選べない | 使いみちのない風景
October 27, 2005

選べない

テーマ:日々おもうこと

自分の身に、急に、いろいろなことが起きている。

それを引き起こしたのはすべて私の行動に拠るのだけれど、

どうにも抜き差しならない。

人生を左右するくらい大きな(少なくとも私にとっては)

決断を迫られている。

まかり間違ってもアミダで決められるような代物ではない。


どちらを選んでも後悔してしまいそうな、

極端にのんびりした言い方をすれば

「ちょっと困ってしまっている」状況なので

こうなるともう外的な力に拠るものでないだけ、マシかもしれない。

何をも恨むことができないから。


それでも人生の重みを実感できずにいる、

まるで子供のような私の軽薄さはどうだろう。

今までの私が子供であるならしかし、

いまこのときが成長するタイミングなのだろう。

私が選ぶのだ。


こういうことに直面すると 改めて、

その重圧の大小にかかわらず毎日、誰もが、

生活の中で何かを捨取選択しながら生きてきたんだと実感する。


今私はどう考え、いかに受け止めるのか。

そのことを少し考える準備だけでもしておけばよかった、

と少し悔やんでいる。

何か抜き差しならない状況で、自分が変わるであろう瞬間のときに

そのとき自分は、あなたは、どう考え、いかに受け止めるのか。

そこに決断を委ねられるか。

何を取り、何を捨てても自分を信じられるのかと。




unuselesslandscapeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス