「本当は恐ろしいグリム童話」 桐生 操 | じぶんを たいせつに。
2004-01-20 21:48:30

「本当は恐ろしいグリム童話」 桐生 操

テーマ: ┣【あ~さ行】
本当は恐ろしいグリム童話 (WANIBUNKO)/桐生 操

¥600

本来グリム童話は、子供に笑顔で話せるような物語ではなかった。
残酷な表現や、赤面してしまうような性描写。
白雪姫やシンデレラをはじめとする童話の真実の姿を書き描く。




再読。
いつだったか、童話ブームが訪れた時に購入したもの。
小さい頃から本は好きだったし、童話もいろいろ知っていたから「本当は・・・」なんて一体なんのことかと興味を抱いて買ったものでした。
初めて知る "真実" と言われるものに驚きつつも読み終わって思ったのは、私は真実じゃない童話が好きだということでした。

後から改正された童話には、本来の白雪姫に見られたようなエディプス的葛藤が当てはまらないように、グリム兄弟が最初に書きたかったものとは違ってきてしまうかもしれない。
それでも、改正された後のものが好き。
ただこの本は、グリム童話はこういう意図のもとに書かれたんだ、と知るのにはいい1冊かもしれない。
加えて、当時の時代背景を知ることができるのも利点。


★★★☆

yocoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ