RCS第5-6戦 ① | オマリーズ ストライダー

オマリーズ ストライダー

岐阜でストライダーチームを2014年に立ち上げました!
https://www.facebook.com/omalleyz


テーマ:

今回のRCSの直前に
中学時代の野球部の先輩に呼び出され
20年以上ぶりに再会しました
当時キャプテンだった先輩は相変わらずストイックで
現在は職人として独立され
お酒も飲まず、当時の野球部の事、今の仕事の事
アツいお話しをたくさん聞かせてもらい
その一方で私は…
当時の野球部の記憶は曖昧…
アツく語る程、仕事への熱量もなく…
お酒を飲めず手持ち無沙汰…

帰ってから
ただ生きてきてしまった、この20年の重みを感じ
これからの20年は一生懸命アツく
生きようと心に誓った鈴木父だす



リザルト

RCS第5戦
予備予選 1位
本予選 1位
AB準決勝戦 1位
A決勝 2位

RCS第6戦
予備予選 2位
本予選 1位
AB準決勝戦 1位
A決勝 1位


正直前回からの今回は苦しかったです

原因不明のプチスランプ…
何からどう取り組むべきかも見えず

やっぱりRCSは
苦しい
辛い
しんどい
その上に楽しいが乗っかってる

親子で改めて実感してきました


我が家の場合は
有難い事に、今まであまり苦労しないでこれてしまった
「RCSで実力を出す」
これが、どれだけ大変で難しい事なのか
きっと多くの家族が悩み苦しんでいる課題
まさか、このタイミングで直面するとは…


トウマが調子を崩す時は、だいたい私が原因を作っていて
たぶんですけど、3.4戦は私が結果にこだわり過ぎて
トウマの土俵ではなく相手の土俵に乗せて戦わせてしまった事


それに気づかせてもらったのが
日本一、世界一、宇宙一、シュールなランバイク練習会
「ハマレン」

と、
元々少なかった練習会の要素が遂になくなってしまった
「オマ肉練」


自分が今までランバイクで何を大切にしてきたのか
私の場合は結果を追い過ぎるとついつい見失ってしまいます


残り少ない現役レース
結果よりも、トウマらしい走りが見たい
それだけでいい……はず(笑)


とは言え
それを息子に伝えるのも難しく
親父の私ができる事は
余計なプレッシャーを与えず
前のブログに書いてたように黙って見守るだけ


息子の事を信頼してない訳じゃなく
むしろ、レースの事、RCSの事なら
体感してる息子の方がわかってるはずだし
本人にもプライドがあるだろうし
私が今更何か言う事もないんですけど

黙って見守るって
なかなか難しくて
妙にヤキモキしたり、言葉を飲んだり
頑張って黙ってても
ついつい余計な事を言ってしまったり…


1週間前ぐらいから
しんどくなって
レースの事を考えないように
「ドラクエⅴ」をダウンロードして
ビアンカかフローラのどちらを結婚相手に選ぶかを
悩むようにして気を紛らわせてました


迎えた当日
トウマの調子は分からないけど
親父は、頭痛、常に軽い吐き気に軽い眩暈の絶不調
これは2年前を思い出す我が家にとっては良い傾向

スランプを完全に乗り越えられたのかは分からないけど
2日間ともスランプを忘れるぐらいに良い走りが見られました



残り2戦
当然結果を追わないといけないのもわかってますが
RCSを楽しみたいです




今回は2部編成
チーム戦編へ続きます

オマリーズさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス