えて誕生したこれぞ「ゆるパイ」でした。

藤井青銅さんによると、今後の日本パイ倶楽部の活動で
その時の新作or注目ご当地パイを集めた「パイコレ」をやってみたい
とのことでしたので

(´ω`)これは・・・寄島町が「ゆるパイ」で注目される日も近い?


金光駅では地域特産品を紹介していたコーナーがありましたが、




いつかシャコパイ星人も並んじゃうのだろうか(´ω`)

AD

テーマ:

第4木曜はフード&ライフディレクター 久保陽子さん(Air+ 代表)。

今月と来月は久保さんお気に入りの場所へお出かけします。

6月にお届けするのは、北区天神町にある
「うまいもの おおうら」です。



ざる、確かにありますね・・・中には山椒の実が。
軒の上にもお道具。

「ごめんください」



店内に活けてあるお花は店主 大浦信夫さんが野で摘んできています。



これが「トラの尾っぽみたい」と言っていた植物です。


さりげなーく。



大浦さんお一人でやられているので、
お料理をすぐに出せる距離がよい、ということで
カウンターのみ。調理場もシンプルです。
調味料に至っては、酢、酒、醤油、和三盆。
味醂と砂糖は使わないそうです。


今回はカウンターに併設しているテーブルでいただきました。



生山椒がアクセントになっていた炊き合わせ。
玉ねぎの甘みがお汁にしみ出ていました(^ω^)



トウモロコシの揚げ物。3分蒸してビニール袋に入れて冷ますので
油で揚げても粒がシワシワになりません。




お塩も金ごまや四万十川の川海苔と合わせられています。




ご飯もの。
天然のジュンサイのお汁。谷中ごはん。香の物と山椒チリメン。




吉田牧場の生乳と杏の種から作る杏仁豆腐。
コクがあるけどさっぱりといただけます。



大浦さんがサメ肌おろしで杏の仁を目の前でつぶしくてくださいました。




なんと!大浦信夫さんが講師となって
「料理教室」が開催されているのですよ。

【日時】毎週月・土曜日14:30~16:30
【場所】うまいもの おおうら(岡山市北区天神町2-22)
【受講料】1回 5000円(お食事つき)*材料費込
【問い合わせ】 086-234-0302

内容は月替わりで、今月は「ちりめん山椒」の作り方を予定。



「畑にその時期に生えるものを食べたら人間はうまくいく。」
「一番おいしいのは人間が手を加えていないもの。」

大浦さん、ごちそうさまでした。

AD

テーマ:



今日の9時台前半は大日本除虫菊㈱中四国支店の
西垣善之さんに「夏の蚊対策」について聞きました。

ご紹介したのは「プレシャワー」

プレシャワーは森田さんも使用中。
いい香りのするお肌にも優しい虫よけスプレーです(^ω^)



そして、
蚊は飛んでいる時間より壁などに止まるっている時間の方が長い特性を考えて作られた
「蚊がいなくなるスプレー」。




蚊と戦うKINCHO 特設サイトもぜひチェックしてくださいね。

AD

テーマ:

おはちわす

イラストレーター 村上トモミくんが
奈良に行ってこられたので、旅で見つけた「いいトコ」「いいモノ」を
教えていただいた。


(^ω^) お写真も掲載します。



ならまちの和カフェ「にこすたいる」の酒粕かき氷
上にドローんとのっかっているの、酒粕なんだって!


つづいて、JR奈良駅の近くにある「珈琲と果汁 スギ」



朝ごはんを食べよう!と思って寄ったのだと。
奈良で、最も古い純喫茶さんらしい。

ダンディおじいちゃんマスターによる
果汁(ジュースですな) とオープンサンド。
カウンター奥で丁寧に作っていたそうです。



しかし、トモミくん。
この外観で「朝ごはん食べよう」と入られたものだね。




最後は。。。明日香村





で、お土産屋さんで手に入れた
古代・古墳デザイングッズ



白雪ふきんの明日香村限定デザインを発見しました。
さすが、奈良!

しぶい。奈良!



テーマ:



梅雨。
雨が続きますね。

今月の佐野明子さん(円山生活の会 代表)のお話は
先月に続いて円山ステッチでのインタビュー。

6月は「梅仕事」に打ち込む明子さん。

お庭で愛犬あんちゃんに見守られながら、梅のヘタを一つ一つ取っていきます。
やりだすと無心になる梅仕事。

忙しいから今年はどうしようかな?と思っても
やはり欠かせない明子さんの一大行事です。



今年の6月は7月に米子市で開かれる「となりのオカヤマ展」の準備。
そして6月25日に円山ステッチで開く「円山マルシェ」の準備。

打ち合わせや準備(そしてお庭仕事)でお忙しい明子さんのお台所で
見つけてしまいました。

レモンの瓶詰です。


大きなガラスの瓶が2つ。
5月に岡山や瀬戸内の島レモン40個を輪切りにして
お庭のハーブと一緒にシロップに付け込んでいます。

出来上がるのは夏。
暑い日の庭仕事が終わった後に、冷たいジュースにして飲むのが
楽しみなのだそうです。

(円山マルシェでも出るそうですよ)



4月に紹介した小野真佐子さんのノッティング織りの椅子敷きも
佐野さんの暮らしにとけこんでいました。

6/25の円山マルシェは入場料が必要のマルシェです。

詳しくは明子さんのblogで。
◆円山ステッチでの日暮らしな日々


テーマ:



「わがみや うめだ」店主で屏風作家 梅田剛嗣さんが
なんとフランスデビュー!

フランスで日本文化を伝えるフリーマガジン「lune Japon」から
取材されました。

特集が「備中和紙」!!!

ちなみにこのフリーペーパーはパリで手に入ります(^ω^)

7月はギャラリー倉敷での「サムホール展」
8月は大阪タカシマヤでの企画展にも参加します。

お近くに寄られた際はぜひぜひ。


テーマ:



5月にお届けした富家さんへのインタビュー後編をお届けしました。
今年の春から山口衛里さんの指導の下、東京パラリンピックを目指して
目下トレーニング中の21歳。


実は富家さん
「障害者もボランティア活動ができる人がいる!したいと思っている人がいる」
ということを自ら証明するため
ファジアーノ岡山のボランティアスタッフとしても活動しています。

そして、障害者の社会参加について、
小学生や福祉を学ぶ大学生への講演活動も行っています。



1年後にはプロに!
その前に海外、ホノルルマラソンを見てみたいそうです。

夢は叶えるもの!と何度も繰り返す冨家さん、
今後も注目です☆


テーマ:
6月4日(木)ふれもに木曜は
総選挙を控えている、まゆゆこと
渡辺麻友ちゃんのメッセージが
番組内で2回も流れるYO!

m9(´・ω・`) ついにきますた

番組オープニングでOA時間も言うから
聞いてよねーーー

\(^o^)/

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。