1 | 2 次ページ >> ▼ /
December 28, 2004

スマトラ島沖地震

テーマ:日々おもうこと
M9.0を観測したスマトラ島沖地震。

各地で被害状況の把握に手間取り、情報は交錯していますが
確認された犠牲者は2万4千人とも2万5千人とも言われ、
行方不明者は5000人、未だその数は増え続けていて
被害者は全体で4万人にものぼるという見方もあります。

モルディブ、スリランカ、スマトラ島などの映像は酷いものです。
大津波が引いた後の海岸など
目を覆ってしまうような陰惨極まりない光景だったといいます。

この地震と津波で命を落とされてしまった方々のご冥福を心から祈ります。


1人の近しい友人がアジアを旅している最中です。
最後にメールが来たのは25日で、翌日からバングラディシュに入る
との事でした。
インドとミャンマーに挟まれ、インド洋に面した貧しい国です
もともと広大なデルタ地帯でもあり、
サイクロン・津波などこと気象においては災害の絶えない地域です。

安否確認は親族でなければ出来ない。
民放など当てにせず、目を皿にして手当たり次第のメディアに目を通しても、
“詳細不明”以上の情報がない。
駐日大使館の発表しているニュースにもバングラディシュの被害がどのくらいか、すらも載っていない。
情報が一切ないというのは・・・何も手につかない心境です。


どうか無事で居て欲しいと願うばかりです。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
December 27, 2004

寒冷の候・・・

テーマ:日々おもうこと
やっぱりパソコンが欲しいです。
自分のパソコンを持っていないので、
毎日会社でこれを書いています。

不便です。

休みの日の更新など、
更新自体を諦めるか、休日に会社に行くなどという私にとっちゃ3本の指に入るかというくらいのストレスが溜まる行為を冒すか、
わざわざネットカフェに行き、更新だけして帰ろうと思ってたら漫画にはまり気づいたら軽く4~5時間は経過。お金も時間も無駄にし、何で解ってんのにやっちゃうんだろうと頭をもたげてネットカフェを後にするか・・・


などですね
ロードオブザブログはけわしー



今年の忘年会は美々卯でうどんすき
美味しかったです。ああいう粉の美味しさが残っているんだけど
粉っぽいわけではない感じのうどん、久しぶりでした。ほんとうまかった。
庶民の私には値が張るのでランチで行きたい。

ランチといえば
最近お気に入りでよく使うのが恵比寿の「nana」
店内は可愛くて、お昼は6種類くらいの定食から選べます
この前行った時カーディガンズが流れてましたが
とても雰囲気に合っていました。と言えば、イメージして頂けるかと・・
量は女の子サイズですが、ご飯のお代わりは自由。
7分づきの発芽玄米を使っていて、おいしいです。



もう今年も残すところあと4日
さよなら、マイ申年・・・

きょうのいちまい

「GOOD GIRL」/KIM PARKER WITH THE TOMMY FLANAGAN TRIO

あのチャーリー・パーカーの継娘、キム・パーカーが伸びやかに歌い上げる
ジャズ・ボサ?ラウンジ・ジャズ?
「Sometimes I'm Blue」も好きです。
年末の忙しさもたまには忘れて、良い音楽に耳を澄ましましょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
December 22, 2004

「No Spectators」

テーマ:日々おもうこと
毎年真夏の1週間、アメリカの砂漠都市ネバダで行なわれる超巨大フェス、
Burning Man

方々の諸国から3万人もの参加者が、水と食料と思い思いのパフォーマンスを持ち込み、秩序を守りつつも自分勝手にイベントを作り上げていく。
何も無いけれど何でもできる、けれど危険で過酷なフェスティバル。
会場は砂漠。
生活はサバイバル。
金銭は無用の長物。
参加者は表現者。
ポリシーは
「No Spectators (傍観者になるな)」


昨年、知り合いの知り合いが参加していたことから知ったこのフェス。
絶大な興味を覚え、色々調べていた時に下記のサイトに出会った。

http://www.magarisugi.com/

マガリ・スギさんはバーニングマンへの参加をはじめ
とにかくいろいろなおもしろいことをされていて、
イベントレポなんかも読めてタメになるので
時々覗いていたら、発見したのが「Santarchy」
マガリさんによると94年ごろから
世界各地で開催されていたらしいこのイベント。
今年で行われる、日本では2回目の「Santarchy」。

電車の車両やバーカウンターや吉牛にいるのが全員サンタだったら・・・
曲がり角の向こうからいきなりサンタの大群が走ってきたら・・・
トイレで横一列にサンタが並んでたら・・・
ちょっとおもろいじゃん

というゆるい祭り。

楽しそうです。見る阿呆より踊る阿呆になってなんぼです。
アメリカのSantarchyなんかは凄そうですね。

ここでも、もちろん「No Spectators」の精神は健在。
楽しい事は用意されているものではなく
自らが作り上げていくものだ!と。
サンタだもの。

12月25日は渋谷が赤い!


きょうは・・・ 
 
「SAMBA」/ WALTER BLANCO

サンタ?サンバ?サンバ・・・



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
December 21, 2004

ぶらり鎌倉 其の二

テーマ:さまざまな場所
光則寺がよかった。
鶴岡八幡宮や高徳院と比べなくても、
山を背にひっそりと建っているそこは
まさに「山寺」といった風情を醸していて、
私のほかに人が居ないのも幸いだった。

門の両脇には春になったらここの風景は見事だろうな、
と思わせる大きな枝垂桜があって、
狭い境内の中央にはカイドウの巨木が鎮座し、その周りをたくさんの樹木や花が囲む
冬を除けば一年中種々の花を楽しめるようだった。
梅もいいらしい。

脇の細い道を登った小高い山には、日朗が幽閉されていたという石の牢があり、野生のリスが顔を出す。
その場所から眺める由比ガ浜もきれいだった。


本当は北鎌倉にも行こうと思っていたのに、
そんな時間は皆無
帰ってきてから改めて鎌倉の情報誌を見てみる。

北鎌倉、よさそう・・・。

地図を見ると
それ以外にも、見落としそうなほど奥の方に
山に囲まれてぽつんと建っている寺があったりとそそられる。
しばらくは鎌倉で楽しめそうだな・・・。

やっぱり山は落ち着きます。
でも、山も海もある、というのもいい。
将来はそんなところに住みたいものです。



たぶん今月いっぱい?くらいしか見られないらしいのですが
以前に書いた中目黒の「asit」↓です
 
 http://r.gnavi.co.jp/a257000/


ブログ(左下からどうぞ)も作ったはいいけど、
ガンダムの話とかドラクエの話とか
せっかくカメラ付き携帯を買ったかと思えば
客のづら とか あご とかの写真ばかり
もっと、おいしそうなごはんとか!!
シェフが鍋振り回してる姿とか。

そこがいいのかな。



ほんにちのいちまい。

「SLEEP WALKER」/ スリープ・ウォーカー

モンドグロッソなんかでも活躍した中村雅人さんや吉澤はじめさんを
中心としたグルーヴ・ジャズ・バンド
かっこいい!!やばい!言うことなし!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
December 20, 2004

ぶらり鎌倉 其の一

テーマ:さまざまな場所
というわけで
行ってきました、鎌倉。

なにげに初めてだったのですが
はまりました、鎌倉。

結構近いんですね、鎌倉。

もともとが唐突に思い立っていきなり行ったので、
予備知識もあてもないぶらり旅でした。
ぶらり。

鎌倉に着いて、江ノ電に乗って長谷まで。
初めて鎌倉来たんだから、とりあえず大仏拝んどこう
と思い、高徳院へ。
途中、寄り道癖が出て脇へ逸れ、小高い山と住宅街の狭間の道へ。
後から気付いたけど、あと50mほどで高徳院だったところを500mは歩いた。
お陰できれいな紅葉が見ることが出来たが・・

(今書いててはたと気付いたけど、私はこういうことがよくある。
普通に歩いていても、とにかく寄り道したり、脇道に逸れるのが好き。   そう考えたら何だか私のこれまでの人生すらも、その性格を象徴してるようじゃないの)

大仏様は想像していたより蒼くて、曇っていたせいか何だか凄く小さく見えた。

その後光則時を見て、海沿いを散歩し、ぐるっと周って鎌倉駅まで。
そこから更に若宮大路を進み、鶴岡八幡宮に着いたときにはもうすっかり暗かった。

夜の鶴岡八幡宮は圧倒的に壮大で美しかった。
その感動たるや、本当に口を半開きにして、辺りをキョロキョロ見回しながら境内を小一時間ほども徘徊してしまったほどだ。

曇っていたせいで海風が寒く、
海は群青を薄い灰色でのばしたような色、
空は紺と白と山吹色を混ぜたような色をしてた。

ところで四方八方を山に囲まれて育ったせいで、
海というものにどうしても馴染めない。
嫌いではないのだけれど、視界に何も無いという状況と聞きなれない波の音は、地に足が着いてないような不安定な気分にさせられる。

そんなことってない?山育ちの人・・・



続きます



本日のいちまいっ

「ALL THE BEST!」/ BERRY LIPMAN

夏だなーしかしこれ



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
December 19, 2004

その場所では今も同じ時を刻んでいる

テーマ:さまざまな場所
インドのヴァラナシに強く惹かれます。

私はヒンドゥー教徒ではないですが、
必ず行きたいと思っています。


何年か前に遠藤周作の「深い河」を読んだとき、
自分が今こうして過ごしている間にも
その場所では同じ時を刻んでいるんだと
そこで生きて暮らしている人びとを、
まるでふる里の親や友人をふと想うように
でもそれ以上の強い感情で想いました。

どんな場所について書かれた本を読んだときにも
こんな風に感じたことはなかったので、
それ以来時々ヴァラナシについて考えては
そこにある、ありとあらゆるものを見て触れたいという衝動に拍車がかかります。


「信じられるのは、それぞれの人が、それぞれの辛さを背負って、深い河で祈っているこの光景です」
と、美津子の心の口調はいつの間にか祈りの調子に変わっている。
「その人たちを包んで、河が流れていることです。人間の河。人間の深い河の悲しみ。その中にわたくしもまじっています」
                   
                  遠藤周作 『深い河』 より 


さまざまな境遇でここに来てしまった人たちの
それぞれの視点で書かれています。

私は何故か
「この世のどこかに必ず生まれ変わるから 探して、私を」
という言葉を残して死んだ、妻の生まれ変わりと思われる少女を探す
「磯部」という男の視点に重なって読んでいました。

私自身は輪廻転生を信じてはいないのですが、
こんなにも惹かれるのは
前世があるなら、インドに関係していたのかもしれません。



今日の一枚

「Aria on the G string」/Manhattan Jazz Quintet

デヴィッド・マシューズ率いる壮大なジャズグループが
バッハをアレンジ。
アリアはまじでいいです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
December 18, 2004

もうピアノ行きたくない

テーマ:日々おもうこと
一昨日、テレビをつけていたら
ある番組が
「親になる練習」をしている集まりのようなものを取り上げていました。
その部屋には、
年齢も性別もさまざまな大人たちが大勢ひしめいて二人一組になり、
親役と子供役に分かれ、
子供とのコミュニケーションのとり方を練習しているのです。

所狭しと並んだ彼らが
講師の支持に従って、一斉に

子供役「もうピアノ行きたくないの」
親役 「そう?ピアノ行きたくないの?どうして?」

とやっているさまはあまりに奇妙で、
芯から凍り付いてしまいました

自分の子供との接し方がわからずに一生懸命になっている人を
非難する気にはなりませんが、
どうしてこんなことが起こっているんだろう、と暗澹たる気持ちになります。
虐待も然り


本当は、
「難しく考えすぎるから難しいんだよ。向こうも人間なんだから思うように行かない事だってあるって!まーなるようになるよ!」
と言いたい。
話して、聞いて、褒めて、叱って、
良いことも悪いこともたくさんの経験をさせ、見守り、時に首を突っ込んだりブチ切れたり一緒に泣いたり笑ったり、その子が学んでゆくのを見ていてあげればいいんじゃないか、と。

でもそんなことはわかっていてもどうにもならないくらい、
子供を持つということは、きっと今の私が考えるよりずっと
複雑なことなのでしょう


私はたぶん上記のように育てられたただの幸せ者で、
尚且つ親になった経験のない私に
こういった事に提言をする権利はありません


「親」とは何でしょう
「養育」とは
「教育環境」とは・・・
いろいろなものがそれぞれちょっとづつ、
問題の一端を担っている、と考えると
迷路に迷い込んだみたいになります。
出口はそれぞれで見つけるしかないのでしょうが

でも、見ず知らずの人間を相手に、
ピアノに行く行かないだののやりとりをするよりは
もう少しほかに出口に繋がる方法があるのではと思ってしまうのです


私は「ピアノやめたい」と言ったら
押入れに閉じ込められました



本日のone disc

定番ですが大好きです(既にネタが・・・)
いいもんはいいんだからいいのよ

「Ultimate Collection」/ DE BARGE
stay with me、不朽の名曲です



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
December 17, 2004

ゆるゆるで適当

テーマ:日々おもうこと
昨日は更新もせず何をしていたかというと、
飲んでました。
1人で。

中目黒にある「asit」というバー?で、
「じゅんさん」と「きみちゃん」という二人がやっていて、
よくお邪魔させて頂いています。

アジアの、リゾートと言うよりは庶民が集まる屋台か海の家のような感じで、前述のとおり1人でも、友達とでもいい。
ゆるゆるで適当なかんじが落ち着きます。
でも、ごはんは何を頼んでもほんと美味しい。

絶賛してしまいましたが

大事な取引先の接待や、
初めて自分の両親に彼氏を紹介する席には向かないかもしれません。
ご注意を


今日の一枚はお休み

あとで更新・・・
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
December 15, 2004

一年が早いなんてぼんやり呟いてるうちは

テーマ:日々おもうこと
12月15日。
年の瀬も近づいて参りましたね・・・
友達に
「1年、早いね。なんだか意味もなく無性に焦るよ」と言ったら、
「私なんか最近一日が凄く早いよ。」と返ってきて
考えさせられてしまいました。
一年が早いなんてぼんやり呟いているうちはまだ、
日いちにちを精一杯やってないのかなぁ、と。

昨年の元旦に掲げた目標を、その時の気持ちと共に思い出せますか?

覚えていないです。

毎日を大切に生きなければ。
なんて、太古の昔から言われているような覚え書きですが・・・
濃い時間を過ごしたいです。いつも。
もし人生に年輪のようなものがあるとしたら、
そんな時間を過ごしたところは、
後から見返したときに、そこだけ凄く太くなっているんだろうと思います。

本日の一枚(いつから始めたんだ)

『pop pop』/ Ricky Lee Jones

歌声が好きです。 CDで聴いているのに、凄く臨場感がある。
幼い色気と言うか、おとなの純粋さと言うか。
これはジャズのスタンダードナンバーをカバーした一枚ですが
秋の夜長にこれほどぴったり合う音楽を、他には知りません。
年の瀬だってさっき言ったばっかですが。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
December 14, 2004

どうせ食べるなら、おいしいものが食べたい

テーマ:日々おもうこと
貼り付け方がわかったので
とりあえず紅葉の余韻でも・・・
fukutarouさんありがとう。

そう、その髪を切りに行ったときのことですが
約束の時間までまだ結構あって、
あまりにも腹が減っていたため
ご飯を食べられるところを探しました。



ファーストフードとかコーヒー屋とかじゃなくて、
どうせ食べるならおいしいものが食べたい。
しかしこんな童顔の女が20時もまわった青山で1人で入れるところ・・・
ウィンドウ越しに、きちんとセットされた
テーブルウェアなんかが見えるところはまず無理。
こういう時に限って良さそうな店に巡り合わない。

結局入ったカフェレストランの如き店は、荷物を置く椅子も
持ってきてくれないちょっと不親切な店でした。
リゾットは美味しかったけど。

表参道~南青山界隈で、夜、女性が気兼ね無く1人ごはん出来る
おいしいお店があったら教えて下さい。

恵比寿・中目黒の「ココ行け!」情報もお待ちしてます・・
私の気に入りの店なども載せていきます。でも持ちネタ少ないので小出しにね。
はじめはやっぱ・・・ニヤリ
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。