バスケにおけるジャンパー膝、膝蓋靭帯炎~レイアップ編~ | うの整骨院ブログ

うの整骨院ブログ

吹田市青葉丘南にある、うの整骨院です。
スポーツ障害や神経痛、関節痛、筋肉痛など様々な健康情報を
書いていきたいと思います。


テーマ:

まずはジャンパー膝とはなんぞやという方は

こちらを参考にして下さい(^^)

↓    ↓    ↓

「バスケにおけるジャンパー膝、膝蓋靭帯炎」

 

バスケをしていてジャンパー膝になる人は結構多いのですが、

その一番の原因は実は・・・

 

「バスケ動作中の癖」です。

 

安静にして痛みが軽減しバスケを始めたら

また痛くなって・・・と再発を繰り返す方!

そういった方は「動作の癖」を直さない限り

再発を繰り返すことになります。

逆に言えば「動作の癖」さえ直すことができれば

簡単に治る疾患だと思います。

以前に「ドライブからのシュートモーション」で

ジャンパー膝になりやすい人の特徴を書きました。

(参照→バスケにおけるジャンパー膝~シュート編~)

 

これと同じ原理なのですが、同じようなことが

レイアップでも力学として発生しています。

 

レイアップでの踏み込み時に後方加重になっていると

太ももの筋肉に過負担がかかり、膝を傷めてしまいます。

 

後方加重になる原因は下記の場合が多いように

思います。

 

①ディフェンスを意識しすぎ

ディフェンスを意識しすぎて体がのけ反ってしまい

後方加重になっている

 

②ゴールとの距離感がわかっていない

・踏み込み位置がゴールに対して近いまたは遠い

・ドライブスピードとゴールの距離が合っていない

・速いスピードでゴールに入っていきレイアップに移行する際、

前方への勢いを止める為にブレーキをかけてしまい

後方加重になっている

 

今まで多くのバスケをしている選手のジャンパー膝を治療してきましたが、

これらの原因が多いですので、一度注意してみて下さい。

 

意識的に癖を直せないのであれば

治療と併用してレイアップ用のトレーニングも

ありますので、当院へお気軽にご相談下さい(^^)

 

=============================

大阪府、吹田市、茨木市、豊中市、摂津市、高槻市、箕面市で

バスケの障害、ジャンパー膝、膝蓋靭帯炎に強い整骨院を

お探しの方はうの整骨院へご相談下さい。

 

ご予約はこちら→06-6875-6152

 

LINEでのご予約はこちらから→ 友だち追加

 

●遠方で当院まで来られない方、県外、海外の方

●他でも治療しているが改善しない方

そんな方達の要望により遠方でも治療が受けられます。

詳しくはこちらをどうぞ→特別診療のご案内

 

その他詳しくはホームページをご参照下さい。
↓   ↓

うの整骨院HP

 

=============================

 

うの整骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス