バスケにおけるジャンパー膝~リバウンド編~ | うの整骨院ブログ

うの整骨院ブログ

吹田市青葉丘南にある、うの整骨院です。
スポーツ障害や神経痛、関節痛、筋肉痛など様々な健康情報を
書いていきたいと思います。


テーマ:

今までブログを読んでくれている方は
もうわかっているかと思いますが、
ジャンパー膝が治らないのは、

 

「バスケ動作に非効率的な癖がある」からです。

 

はっきり言いますが、もし動作の癖が原因で
ジャンパー膝になっている場合は、
その動作を直すだけで、簡単に痛みは改善します。
マッサージ?ストレッチ?電気治療?トレーニング?
いやいや、何も必要ありませんよ(^o^)

 

今回はリバウンドについて書いていきたいと思いますが、
以前のブログもぜひ参考にしてもらえればと思います。

こちらを参考にして下さい(^^)
↓    ↓    ↓
(参照→バスケにおけるジャンパー膝~概要~
(参照→バスケにおけるジャンパー膝~シュート編~
(参照→バスケにおけるジャンパー膝~レイアップ編~

 

リバウンドを取る場面で体の姿勢というのは
様々な状況によって変化します。

 

①ボールの跳ね方による落下位置の変化
②相手とのポジション取り
③垂直跳びorランジャンプor斜めジャンプ取り

 

リバウンドって実は綺麗に垂直跳びで取れる場面って
あまりないんですよね。
ですので、どうしても無理な姿勢でリバウンドに行かないと
ダメな場面があります。
しかし、そんな場面でもやはり絶対にやってはいけない
動作があります。

 

それは「後方加重でのジャンプや着地」です。

 

実際によく遭遇する悪い例です。

 

 

これは良い例です。

 

 

どんな場面においてもジャンプ時や着地時に
後方加重になっていると、
膝前面への負荷が大きくなりすぎて
ジャンパー膝になりやすいのです。

場面によっては体が反り気味で取らなければならない場面もありますが、

その場合でもバランスの取り方を知っている選手は、

きちんと着地時にきれいな姿勢を取っています。

これはジャンプをする瞬間も同じです。

 

要するに以上のことを簡単に言うと、

股関節と膝関節をきちんと曲げて

頭とお尻でバランスを取りましょう!
というだけです。

 

さらに言うと、後方加重での姿勢だと
次の動作に移りにくいという欠点があります。
リバウンド後選手が行う動作は、
ドリブルorパスだと思いますが、
どちらの動作にも移行しにくい姿勢となります。

ですので、怪我はしやすい、パフォーマンスも低下する、

良いことは何一つありません。

 

僕はトレーナー活動で色々な学校や大会に行きますし、
自身もバスケをしていますので断言できます。
意外にこういった癖のある選手は多いです!

もし膝に痛みを抱えている選手がいれば
過信せずに一度自分の姿勢やプレーを
見返してみて下さい!
もしわからなければいつでもお力になりますので、
お気軽にご連絡下さい(^o^)

 

=============================

大阪府、吹田市、茨木市、豊中市、摂津市、高槻市、箕面市で

バスケの障害、ジャンパー膝、膝蓋靭帯炎に強い整骨院を

お探しの方はうの整骨院へご相談下さい。

 

ご予約はこちら→06-6875-6152

 

LINEでのご予約はこちらから→ 友だち追加

 

●遠方で当院まで来られない方、県外、海外の方

●他でも治療しているが改善しない方

そんな方達の要望により遠方でも治療が受けられます。

詳しくはこちらをどうぞ→特別診療のご案内

 

その他詳しくはホームページをご参照下さい。
↓   ↓

うの整骨院HP

 

=============================

 

 

うの整骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス