セラースプライトの拡張機能の使い方を紹介します | Amazon中国輸入OEMビジネスで起業した元公務員すぐるのブログ

Amazon中国輸入OEMビジネスで起業した元公務員すぐるのブログ

中国輸入OEMビジネスが僕の人生を変えた。安定だからという理由で就職した公務員。しかし、何も刺激のない日々に嫌気がさしていた。そんなある日、中国輸入OEMビジネスに出会う。公務員という安定した職を捨て、起業することを決意。月商1000万円を目標に日々邁進中。

皆さん、こんにちは~。

元公務員のすぐるです。

今日は、セラースプライトの拡張機能の使い方を紹介したいと思います。

それでは、早速行ってみましょう~。

 

●拡張機能のダウンロード

まずは、セラースプライトの拡張機能をダウンロードしましょう。

chormeウェブストアで「sellersprite」と検索するか、以下のURLをクリックして拡張機能をダウンロードしてください。

https://chrome.google.com/webstore/detail/sellersprite-amazon-produ/lnbmbgocenenhhhdojdielgnmeflbnfb?utm_source=chrome-ntp-icon

 

ちなみに、拡張機能のダウンロード方法並びにgoogle chromeのインストール方法は別記事にて紹介しています。

こちらも合わせてご確認ください。

https://ameblo.jp/ura-sugu/entry-12596689222.html

 

●セラースプライトの拡張機能について

セラースプライトの拡張機能には4つの機能が備わっています。

順に紹介したいと思います。

 

①売上詳細

Amazonの商品一覧画面でこの機能を使うことができます。

この機能では、商品一覧画面に表示されている商品の詳細なデータを確認することができます。

例えば、商品の価格やレビュー数、月間販売数などが確認できます。

 

商品一覧画面のデータを可視化したい人にとっては有能な機能ですね。

商品リサーチの効率化につながる機能です。

 

②キーワード逆引きリサーチ

Amazonの商品詳細画面でこの機能を使うことができます。

この機能では、対象商品がどのようなキーワードでAmazonで検索されているのかと、そのキーワードのボリュームが分かります。

 

OEMしたい商品のキーワード設定や、スポンサープロダクト広告のマニュアルのキーワード設定に役立つ機能ですね。

 

③キーワードマイニング

Amazonの商品一覧画面並びに商品詳細画面でこの機能を使うことができます。

この機能では、キーワードやキーワードのボリュームだけでなく、月間検索数に対してどれだけの数が販売されたかを表す転換率も分かります。

 

この機能も、OEMしたい商品のキーワード設定や、スポンサープロダクト広告のマニュアルのキーワード設定に役立つ機能ですね。

 

④キーワード順位チェッカー

Amazonの商品詳細画面でこの機能を使うことができます。

この機能では、検索したいASINコードとキーワードを入力するだけで、そのキーワードでのAmazon内の順位が分かります。

 

この機能も商品リサーチの効率化につながる機能ですね。

 

●まとめ

以上で、セラースプライトの拡張機能の使い方についての紹介は終わりです。

お疲れ様でした~。

またお会いしましょう!

 

(追伸)

以下のクーポンを使うと、価格から30%の割引きが適用されます。

ぜひ、ご使用ください!

クーポン BD0154

 

↓↓私、すぐるが教えるAmazon中国輸入OEMビジネスのコンサルについて↓↓

https://ameblo.jp/ura-sugu/entry-12582314366.html