秋の群馬、ちょっとだけ長野ドライブ その2 ☆ 草津温泉 奈良屋と湯畑 | 中野田500へいらっしゃい ☆ アメブロ版

中野田500へいらっしゃい ☆ アメブロ版

浦和レッズ&スポーツ観戦 + ドライブ&旅行 + 舞台・音楽・芸術エトセトラ


テーマ:

2018.10.21

 

 

草津に到着して今宵の宿、奈良屋にチェックイン

明治十年創業の老舗旅館

西の河原通りにあり、湯畑から徒歩30秒

 

 

帳場(フロント)

 

 

館内は全て畳敷きで落ち着いた雰囲気

スタッフは親切、丁寧、気の利く接客で文句なし

宿泊客も日本人は上品な人が多かった

 

 

 

 

 

温泉は男女別入れ替え制で、それぞれ内湯と露天風呂がある

草津には源泉が6つあるが、奈良屋は「白旗」の湯

湯守2人が温泉温度を含め管理している

やや白濁していて、硫黄臭はまずまず

とはいっても万座ほど強烈ではない

 

 

部屋に戻ってさっそく日本酒

近藤酒造「赤城山」

湯上りの一杯は最高!

 

 

 

 

夕食前に浴衣と雪駄で散策

最初に湯畑の上にある草津山 光泉寺を参拝

日本温泉三大薬師の一つで、本尊は薬師如来

 

 

「白旗」の源泉

 

 

 

 

相変わらず湯量が凄い

相変わらず観光客が超多い

 

 

 

湯畑の北側にある白根神社にも参拝

「吾妻郡十二座従一位白根明神」で、吾妻郡に鎮座する神社の中では格式は高い

白根山信仰の中心で、祭神は日本武尊

 

 

 

 

宿に戻って夕食

先付、八寸、(写真にはない)造り

御椀は鱧、松茸、海老、鶏肉の土瓶蒸し

強肴はクエ鍋

日本酒は龍神酒造「尾瀬の雪どけ」

 

 

 

 

 

煮物は甘鯛蕪蒸し

止椀の赤出汁と飯物のきのこごはん

水菓子は紅芋と柿を使っていた

日本酒の御代わりは永井酒造「谷川岳 とび辛」

「大吟醸でないもの」という自分の我儘を、仲居さんが親切に地元群馬優先で選んでくれた

美味しくて、落ち着いて食事ができて大満足!

 

 

食後に館内のカフェ&バー「喫茶去」でまたもアルコール

今回は白ワイン

グラスが大きい・・・

 

 

 

 

もう一度夜の湯畑を散歩

ライトアップが美しい

宿に戻り、温泉に浸かり、就寝

 

さらにつづく~

 

 

崑崙商人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります