筋力がないと傷めやすいは迷信です | うの整骨院ブログ

うの整骨院ブログ

吹田市青葉丘南にある、うの整骨院です。
スポーツ障害や神経痛、関節痛、筋肉痛など様々な健康情報を
書いていきたいと思います。


テーマ:

今年の冬は本当にギックリ腰、ヘルニアの患者様が

多いのですが

一番多く質問されるのが、
「筋肉が弱くなっているから傷めたのか」
「筋肉が硬いから傷めたのか」
ということ。

 

おそらく筋力という意味で皆さんおっしゃっているのかと
思いますが、筋力は障害とはあまり関係ありません

 

まず筋力が弱いから障害に繋がるかと言えば答えはNo。
日常生活を送れない程の筋力しか持ち合わせていない人なんて
宇宙中探しても存在しません(病気や加齢によるものは除く)
筋出力(筋力)で優位に働くのは、
スポーツや仕事、日常生活での瞬間的なパワーが必要な
時だけです。
その瞬間的なパワーがないからと言って
すぐ障害に繋がるなんてことはありえません。
筋力が障害に繋がるとしたら、
世界が怪我人で埋まってしまいます(笑)

 

次は筋肉が硬くなっているから傷めたのか。

半分は合っていると思います。
しかしこれも全てがダメかと言うとそれもNo。
確かに硬さのせいで、動作を行った際に
無理な負担がかかり傷める場合もあります。
でも、硬くても怪我をしない人も多く存在しますし、
プロのスポーツ選手でも筋肉がカチカチになっているのに
怪我なくプレーしている選手も多くいます。
これでは怪我をするしないを決定付けるには
根拠が乏しすぎますよね。

 

ではなぜ筋肉が硬くても傷めないのか
逆に柔らかいのに傷めることがあるのか

 

答えは次号へ続きます。

 

=============================

大阪府、吹田市、茨木市、豊中市、摂津市、高槻市、箕面市で

整骨院をお探しの方はうの整骨院へご相談下さい。

 

ご予約はこちら→06-6875-6152

 

LINEでのご予約はこちらから→ 友だち追加

 

●遠方で当院まで来られない方、県外、海外の方

●他でも治療しているが改善しない方

そんな方達の要望により遠方でも治療が受けられます。

詳しくはこちらをどうぞ→特別診療のご案内

 

その他詳しくはホームページをご参照下さい。
↓   ↓

うの整骨院HP

 

=============================

 

 

うの整骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス