バスケ「前十字靭帯損傷にならないために①」 | 吹田市「うの整骨院」【バスケと音楽とキャンプを愛する院長日記】

吹田市「うの整骨院」【バスケと音楽とキャンプを愛する院長日記】

吹田市青葉丘南にある、うの整骨院です。
スポーツ障害や神経痛、関節痛、筋肉痛など様々な健康情報を
書いていきたいと思います。


テーマ:

今回から4回に分けて

バスケ選手における前十字靭帯損傷について

書いていきたいと思います。

 

1回目「概要」

2回目「前十字靭帯損傷になるバスケ動作」

3回目「治療法、解決法」

4回目「まとめ」

 

今回は簡単な概要です。

 

前十字靭帯損傷は選手生命をも脅かす

大変な怪我です。

 

「太ももの骨」に対して「すねの骨」が前方へ脱臼しないように

前十字靭帯が付いているのですが、

スポーツや日常生活などにおいて靭帯が引っ張られたり

捻る方向へ負荷がかかった時に切れてしまいます。

これが前十字靭帯損傷です。

 

症状は膝の腫れや痛みは勿論、

膝が抜ける、崩れる、外れるといった症状も現れます。

完全断裂になると手術適応となりますが、

部分損傷であれば保存的治療で経過をみることもあります。

単独損傷よりも半月板や内側側副靭帯損傷を

合併することも非常に多いです。

 

【バスケの動作で危険な瞬間】

 

ターン、ピボット、ジャンプ着地、ストップ、

後方へのスライド、方向転換、切りかえし

などです。

 

こんなにあったらバスケできへんやんか!

 

とは思わないようにお願いします(笑)

きちんと力学的、効率的な動作が

できていれば傷めることはありません。

その解決法はまた後日書きますので

少々お待ちください(^^)

 

次回は傷めやすい実動作の紹介を

していきたいと思います。

 

=============================

大阪府、吹田市、茨木市、豊中市、摂津市、高槻市、箕面市で

整骨院をお探しの方はうの整骨院へご相談下さい。

 

ご予約はこちら→06-6875-6152

 

LINEでのご予約はこちらから→ 友だち追加

 

3か月以上治らない方へ!

特別診療のご案内

 

トレーナーが必要なチーム、個人の方へ!

トレーナー派遣

 

その他詳しくはホームページをご参照下さい。
↓   ↓

うの整骨院HP

 

=============================

 

吹田市にある【うの整骨院】さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ