RCS第3戦第4戦を終えて | オマリーズ ストライダー

オマリーズ ストライダー

岐阜でストライダーチームを2014年に立ち上げました!
https://www.facebook.com/omalleyz


テーマ:

久々に飲んだRCSの苦い汁が格別だった鈴木父だす


リザルトから

2018RCS第3戦
予備予選 1位
本予選 1位
AB準決勝 4位
A決勝 5位

2018RCS第3戦
予備予選 2位
本予選 2位
AB準決勝 7位
B決勝 2位


久しぶりに車内が重苦しい空気の帰り道で
何がダメだったのか
どうすれば良かったのか
と自問自答をしながらの運転が妙に懐かしく

まぁまぁ早い段階で
やっぱりRCSは楽しいな~ってなって
帰り道の後半にはスッキリしちゃってましたが


今回の結果はやっぱり悔しかった


何がどこからダメだったのかを考えてると
今回のRCSは取組み方の全てが今までと違って思えてきて
3年間に及ぶ挑戦の中からできあがってきてた
「ルーティーン」の
どこから私が崩していて
どこから息子が踏み外してたのか…

終わってみると何もかもが何か変でした

(レッドカーペットを進もうとすると服は絡まるし)


いつも我慢してたのに釣竿を積んで来てからなのか…
ズボンのベルトを忘れて来た事が悪いのか…
ハシモトさんにベルトを借りたからダメだったのか…
なんでハシモトさんは普通に自分の着けてたベルトを貸してくれたんだろ?
あの人やっぱり優しいなとか…
3周ぐらい回ってどうでもいい事に原因を探し始める事になったのでやめました



ここ最近では
調子が良くも悪くも
悪いなら悪いなりに見せ場を作って
ワンチャンスをしっかりとモノにして
自ら持ち直し自分のレースに変えてきてたので
ここまで崩れると私もどうして良いのか分からなく
 

気合いや喝を入れる事も考えたけど
何も言わず、ただ見守ろうと決めていながら
ついついありきたりな、しょうもない指示を出してみたり
結局の所、何もできずブレてて
こんな時でもドンと構えてられる強さは全くなく
あれよあれよと私自身のモロさも露呈し
残り少ないRCSの本戦を
実力を出せずに終わってしまった



前回のRCS以降、オマリーズカップもあったり
新メンバーも増えて、新体制になり練習会の頻度も増えて
まぁまぁのストライダー漬けの生活になっていて、走り込んでる量も増えてたし、タイムも上がってた所だったので
本人もかなり自信があったんじゃないかなと
そこで思うようなレースができず余計に自信をなくして
手も足も出なくなってしまったと思っていて


「親として何をしてあげるべきだったのか」
「親として何がしてあげられたのか」
当然悩んだし、反省もしましたが

もう8歳でRCSの事もレースの事も十分に分かってる息子なので
ここで本人が何を感じて、どう動くのかが大事で
できるだけ何も言わないように我慢…
ついついチクチク言っちゃうけど…


一度失った自信は簡単に取り戻す事はできないので
もしかしたら、このままズルズル落ちる所まで落ちるかもしれない
残り4戦で取り戻すには、時間が足りないかもしれない

だけど、あのまま順調に最後を迎えるよりも
ここでの苦戦はきっとトウマのこれからの
長い人生にとってはプラスになる事が多いはず
例え失敗したとしても、トウマ本人が乗り越えて欲しい


って思って自分への戒めも含めて書いておきます
もし一緒になった練習会で怒鳴り散らしてたら笑ってください



さすが難攻不落のRCS
楽し過ぎます
関係者のみなさまいつもありがとうございます

オマリーズさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス