RCS第5-6戦② チーム戦編 | オマリーズ ストライダー

オマリーズ ストライダー

岐阜でストライダーチームを2014年に立ち上げました!
https://www.facebook.com/omalleyz


テーマ:

RCS第5戦6戦
続きです


チームブログのクセに自分の事ばかり書いてます
チームの事を書くのは難しいです

みんな頑張ってるけど
みんなが報われる訳ではない
目立った活躍した子を書くのは簡単だけど
頑張ったのは、その子だけじゃない

A決勝を目指せる子がRCSの為に遠征するのは理解できても、
C決勝D決勝を目指しての遠征は簡単ではないと思う


ポイント獲得に近くても遠くても
オマリーズの大事な戦力である事に違いも差もなく
ポイントゲッターのみが評価されるのは違う
でも、それを表現するのは本当に難しい

たぶんチーム内でも私と同じ想いを共有できていて
私が理想とするチーム戦ができていていると思う


しかし、
2017のグラチャンで勢いをつけたオマリーズが
2018年はチーム年間表彰をもう一度目指すと掲げ
勢いとは裏腹に1戦~4戦まで大苦戦
予想以上の苦戦に、もう既に
トップ10入りも厳しいのではないかと少し諦めムード
練習会のあり方、やり方への疑念や迷いも…


私の勝手な思いですが
オマリーズとして
ランバイクが好き、レースが好きだという
ライダーを育てたい

技巧派のライダーを育てたい

この2つが繋がってると思うのは私だけかもしれませんが

練習にしても
走力を鍛えるトレーニングは辛いだけだけど
技術を習得してくのは、楽しい事もある

レースも
走力しか持ってなければ、走力で負けた時点で終わりだけど
技術があれば、ひっくり返す可能性もある

技術があれば楽しみ方が増えると
私の勝手な思い込みに付き合わされてきたメンバー達


オマリーズの子たちは
レースが上手い子が多いけど
走力で完敗しちゃう場面が多かった

だけど、それも技術的な面で自信が付いてこれば
それなりの戦い方ができると思ってたし
それなりの戦い方ができてこれば
レースが好きで、勝ちたいと思ってる子ならば
走力のトレーニングも前向きに取り組むようになるし
そのうち走力も追い付くと思ってました


だけど、ここまで苦戦が長引くと
さすがに堪えます

やっとここへ来て
この第5.6戦でオマリーズの子たちの大活躍
本当に嬉しかった

獲得ポイントが100ポイントを越えたもの
何年ぶりだろうって思えるぐらい
遠い昔の話に思えてくるし

ポイントまで届かない子も
良い走り、らしさが見られたレースが多かった


結果もだけど、結果以上に
一緒に練習してきた仲間の活躍に
一緒に喜び
今チームのみんなが前向きに
ランバイクに取り組んでいる事


これがやっぱり何よりも嬉しい


ここまで本当に時間がかかった

押し付けたつもりはないですが
子どもの意志がしっかりする5歳6歳まで辛抱して欲しい
ストライダーが嫌いになるような個人練習は避けて欲しい
って伝えながらも、当然半信半疑だったと思うし
結果に報われず苦しかったと思う
「トウマはそれで勝てたかもしれないけどウチの子は無理」
直接言い切られた事もあったし
言わなくても皆そう思ってたと思う(笑)


まだ安定してないながらも
なんとなくボンヤリとでも、道すじが見えた気がしたし
メンバーでも、それを感じた人は多いと思う



まだ2018年シリーズも折り返し地点であり
現役ライダー達は、まだまだ先があるので
気が抜けませんが
手応えが大きく収穫の多い
今回のRCSでした



大会運営のみなさまならびに関係者さま
いつもありがとうございます
豪雨の中、お疲れ様でした

また次回よろしくお願いします
 

オマリーズさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス