待ち遠しい只見線の開通

テーマ:

 18日(日)、願い事が叶うと言われる西会津町の大山祇神社に参拝に行ってきた。

 

 片道4キロの山道を歩いて登ったところに本堂があるのだが、6年前から春になると毎年参拝に来ている。

 今回は帰り道は只見線沿いに三島町・金山町・只見町・入広瀬を通ってきた車いつ通っても只見川沿いの景色は美しい、神秘の湖と言われる沼沢湖などもあり森林浴には最適なところだ、そして疲れた心も癒される。

 休日にはのんびりと、昼は只見川や沼沢湖で釣りをして、夜にはゆっくりと星空星空を眺めながら温泉につかりたい、ここはそんな気持ちにさせる素敵なところなのである。

 しかしここにも少子高齢化や限界集落などと言われる現実がある。かつて観光お土産施設だったと思われるところ閉鎖されていたり、賑わっていたいただろうと思われる廃墟になったスーパーなど厳しい現実があった。

 でもすれ違う車は大半が関東や新潟・長岡ナンバー、日曜日なので帰省目的の車もあると思うが、多くは只見川沿いの景色・空気に触れたい・・・理屈じゃないか?無意識に車を走らせていたらここに来ていたのかもしれない。

 

 数年前、あるタレントが一番好きな路線は只見線だと言っていたことを思い出した。先日にはJR只見線の復旧も決まり、地元や鉄道ファンには嬉しいニュースだろう爆  笑

 あとはR289の開通だ電車開通すれば長岡・三条からも近くなる。そして只見線にSLを走らせれば(山間部ではあるが環境問題にはここには目を瞑ってほしい)多くの人に注目してもらえる・・・あと何年かかるのかな?そんな事を考えながらまだ残雪が残る田子倉湖を眺めて帰ってきました。

 

E.YOKOYAMA

AD