こんにちは。

浦上歯科医院スタッフです。

 

子どもの医療制度が見直された佐賀県ですが

今回は、子どもさんの虫歯の治癒率について少しお話させて頂きます。

 

 

学校や地域で『歯科検診』があります。

 

 

乳児園、小中高校に歯科検診に行くのですが

養護の先生からいつも聞くお話があります。

 

治療が必要なお子さんに渡す紙がありますが、なかなか回収できていません。

 

 

そんな相談をよく聞きます。

 

 

 

実際、検診に行き口腔内を見てみると

 

 

生えてきたばかりの永久歯に歯石がこびりつき 歯肉炎で出血が多く

生えたばかりの永久歯の表面が歯垢で溶けかかっていたりと

 

昔と違い

食生活や環境の影響もあるのでしょうか?

 

 

例えば、咀嚼。(そしゃく)

よく、噛むと唾液が出ます。

あごも発達します。

 

 

今は、咬まずに飲み込む、または流し込むような柔らかい食べ物が多くなったことなど

これも、1つの大きな要因ではないのかなと思います。

 

 

あごの発達と同時に、歯並びも大きく関係します。

呼吸の仕方にも大きく関係あると思います。

 

 

子ども達の先を考えれば

大きく削るとか、神経を取るとか、銀歯を入れるとか、

極力避けたいことだと 私達は考えています。

 

 

できるだけ、早期発見。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

                               医療法人 浦上歯科医院

                                   0955-23-9100