【和歌山の婚活応援所アップ】の婚活ブログ

【和歌山の婚活応援所アップ】の婚活ブログ

本気で結婚をしたいけれど、結婚相談所への入会を迷っている方に。結婚相談所での日々の出来事や婚活事情などを書いていきます。

2016年から新プラン料金となりました。よろしければホームページでご確認ください。

ただいまブログ整理作業中のため 体裁が整っていないカテゴリーが多々あります。
徐々に整えてまいりますので ご了承くださいますようお願いいたします。

テーマ:

こんな記事を見ました。

 

結婚式。女子にとって人生最大のイベントですよね。

愛する人と結ばれるその日、みんなに「きれい!」と言われたいのが花嫁心というもの。

美しいウェディングドレス姿になるために、花嫁はダイエットにも気が抜けないのです。

 

 

憧れのドレス姿のはずが……

結婚式のためにダイエットをした人は、回答者中55%とおよそ半数。ドレスを試着した際に、

鏡に映る自分の姿を見て「うわっ……おデブ!」と実感したという人が多いようです。

ドレス姿は、ぽっこりしたお腹もたるんだ二の腕も隠せません。“太っている”という現実を、

憧れのウェディングドレスを試着したときに突きつけられるなんて……超ショック!

 純白のドレスは、ダイエットを決意させるのに十分なようです。

 

結婚式前に何キロ減量すればいい?

では、結婚式当日までに、どのくらい痩せればいいのでしょう。

今回の調査では、「何キロ痩せましたか?」という質問に、「2キロから3キロ痩せた」という人が

最も多く、48%という結果に。3キロ痩せると、顔も体もスッキリして、見た目の印象が変わり

ますよね。

3キロ以上の減量は、体力が落ちる、疲れやすくなるなど体調の変化が気になるので、

結婚式前のダイエットは3キロ程度にとどめておくのが良さそうです。

 

大事なのは体重よりも見た目!

また、体重を落とすよりも、体を引き締めることを重視した人が多くいるのも、花嫁ダイエット

の特徴。

結婚式の前にダイエットする理由は“ウェディングドレスを美しく着たい”から。そのために、

ドレスを着た時にどうしても目立っちゃうお腹や二の腕に、適度な筋肉をつけることを

目指したという人が多くいました。

無理な減量をして、肌荒れやくすみ、皮膚のたるみなどを招いては本末転倒。

せっかくのドレスも、美しく着ることができません。

「あと何キロ痩せなくちゃ……!」と数字に振り回されるのは危険ですね。

結婚式当日にきれいな自分でいることが最終目標。コレを見失っちゃうのはNGです。

 

一生に一度のウェディングドレス姿。弛んだ体では、ドレスにも失礼というもの。

美しいウエディングドレス姿の裏には、涙ぐましい努力があるのかもしれませんね


テーマ:

こんな記事を見ました。

 

「ご飯、なに食べに行く?」と聞かれたら、あなたはなんと答えますか。

女子だとたいていは、「なんでもいいよ」っていうでしょう。

男性からすると、すごく困ります。でも、悩んだ結果の答えがイタリアンとか、

オシャレなカフェだとどうですか。無難ではありますが、目新しさはありませんよね。

意外と恋人同士で食べに行くことがない料理といえば、和食ではないでしょうか。

そこで今回は、男性と和食の関係について、とくに男性が初デートで彼女を連れて行きたいお店について紹介したいとおもいます。

 

男性と和食

マルハニチロが、全国の15歳~69歳の男女に対し、和食・日本料理に関する調査を

おこなっています。

それによると、全体で94.4%のひとが和食が好きだと回答しています。

日本人だから……、というわけではありませんが、みんなやっぱり和食が好きなん

ですね。

そんななかで、男性が好きな和食のメニューはなんだとおもいますか。

1位:寿司・・・77.0%

2位:刺身・・・72.2%

3位:天ぷら・・・65.0%

4位:みそ汁・・・64.2%

5位:そば・・・61.0%

第1位が、寿司という結果に。4位のみそ汁以外、家庭で調理するのがちょっと

難しい料理がランクインしてしまいました。

 

■男性が初デートで彼女を連れて行きたいお店

では、男性が初デートで彼女を連れて行きたいお店は、どんなお店なのでしょうか。

ここは詳しく、世代別にみておきましょう。

(10代)

1位:寿司・・・32.5%

2位:海鮮料理・・・18.1%

3位:お好み焼き・・・14.5%

(20代)

1位:寿司・・・25.3%

2位:お好み焼き・・・24.1%

3位:しゃぶしゃぶ・・・20.5%

(30代)

1位:寿司・・・28.6%

2位:お好み焼き・・・26.2%

3位:串揚げ・串カツ・・・19.0%

世代に関係なく第1位は、男性自身も好きな寿司という結果に。

ですが、第2位以下はというと、お好み焼きや串揚げ・串カツが20代や30代で

ランクイン。

10代ならまだしも、20代や30代で初デートがお好み焼きや串揚げ・串カツだと、

女性ならちょっとひいてしまうかもしれませんよね。

ですが、男性からすれば、気取らず、緊張せず、楽しく食事をするという意味で、

お好み焼きや串揚げ・串カツを選んでいるのかもしれません。

 

読んで頂きありがとうございました。

【婚活応援所アップホームページ】


テーマ:

こんな記事を見ました。

 

そこそこ見た目にも自信があって、性格も悪くないはずなのに、なぜか恋人が

できない……、そんな悩みを持つ女性はいませんか? 

もしかすると恋人ができない理由は、“あること”への感度が低いからかも……。

そこで今回は産業経済新聞社とIBJが行った「“婚活とニュース感度”についての

意識調査」を参考に、恋人ができない意外な理由を紹介したいと思います。

 

ニュースを知らない人はモテない!?

あなたは毎朝、通勤電車の中で何をしていますか? スマホで恋愛系コラムや

美容系コラムを読んでいるという人も多いと思います。では、ニュースにはどれだけ

触れていますか?

前述の「“婚活とニュース感度”についての意識調査」によると、「会話の中でニュースの

題が通じることは、 交際相手の条件になる」と答えた人が、未婚男女228名のうち実に46%にのぼりました。

理由として

・「興味のある分野が共有できると嬉しい」(30代/男性)

・「世間を知らなすぎる男性には不安を覚える」(30代/女性)

・「世の中を知っていること=生活能力に通じる」(40代/女性)

といった声が。ニュースを知っているか否かで、会話が盛り上がるかどうかが決まると思ってもいいかもしれませんね。

 

■知っているとモテるニュースジャンルとは?

とはいえ、ニュースと言っても政治・経済からエンタメまで、そのジャンルはさまざま。

どういったニュースが“モテる”ために大切なのでしょうか?

「交際相手に知っておいてほしいニュースの分野は?」と質問したところ、以下のような

結果に。

(1)社会問題(134票)

(2)政治(93票)

(3)経済・金融(91票)

芸能人のゴシップなどではなく、社会問題、政治、経済・金融などにそれなりに詳しい

かどうかが、交際相手選びに影響してくる様子。

「私、なんで彼氏ができないの?」と思う人は、もしかすると上述のような“ニュース力”

が足りないのかもしれませんよ。

 

以上、ニュースを知っているかどうかが恋人ができるカギだという調査結果を

紹介しました。

特に結婚を意識するような年齢の男女では、待機児童や介護問題など、社会問題への

関心がきちんとあるかどうかが、相手を選ぶときに重要になってくるかもしれませんね。

自分磨きの一部として、ニュースを読むことを意識してみてはいかがでしょうか。

 

読んで頂きありがとうございました。

【婚活応援所アップホームページ】