後編・タコマコ祭〜田光マコト生誕50周年バースデーパーティー歌舞伎町メモリーズ18.6.3 | うのじのにちじょう

うのじのにちじょう

うのじの日々雑感、主に芝居・ライブ・イベントの感想&レポートなど。


テーマ:

タコマコ祭~田光マコト生誕50周年バースデーパーティー

2018.6.3 歌舞伎町メモリーズ

さてさて、後編です。
レポ前編はこちら

アルバムはこちらから。
 
 
ザ・パーマネンツ
 
最後はザ・パーマネンツ!
ゆかりのゲストを続々と招いて。
 
まずは、ドラマーに真野敬史さん。
第3期パーマネンツ のドラマーということで「真野と言えばこれでしょう!」と「唇にピストル」。
 
 

TOMさん、飄々。
 

 
ご機嫌! カヨさんのサキソフォン、空気を切り裂くように響くんだ。
かっけー。
ボーカルもセクシーで洒脱。
 

いい顔!
ここのギターソロ、えがったなあ。
 
 

ここでドラムは宮田さんに代わり、ゲストボーカルに磯貫太さんを迎えて。

サザンオールスターズの「ステレオ太陽族」がふたりとも好きなアルバムだ、とそこから「恋の女のストーリー」を。
(磯さんは宮田さんの後輩で、茨城の磯蔵酒造さんの蔵主なのですが「なかなかサザンが好きって言えなかった。茨城の人間は横浜銀蝿とかセックスピストルズとかが好きな人しかいないんですよ」って…そんなばかな・爆笑)

しみじみとアルバムの良さを語る二人の後ろで宮田さんが明らかに!邪魔をするつもりで、どっかどっかバスドラムやシンバルばしゃんばしゃん鳴らしてたのおかしかった…。
「喋ってないで早くやれっ!!」かな?(笑)
 
そして、熱唱。豊かなボディから豊かなボイス。
サザンに聴こえないかも、って笑ってましたが、確かに。めためたパワフル、ソウルフルでした。
 
 

続いては、あべまさしさん。通称「まーじい」だそうな。
はなちゃんいわく「おじいちゃん」。「何しゃべってるかわかんないんですよねー」(笑)
 
田光さんのことを僕とは18歳違う、子どもみたいなもの、と笑う「まーじい」。
田光さんはあべさんのおかげでいろいろな方と出逢えたと感謝を述べつつ「下田のエリック・クラプトン」ってことで「Crossroad」。

わあああ、超しぶーーーい!
嗄れた声が渋味を生んで、ほんとに素敵でした。
こういう皺の刻み方、理想。素敵。
 

 

カヨさんとのご機嫌セッション!!
あべさんに煽られたカヨさんのサキソフォン、超絶エキサイティングでした!
 

 
 
 

続いてYOKOさん。
この方も、ゴールデン街の素人歌合戦優勝者。去年の優勝者だそうです。
あずみけいこさんの曲「母のイ・ノ・リ」を、パワフルに。
 

 
 


 
 
なんか宮田さん、にやっとしてるなーと思ったら。
 
 
袖からあずみけいこさん、乱入。
 

田光さんも破顔。
 
 
かっこいー。
ハモニカが入ってぐっとまた曲が膨らんで。
カヨさんのサキソフォンとからみあって素敵でありました。
 
 
 
 
そのまま、あずみけいこ姐さんのステージへ。
「見て、カリフォニアやで!」(Rがない・笑)
 
 
…なんておどけてましたが、歌い出せば圧巻なのです。
「手紙」を。
 
パマネン20周年でもほんとかっけええ!!と圧倒されましたが、この夜もほんとかっこよかった。
ベストアルバム、買ったった!!
 

 
 
宮田さんもTOMさんも、けいこ姐さんの世界を太い音で支えます。
 
 
特にこの曲のTOMさんのベース、好きなんだな。
 
 
直前までげらげらけいこ姐さんの話に笑ってたのに、一気に世界が変わる。
すごいパワーだなあと思います。
カヨさんのサキソフォンも、太くたくましく、けいこ姐さんの声に寄り添っていて痺れましたー。
 
 

続いては石田洋介氏、登場。
THE STONE PERMANENTS!

石田さんと田光さんはもう20年以上、ほぼ「人生の半分」一緒という…ふたりでしみじみしてましたが。

そういや、田光さんとはどういう出逢いだったの?と先日、石田さんに聴いてみたら「対バン!」という実にそっけない回答だったんですけど(笑)そんな「たった一回の出逢い」がここまで続くんだから、面白いもんです、人生。

 
まずは「ロケンロール」。
こーれーが、よかったんだな、爆発的で。
テンポもだいぶCDより速かったし、石田さんは思い切り声をしゃがれさせてシャウトするし、カヨさんはサキソフォン、ぎりっぎりとうならせまくるし。
 
痺れたよね!!!
 
 
 
 
 
 
あー、こりゃまたいい顔だねー。
「石田洋介眉間の皺愛好会」会長です(多分メンバーは私ひとり・笑)。
 
 
 
2曲目は「マイタイ・サンセット」と「ハッピー・バースデイ」をミックスするという、なんでそんなこと思いついたんかなあ、田光さん、っていう、でもめちゃめちゃ面白いミックスでした。
マイタイ・サンセット強め、かな。ハッピー・バースデイの淋しい味わいが和らぐ感じがした。
 
ラストの石田さんと田光さんと、カヨさんのサキソフォンのかけあい、ご機嫌でした。
 
「田光さん、ハッピー・バースデイ、おめでとーーーーー!」のシャウト!!

 

 

 
最後は「夢の続き」。
MCでこの曲の背景を語る田光さん。思わずカヨさん、うるうる…。
知らなくても切ない、素敵な曲だったんですが、知ればなおなお切なさが増した…。
 

 

そんな雰囲気なのに、石田さん、ここで「どーでもいいけど、田光さん、その靴、すごいね」(笑)
 
 
「話の腰折ってすいません」って、天然なのか、場に訪れた湿っぽさを振り払おうと思ったのかはわかりませんが。
 

改めて「夢の続き」。
石田さんの声が翳りを、田光さんの声が明るさをもっていて、それがぴったりと陰陽紋のように重なり合って、すごく美しい世界になるのです。

美しいハーモニー。メロディ。サビで強くせり上がっていく、感情を唆るドラム、ベース。

歌声に絡むサキソフォンの叙情。
そして高まり切った感情をゆっくりと鎮めていくラストのアレンジ。


名曲です。


あんまり素敵だったのであとで石田さんに泣いちゃったよーと言ったら「そりゃそうでしょう、そのくらいはやりますよ(えっへん顔)。ただ、君たちを泣かそうと思ったわけじゃなくて、カヨやはなを泣かそうとしたんだぜ」って嘯かれましたけど(暴露しておく)。

 
 
 

なーんか、この人の歌声に泣かされたよねー。
(またまあ、すごくいいリバーブかかっててね…)
 
 
 
充実の3曲でした!
 
 
 

ここからはラストスパート!
大岩沙彩さんのバイオリン! 
ステージ下では可愛いのに、なんでこんなに弾いてるときは色っぽいんだろうなあ。
まずは「人は酒ありき」!明るく!
 
 
 
 
宇野振一さんが加わって「懐かしい曲を」と「小さな未来」。
宇野さんはザ・パーマネンツ、初代ギタリストなんだそうです。
 

カヨさんとのセッション、楽しかったー!
 
 

カヨさんのサキソフォンが奏でるメロディがすごく印象的な、明るくていい曲。


そして来たよ、「ロック・ザ・ミュージック」!!
 
 
 
 

TOMさんのベースがはじけまくってた。
 
 
 
宮田さんのこの汗!!
 

TOMさんと沙彩さん、客席に乱入ー。
ここ、ふたりの掛け合いがしゅんごい色っぽかったなー。
 
 

宇野さん、かっけー!!
 

客席もサイリウム振りながら盛り上がりましたー!
 
 
 
本編ラストは「イエロー・バード」。
この日のために奔走したAkiomiさんのリクエストでもあり、田光さんにとっては「隣にいるこの人のために作った」「人生で一番長くつきあっていく人だから」と言うカヨさんのために書いた曲でもあり。
 
 
思わず涙のカヨさん。
 

なんかもう、おふたりの愛に胸がきゅっ!としちゃうよね!
 

沙彩さんのバイオリンが濃厚で芳醇な響きを与えてた。愛だ!
 
 
涙からのこの笑顔!!
かーわーいーいー、かよさーん!
 
 
 

「ありがとう、ありがとー!」と何度も繰り返す田光さんの声、明るくて綺麗だったなあ。

 
アンコールは、これやらなきゃね!
「愛のマッスル」!!
大盛り上がり!!
 
 
 

踊って踊って、ライブ終了ー!!
ああ、楽しかったーー!!
 
 
 
 
さらに登場のサプライズケーキ!
田光さんの変顔プリントケーキ!(笑)

子どもたちが運んできての、みんなで沙彩さんのバイオリンに合わせて歌っての、ろうそく吹き消してもらってーの。
 
改めてみんなでおめでとー!
 
 
30歳のときはばーんって顔に来たらしいですが、このケーキは顔面に当てたらもったいない…。
てことで、しっかりぶつけるためのパイが用意されてるあたりがさすがでした(笑)
 
 

打ち上げでこのケーキはみんなにふるまわれたんですが、さすがにパパの顔は切れないよね、ってことで、くりぬくはなちゃん(笑)
 

同じ顔をしてくれた田光さんでした(笑)
 
 
 

まだ田光さんに出逢って3年ちょっとかな、それも主に石田さんとのライブやキャライベ現場なので、この日、この場所に集まっていた皆さんの中ではむしろ少数派だったろうと思います。
まだまだ田光さんのこと、知らないこといっぱいだし(それはまあ、石田さんについても同じだけど)。

そんな人間がぽん、と飛び込んでも全然臆さず一緒に楽しめる空間でした。

ほんと楽しかった。

それはもうひとえにあの場にいた人達が皆、田光マコトを祝うために集まっていた幸せな空間だったからだし、そしてそういうオープンな空間ができあがるのは田光マコトという人が常に明るくて優しくて愛される人だから、なんだと思うのですよね。
自分が50歳の時(もうすぐだよ!)、こんな風にたくさんの人にお祝いしてもらえるかなーと考えたら到底無理で、つくづくと、田光さんの人徳を思うのでありました。
 
またもや、お祝いに行ったはずがすっかり楽しませてもらってしまった。
いつもほんとに楽しい時間をありがとう、田光さん。


 
最後に、この夜、帰り道に酔っぱらいながら書いた言祝ぎを置いておきます。

改めて、田光マコトさん、50歳のお誕生日おめでとうございました!

 


私の、田光さんに関する3年半のおもひで。

 

2014年12月のサンタすがもんで聴いた、愛のマッスルはもちろん、蕎麦月夜のインパクト。
この時の田光さんはちょっとおっかねかったです、正直。

最前列の下手端っこに座ってたので、実はずーっとかよさん、はなちゃん、あんなちゃんと並んで見てたんです。覚えてないだろうけど。

 

2015年、アイタイコンサートで、ツアーも含めて2.5.7.8.10.11月と田光さんのギターと出逢って、特に新横浜で、ザ・パーマネンツの音を聞いたことは大きかった。とてもご機嫌だった。
炸裂する変顔と、それ以上に艶のある身体にぐっと染みるギターサウンド。

 

hugoでのピカピカナイト、これまたサンタすがもんを経て、2016年からは、はなちゃんの作詞家活動が本格化、コタ音頭、ピザトーストとツナトーストと次々にご当地キャラ界との関係を深めて行く田光ファミリーを間近に見てきて。


田光さん自身もTHE GOT KNEED STONEでの登場が増えて、気がつけば、こんなフォトブックが作れるくらい、私の中での存在感も、ご当地キャラ界における存在感も大きく、大きくなっていた。




この、いつの間にやら、な感じ。

 

田光さんはピカピカの笑顔だし、あんな派手なギタープレイはするけれど、根っこはとてもシャイで、ガツガツ来る人じゃない、と思う。


その分、そっといつの間にか、近くにいてくれる人なんだと思う。こちらが考えもしないような、びっくりするようなところで、思いを馳せてくれている。

 

物静かに、そっと。

 

その優しさに触れたときの、なんとも言えない、嬉しくこそばゆい気持ち。

 

音楽という意味でも、それ以外でも、たくさんの楽しさや喜びを与えてくれた田光さんへの感謝を詰めこんだフォトブックです。ご笑覧いただけたらいいな。

 

いつまでも、田光さんが、かよさんがはなちゃんがあんなさんが、ピカピカ笑顔でいてくれますように。

ハッピーバースデー!

うのじ。さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント