【沼津企画2020 番外編】国木田花丸と芹沢光治良… | 浦の星女学院サブカルチャー部
新型コロナウイルスに関する情報について

浦の星女学院サブカルチャー部

ラブライブ!シリーズ、ドリフトスピリッツ、沼津
等々…まったりなブログ。



初日に芹沢光治良記念館を2回目訪れましたが、


そんな芹沢光治良記念館に配布していた『ラブライブ!サンシャイン!!と芹沢光治良』という資料を貰いまして、かなり面白いネタとなるのではないかという事で書いてみたいと思います。

【注意】
★この関連による説は、芹沢光治良記念館が独自に調べたモノであり、制作元のサンライズさんやKADOKAWA、電撃G'sマガジン編集部とは無関係であり、公式見解ではないので予めご了承していただきたい。




●国木田花丸が芹沢光治良?

井上 靖の愛読者という公式設定で、芹沢光治良と井上 靖は沼津中学の先輩と後輩という間柄という見解が芹沢光治良記念館による見解なのだそうだ。



●ルビィが『ルビちゃん』?

二人目はずらまるちゃんの相方であるルビィであるが、芹沢光治良の幼少期に清吉に一緒に近所の寺子屋に通っていた事で、『その様子が感漢字とルビのようだとて、先生から私を「ルビちゃん」と呼んだ。』と1985年の静岡新聞の我が青春にて晩年に記されていたとのこと。


●小原鞠莉と安生鞠という関係。

光治良が高校時代の頃、学費援助を受けていた実業家 安生慶三郎の娘 安生鞠と文通していたという部分があるのではと芹沢光治良記念館の見解なんだとか。

確かに鞠莉ちゃんのお父さんは海外展開しているホテルチェーンのオーナーでしたから、デジャヴといえばデジャヴなんだろうなと。


●千歌が光治良の叔父の妻説?

最後は千歌。
光治良との関係では幼少期に面倒を見ていた三吉の叔父の妻が芹沢千賀(せりざわ ちか)からきたのではないかと見解を示しているようだ。

今回のネタは既にHIROさんの記事でも紹介しておりますが、HIROさんの記事を見てから作ったのではなく、先に今回の沼津企画の番外編として書くつもりで温存していたら、偶然にもタイムリーにぶつかったというのが本音かなと思います。

あくまでも公式による県会ではないが、「へぇー、偶然なのかな?」という部分で読んでもらえたら幸いですし、少し気になった方は芹沢光治良記念館にも足を運んでもらえたら面白いと思いますよ。