長生き =「禁煙」・・・の大嘘を暴く! ~ 医学界の賢威が暴露する ~ | 糖尿病患者は薬治療に頼るな!~ストレスの無い食事と運動で HbA1c11.2⇒6.1 の奇策~

糖尿病患者は薬治療に頼るな!~ストレスの無い食事と運動で HbA1c11.2⇒6.1 の奇策~

【 脱糖尿病薬のススメ! 】薬漬けの糖尿病治療では数値を抑えるだけで治る事はありません!2型糖尿病は薬を頼らなくても数値コントロールができるんです!


テーマ:

前回の記事では・・・。


 緊急搬送者続出!
 ジョギングが死期を早める本当の理由!



   ・・・と言うタイトルの元に!




正しい知識を持たないで・・・。

 ジョギングや運動をすることが!
 如何に危険なことか?


   ・・・と言う内容を書きました。




万一、あなたが・・・。
この記事を読まないまま。。。

身体のために良いと思って・・・。
ジョギングに励んでいるとしたら!


取り返しの付かない事になりますよ。




最悪の場合は・・・。

 救急搬送 ⇒ 即死


   ・・・と言う事だってあるんですから!





長い記事ではありません!


しかし・・・。

この内容を理解している!
理解していない!

たったこれだけの違いで・・・。

あなたの一生を左右する事にも繋がってきます。




走ることは健康に良いから・・・。
体を鍛えることは健康になることだ・・・。

この様な安易な考えでやっているとしたら!



あなたは、間違いなく・・・。

 「早死」・・・しますよ!






正しい知識無くして・・・。
ジョギングや運動をするということは!

必要以上に身体を酷使することにもなります。
大きな負担を強いる結果にもなるんですね!




まず先に・・・。

  緊急搬送者続出!
  ジョギングが死期を早める本当の理由!



   ↑  ↑  ↑


コチラの記事を読んでおくことを・・・。
強くオススメします。





如何でしたか?

正しい知識無くしては・・・。

 「死期」を早めますよ!


   ・・・と言う事が理解できたと思います。



そして・・・。



やはり、怖いのは・・・。
血管系の病気ですね!


 脳梗塞
 心筋梗塞
 動脈硬化



上記はホンの一例でしかありませんが。。。




これ等もまた・・・。
発症した途端に!

場合によっては。。。

  即・・・死!


    ・・・と言う事に繋がっている病気ですよね!




このような病気を未然に防ぐ方法!
これも書いてありますよね。

普段の生活の中で・・・。
気をつけるべき事項も!

書いてあります。



その中には・・・。
喫煙もあリますよね。



しかし・・・。
今回の記事に関しては!

この喫煙を・・・。
無理にやめようとした場合!



  逆に・・・。

  死期を早める結果になるんですよ!


     ・・・と言う事を書いてみます。



  おいおい・・・何それ!
  言っていることが逆だろう!


     ・・・と思いますよね!




そうです!
そうなんですが・・・。

これは、ケース・バイ・ケース!

・・・と考えて貰えれば良いと思います。




勿論・・・。

 百害あって一利なし!


   これがタバコを吸う事の現実だと思います。





しかし・・・。
これにも重要な意味合いが含まれていますから!

途中を飛ばす事なく・・・。
最後までじっくり読んで下さいね。





今日のテーマは・・・。

  「禁煙」したら「死期」を早める!


     ・・・と言う内容で書きますね。





■□■ 免疫が鍵を握る! ■□■


今回のテーマとしている・・・。

  「禁煙」したら「死期」を早める!


   ・・・と言う記事を読んで頂く上で!




まずは・・・。

 「 免 疫 」


  ・・・と言う言葉を理解して貰わなくてはならない!





何度も聞いた事がある言葉だと思いますが。。。

しかし・・・。
その内容や正確な意味を理解している人は?

殆ど少ない部類だと思っています。



既にこのブログの読者ならば・・・。
過去記事でも取り上げている部分ですから!

ご存知の人も多いでしょう。




そして・・・。
この言葉が頻繁に聞かれる時期は・・・。

そうですね!
インフルエンザの時期が多いと思います。


  免疫が・・・ある・ない!
  免疫力が・・・強い・弱い!


   こんな使い方をされていますよね!





この・・・。
免疫とは何なのか?


知っている人は・・・。
復習として読んで下さいね。

ご存じない人は・・・。
今後も何度となく出てくる単語です。



これを機会に覚えて下さいね!




免疫・・・とは?


漢字をそのまま読むと!

「疫(えき)から免れる(まぬがれる)」。。。


すなわち「伝染病」などから逃れるということを意味する言葉です。



ここでは伝染病という表現を使いましたが・・・。
ウィルス・・・と思って下さい。

インフルエンザ ウィルス・・・ですね。




人間の体とはよく出来たもので・・・。
この免疫がない時には、一旦その病気を発症します。



しかし・・・。

その病気が完治した時には・・・。
そのウィルスに関しての!

  抗体(免疫)


   ・・・が備わるんですね!





そして、この免疫が・・・。
体内に侵入したてきた細菌やウイルスなどを!

異物(自分以外のもの)として攻撃することで・・・。
自分の身体を正常に保つという大切な働きをします。

この力を・・・。

  免疫力!


     ・・・と呼びます。


   ※ 免疫には2種類あって・・・。

     上記で説明した液性免疫と!
     細胞性免疫に分けられます。





■□■ 免疫力を脅かす存在とは! ■□■


上記したように・・・。

 免疫力が強い・弱いによって!
 病原菌を退治する事が出来るか? 出来ないか?


   ・・・と言う意味合いを持ちますね。




しかし・・・。
この免疫も!

 一旦、備わったから永久に大丈夫!


  ・・・と言う事では無いんですね。



あなたの生活環境や・・・。
生活スタイルの変化によって!

弱くなってしまう事もあるんですね。
または、消滅してしまう事だってあるんです。



永久的に身体に残っているのではありません。




勿論・・・。
規則正しい生活をしているならば!

免疫力の維持も出来ますが・・・。



  それでも・・・永遠に!


     ・・・と言う事では無いんですね。




この部分は大事ですから・・・。
良く理解して下さいね。




では・・・。

何故、免疫力は弱くなってしまうのか?
消滅してしまうのか?

この部分を考えていきますね。





上記では・・・。
インフルエンザを例として書きましたが!



免疫の仕事は・・・。
そんなウィルスとの闘いだけではありません。


下記のような症状があるならば・・・。
あなたの免疫力は低下している!

・・・と思って下さいね。





免疫力低下の症状


  風邪をひきやすくなった。
  便秘気味だ。
  今まで無かったアレルギーが発症した。
  身体が常にダルい。
  疲れが早く、抜けない。


   ・・・と、この様な身近な症状が出てきます。




勿論、これだけではありませんが・・・。

 今までになかった症状が出始める!


   ・・・と言うことは!




今までは免疫で押さえ込んでいたモノが・・・。
免疫力の低下によって抑え切れなくなってきた!

  ・・・と言う事を意味します。





安易な考えで・・・。

体力が無くなってきたから?
年のせいかな?

・・・と言うモノでは無いんですね。




確かに・・・。

年齢とともに免疫力は低下していきますし・・・。
体力の低下とも関連しています。



そこには・・・。



 体力の低下による免疫低下と。。。
 年齢に伴う免疫低下があるんですよ!


   ・・・と覚えて下さい。





免疫力低下の要因


しかし・・・。

免疫力が弱くなる原因は・・・。
それだけではありません。



普段の生活スタイルでも大きく左右されますし・・・。
住環境によっても左右されるんですよ!


その大きな要因は・・・。
やはり食事だろうと思います。




★☆★ 食生活 ★☆★


現代の日本では、通常ありえませんが・・・。
体を維持していくために必要な最低限度のエネルギーやアミノ酸!

これらの栄養素が不足している場合は、免疫力が低下します。



また、栄養バランスが悪い場合も同様です。



特に免疫力の維持に不可欠なビタミン、ミネラル・・・。
これ等の摂取不足は免疫力を低下させます。

逆に脂肪の摂り過ぎや過度の肥満も免疫力には良くないのです。




★☆★ 精神的ストレス ★☆★


このブログでも・・・。

 ストレスが様々な病気の発症に大きく関与している!


   ・・・と言う事は書いてきました。




そして・・・。

そのメカニズムは、気分の落ち込みや強いストレスを受けたりすると、
神経系の細胞が免疫系の働きを抑える物質を放出して・・・。

病原菌やウイルスに弱い状態を作る事も最近の研究で分かってきました。


病気でくよくよすると、直りが悪く・・・。
また悪化することがあるのも、心のあり方が免疫系に影響するためです。

できるだけものごとを楽天的に考えることが、免疫力の低下を防ぎます。




★☆★ 肉体的ストレス ★☆★


運動などで通常では有り得ない程の疲れを感じる時がありますね!
これは、身体に大きなストレスを感じている証拠です。

このような状況でも免疫力は低下してしまいます。



また、仕事での疲れも同様で・・・。

過労死と言う現象もまた、肉体的なストレスから来る症状だと思って
頂いて結構です。




そして・・・。

睡眠時間とも大きな関連を持ちます。




免疫力が強い人は・・・。
睡眠が十分に取れる傾向にあって!

逆に、免疫力の弱い人は・・・。
睡眠不足になりがちな傾向があります。



睡眠不足は悪循環になるおそれがありますので・・・。
極度の興奮や肉体的疲労、ストレスを避けて・・・。

規則正しい生活を送ることを心がけて下さい。





■□■ タバコをやめるストレス ■□■


如何ですか?


 ストレスがあなたの身体に大きな影響を及ぼす!


  ・・・と言う事が理解できたと思います。




食事管理も・・・。
勿論、大事であることは言うまでも無いでしょう。




しかし・・・。
ストレスがどの様に悪影響を与えるのか?

この辺をもう少し説明してみますね。




上記の説明のように・・・。

ストレスが免疫に大きく影響を与えることは・・・。
ご理解頂けたと思います。



外からの病原菌を排除する力が無くなること!
睡眠をも妨げる原因になること!

でも・・・。
これが根本の原因ではありません。




人間の体は・・・。
本来、弱アルカリ性でバランスを保っています。



そこに、過度のストレスが加わると・・・。
身体は酸性化に傾きます。



早い話が・・・。

 身体が錆びつきやすくなる!


   ・・・と言う事なんですね。



つまり・・・。

あなたの身体が・・・。
本来の働きが出来ない環境になって行くんです。



特に、内臓に関してはテキメンに!



この様な環境が慢性的になると・・・。
様々な臓器に弊害をもたらしますね!




膵臓に弊害があれば・・・。
インスリンの分泌が鈍くなります。

これが、糖尿病の原因にもなります。




腎臓に弊害があれば・・・。
血液の洗浄ができなくなります。


これが、腎不全の原因にもなりますね!
これが酷くなると、人工透析をしないと生きていけない!

そんな身体になってしまいます。





腎臓の主な働きを書くと・・・。
下記のようになりますが。。。



 ・身体、血液中の不要物を濾過して外部に出す。
 ・余分な水分を外に出す。
 ・取りすぎた栄養素を外に出す





腎臓が機能しなくなると・・・。
余分な水分を体外に出す事ができなくなるんですね!

 つまり・・・。

  尿が出なくなってしまうんですよ。


   身体は常にムクミとの闘いになってしまうんですね。





まして・・・。
週に2~3回は病院で人工透析を行うことになります。



1回の透析に必要な時間は・・・。
体格にもよりますが。。。


間違いなく・・・。

  4時間は必要になるんですね!




その間、ベッドに横になって・・・。
限られた動きしか出来ないんですよ!




この辛さって・・・。
見ている方だって目を背けたくなる程です。


私の実母がそうだったんです。


付き添いで病院に行っていた私も・・・。
見るに忍びない思いがあったんですよ。




あなたがその立場なら・・・。
どんな気持ちになるか!

考えて見て下さい。




そして・・・。



肝臓に弊害が出ると・・・。
肝硬変と言う病気にもなってしまいます。


肝臓は再生力の強い臓器ではありますが・・・。
肝硬変になってしまうと元に戻れない状況になります。




あなたの楽しみって何ですか?

お酒でしょうか?
美味しい食事でしょうか?




肝硬変になったら・・・。

お酒は飲めませんよ!
ビールを一口?


それこそ、死ぬ覚悟が必要ですね!




そんな生活に耐えられますか?




食事にしてもそうですが!

甘いモノは一切禁止です!
刺激物だって食べてはいけません。



プリン体の多い食物もダメ!
焼き鳥でレバーなんかは以ての外ですよ。

その他、エビ・サンマ・カツオ・イワシ等・・・。



脂が乗って・・・。
秋口には必ず食卓に上がってくる食材でしょ?


これ等だって・・・。
食べてはいけないんですよ。




これ等の美味しい・・・。
そして楽しみを。。。

一切味わうことが出来ない体になってしまうんですよ!




限られた期間ではありませんよ!


 一生ですよ・・・。

 発病後一生なんですよ!





上記で説明したように・・・。
何の楽しみもない人生を送ることになってしまうんですね。




決して・・・。
大袈裟に書いているのではありませんよ。

私が・・・。
実際に見て、感じたことを書いているんです。




生活習慣病・・・。
決して甘く見てはいけません。




これは・・・。

体験した私だから言える事でもあるんです。




そして、これが・・・。
ストレスからくる病気の一番怖い部分なんです。



  ご理解頂けたでしょうか?





現代は。。。
ストレス社会だとも言われていますよね。

ストレスのない生活が出来る要素が無いんですよ。



だからこそ・・・。
このストレスを上手に発散していくしか無いんですね。




早い話が・・・。

 気晴らしです。




大きな金額を必要とするモノではありません。



身近な部分からで結構です。

いつもの行動に・・・。
少しだけでも変化を与えるだけでいいんです。




毎日の通勤で・・・。
電車を1本早めるとか!

駅までの道順を少しだけ遠回りするとか!

その程度でいいんですよ。




そこから受ける刺激が・・・。
毎日のストレスを緩和させてくれるんですね!



そして・・・。
その事が、病気を遠ざける要素にもなるんです。




そして・・・。

タバコを吸っている方ならば・・・。
理解できると思いますが。。。




これを我慢するとなると!
大きなストレスを抱え込む事は理解できますよね。



それも・・・。
半端な気持ちでは!

禁煙できるとは思えませんよね。



あなたの近くでも・・・。

 禁煙途中で吸ってしまった!


   ・・・と言う人がいるのではないですか?




免疫学の権威であり・・・。
順天堂大学医学部特任教授

奥村 康 先生(医学博士)


  ・・・は、下記の様に述べています。




免疫学の立場から考えると、とくに50歳を過ぎたら・・・。
健康で長生きするためには「いい加減さ」が必要だ!

たとえば・・・。
50代までタバコを吸い続けていま元気でいる人は禁煙はしなくていい。

タバコで解消できるストレスもあるので、無理に遠ざけるものでも
ないと思っています。

禁煙することで強いストレスを感じるくらいなら、タバコよりも
ストレスのほうが悪いと断言します。





どうでしょうか?
若い年代ならば、禁煙はすべきでしょうが!


そこそこの年代ならば・・・。
禁煙での無理なストレスを抱え込む必要はない!



  ・・・と言う事ですよね。





タバコは・・・。

 百害あって一利なし!


   ・・・と言われるモノですが。。。





現代社会にあって・・・。

 ストレスは、それ以上の恐ろしい存在でもある!


   ・・・と言う事が理解できるでしょうか?





あなた自身の身体を守る為には・・・。
ストレスの上手な交わし方を覚えることが必須でしょう!



これこそが・・・。

生活習慣病にならない!
最良の方法だと言い切れますよね!





では、また・・・。



次回








糖尿病と戦う男!TKCさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス