◆福島県の、現地で得たこと感じたこと◆ | まーちゃん日記 『唄って踊って平和をつかめ♪』
2011-03-23 22:25:33

◆福島県の、現地で得たこと感じたこと◆

テーマ:ブログ
■□■□■□■

◆3月23 日(水)◆

1、まーちゃん通信『福島県で得たこと感じたこと』

2、放射能を知ろう、マイクロシーベルトは、どこから危険?

3、「3月26日・日本復興イベント」

■□■□■□■


ごめん、また遅くに

しかも今日は、まとまってない

でも、必要な現地情報だと思うから、よければ見て下さい


★『光をください』 まーちゃんバンド YouTubeに映像配信♪
http://www.youtube.com/user/smileheartmasae?feature=mhum#p/a/u/0/irQyVuOHlqk



ハイサーーイ!

大阪から、元気100倍、まーちゃんうーぽーです

朝7時過ぎ、無事に相馬市から大阪へと戻って来ました

帰りの走行距離は、なんと888km

運転、打ち合わせ、メール、電話、仮眠の繰り返しの果て

30時間かけて、たどり着きました

みんなからの、応援が嬉しかったです

ひとりじゃないね

繋がってるね♪



★☆★☆★☆★☆★☆

●まーちゃんが、福島県で得たこと感じたこと●

他の被災地とは違い、放射能という見えない恐怖が消えない福島県

ぼくは、可能な限り現地の声を聞いて見て回った

そのまんま、伝えます

長いけど参考にしてください

★☆★☆★☆★☆★☆


●その1●じーちゃんばーちゃんを避難所に送ったときのこと

私の知り合いがいるから、その避難所に行きたいって強く希望してた

みんな、地元意識が強い、地域の人と一緒にいたい気持ちが強い

特にお年寄りはそれが強い

原発に近い村は、村単位で避難をしている

だから、関西までとか遠くへの避難には消極的


●その2●放射能の情報

ずばり、地元の人たちは、もうメディアも、東電も信用はしていないって会話が多かった

正しい情報、正しい知識が不足していると思う

正しい放射能の影響について、もっとテレビやラジオで流すべきである

たとえば、どのぐらいの強さ、量を受けたら、健康に害するのかなど

だって「ただちに健康に害するものではない」ばっかりだ

早く、みんな安心させてほしい

→★4月に、田中優さんと全国をまわろうと企んでいます、もちろん東北もです

  『日本再生!希望の未来へ向けて』優ちゃんまーちゃん全国ツアー(笑)
 原発がなくてもエネルギー問題は解決出来るってこと、自然エネルギーへのシフト、日本の未来への方向性


●その3●赤ちゃんを関西へ引っ越しの話をしたとき

子どものいるお母さんは、みんな不安いっぱいだった

原発被災者への、心のケアが、全然出来ていない

たとえ、一時避難でも関西は遠いと言うイメージが強く、家族全員での意見がまとまらなかった

遠くへ行った時の、その後の生活の保障のとこが、大きなカベだった

→行政や東電の補償について、最低限の生活を守るってことを早くしっかり対応してほしい



●その4●ぼくが使った放射線測定器では

福島県内は、発表よりも、どこも強いです

最低でも0.4マイクロシーベルトから、最高10マイクロシーベルトを経験しちゃいました

基準では、安全な数字といえども、これを毎日浴びたら・・・・

特に、福島市と郡山市が高いのに驚いた

また、雨が降ると一気に数値が数倍に上がっていた

雨の日は、屋内退避しましょう、特に子どもは絶対です


●その5●支援物資

基本的には足りて来ています

場所によっては、余っています

今後は、野菜や果物、食糧や日用品が喜ばれます

食料は、放射能の解毒作用があるものをいっぱい送りませんか

味噌(天然)、梅干し、天然の塩、玄米などです

まだ、ガソリン、軽油などが足りてないから、持っていくと喜ばれます


★ここがポイント★

避難所はあるけど、自宅難民がいます

2次災害として、お年寄りとか、交通手段がな人が心配です

次なる支援は、ここです

特にぼくたち民間が出来ることは、ピンポイントで必要なものを、必要な場所へです

出来るだけ現地の人と一緒に、チームをつくり、1軒づつまわっていくのがいいと思います

福島県に関しては、もう高速は大丈夫だし、実際、下の道路もほぼ通れました

物資もこれから足りて行くでしょう

次は、上記と心のケアーを考えて動きましょう

★☆★☆★☆★☆★☆



よっしゃ、放射能について、みんなで勉強していくどー

●放射線の影響がわかる本
http://www.rea.or.jp/wakaruhon/mokuji.html


●放射能漏れに対する個人対策
http://www.irf.se/~yamau/jpn/1103-radiation.html


優さんのアドバイスで、要点を抜き出すと

(1) 1000マイクロSv/時に達したら、緊急脱出しなければならない = 赤信号。
(2) 100マイクロSv/時に達したら、脱出の準備を始めた方が良い = 黄信号。
(3) 妊娠初期(妊娠かどうか分からない人を含めて)の場合、300マイクロSv/時に達したら、緊急脱出しなければならない = 赤信号。
(4) 妊娠初期(妊娠かどうか分からない人を含めて)の場合、30マイクロSv/時に達したら、脱出の準備を始めた方が良い = 黄信号。
逆に言えば、(2)や(4)の1割以下(普通の人で10マイクロSv/時、妊娠初期の人で3マイクロSv/時)なら安心して良い
(5) もしも原発の近くで50ミリSv/時を越えたら風下100km以内(左右60度の扇形)の人は緊急に屋内に退避し、
100km以上でも近くの放射能値情報に随時注意する = 赤信号。
(6) もしも原発の場所で急に5ミリSv/時以上の上昇が見られたら、
風下100km以内(左右60度の扇形)の人はなるべく屋内に退避し、
100km以上でも近くの放射能値に随時注意する = 黄信号。




■□■□■□■
~日本復興支援イベント~
『Re:Birth JAPAN!!』

現状を正しく知れば、必ず可能性が見えてくる。
未来をみんなで築いていこう!!
http://kajipito.net/shinentai/
■□■□■□■

◆2011年3月26日(土)
大阪・城東区民ホール
(地下鉄長堀鶴見緑地線・今里筋線「蒲生四丁目」下車 1番出口より徒歩8分
JR大阪環状線、京阪電車「京橋」下車 徒歩12分)

開場:13時  開演:13時半~19時

入場無料 →カンパをお願いします
※ご予約は不要です。直接会場へお越しください。

■□■□■□■

いろいろな情報が飛び交いなにを信じていいのか混乱している今。
福島第一原子力発電所で起こっていること

放射能の特性についてや、対処法の話
現地のお話や、そこで感じたこと

「今、僕たちに何ができるのか?」
一緒に考えてみませんか

ひとりでも多くの方に聴いていただけたらと思っています。

◆内容
◎田中優 講演
◎筒井正浩 トークライブ
◎森源太 ライブ
◎南ぬ風人まーちゃんうーぽー ライブ
◎他、応援でゲストが駆けつける予定あり

■□■□■□■
◆問い合わせ:心援隊 事務局(風人の家)
〒532-0011 大阪市淀川区西中島1-9-16-201
TEL:06-6101-8818 FAX:06-6889-7731
メール:shinentai@painukaji.com
■□■□■□■




ありがとう、ごめんね、許してね、愛しています、うぽー



すべての人に光が届き

世界中に幸せがあふれていきますように♪


★友達にもメルマガ広げてね


■□■□■□■□■□

◆うぽーブログ♪写真が楽しいよ
 http://ameblo.jp/upo-nokiseki/

◆うぽーメルマガ♪まーちゃん通信♪登録&解除
 http://merumo.ne.jp/00535931.html

 携帯ならここへ空メールで登録
 00535931s@merumo.ne.jp

◆うぽーツイッター♪
 http://twitter.com/marchan_upo/

→返信するとぼくにメッセージが届くよ♪
 
■□■□■□■□■□

南ぬ風人まーちゃんうーぽーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ