前編・タコマコ祭〜田光マコト生誕50周年バースデーパーティー歌舞伎町メモリーズ18.6.3 | うのじのにちじょう

うのじのにちじょう

うのじの日々雑感、主に芝居・ライブ・イベントの感想&レポートなど。


テーマ:

タコマコ祭~田光マコト生誕50周年バースデーパーティー

2018.6.3 歌舞伎町メモリーズ
 
 
ザ・パーマネンツ/ザ・ストーン・パーマネンツ
Vo&Gt:田光マコト
Vo&Gt:石田洋介
Sax:カヨ
Ba:佐々木TOM孝浩
Dr:宮田トモユキ
 
カヤグッチーズ
Vo:須田スダッチ祐一郎
Gt:田光マコト
Gt:梶山祐司
Ba:イノウエヒロシ
Dr:大橋GAJI達夫
 
ジェミニーズ
Vo&Gt:田光マコト
Vo&Gt:RYOJI ROCK
Rap:高宗謙三
Ba:ハカマカンペー
Dr:真野敬史
DJ:Akiomi、セキネケイ
 
両高パンド
Vo&Gt:西村新路
Vo&Gt:堀越秀樹
Vo&Ba:田光マコト
Dr:大山雅男
 
スペシャルゲスト
Vo:あべまさし
Vo:あずみけいこ
Vo:KENZO &翔子
Vo:磯貫太
Vo:YOKO
Vln:大岩沙彩
Gt:宇野振一
 
アルバムはこちらからどーぞ。
 
2018.6.3、田光マコトさん、50歳の誕生日!
おめでとうございまーす!
 
その当日、歌舞伎町メモリーズにて盛大に「タコマコ祭」なる、バースデーパーティが開催されました。
田光さんにゆかりのあるかたが新旧取り混ぜ集まっての大騒ぎ。
 
田光さんはザ・パーマネンツをはじめ、ジェミニーズ、カヤグッチーズ、両高バンドと全バンドで出ずっぱりでした。
都合、3時間半。なんたるタフネス!!
でもずーっと笑ってらして、心底、旧交を温めること、その親しい人たちと音楽を奏でることを楽しみ喜んでらした。
カヨさんも、はなちゃんも笑顔。あんなちゃんは自由に遊んで楽しそう。
田光さんだけではなく、ファミリーみなさんの笑顔を見られて本当に幸せな、楽しい時間でした。
 
ゲストの皆様も、終始、笑顔。
誰もかれもが田光さんへのおめでとう!!の気持ちでいっぱいで、さらに、飲むぜ!!楽しむぜ!!の気持ちでいっぱい。
昨年秋のパマネン20周年の時もそうだったんですが、田光さんのお友達、お客さんって陽気な人ばかりで、全然知らない方でも一緒に飲んで、笑ってくれる方ばかりです。素敵。
田光さんの人徳だと思うし、また、ゴールデン街がそういうご機嫌な場所、ってことなんだろうなと思います。
 
実に楽しい夜で、16:30からライブ終わって打ち上げを一足先に失礼するまでの5時間、だいぶよっぱらいました。
ああ、楽しかった!!

 
なお、出演者に関する田光さんち長女のはなちゃんの解説がなかなかに毒気とパパ愛にあふれていてサイコーなので皆さんもぜひ、読んで読んで。
 
 
 
「お誕生日会、はっじめるよーー!」の陽気な田光さんの声で始まった「タコマコ祭」。
いやあ、次から次へと面白いバンド続々。
 
ジェミニーズ
 
ジェミニ、つまり、ふたご座。
メンバー全員6月生まれという奇跡的なつながり(!)を持ったバンドで幕開け。
 
わーい、頭から黒塗りだーい。
 
黒塗りー!って笑ってたら、同じテーブルのお姉さまに「こうでなきゃジェミニーズじゃない」とクールに諭される。そういうものなのか。
 
冒頭、 クイーンの「Another one bites the dust」かと思いきや、スネークマンショーだった(笑)
(「咲坂と桃内のごきげんいかが1・2・3」のパロディ…だと思う、多分)
ライムというよりはどう聴いても駄洒落な中盤が最高でした。
場内爆笑。私もげらげら笑って、頭からテンション上がる。
楽しい。
 
 
ハカマカンペーさん、アクション大きくてご機嫌だった。
 
 
 
RYOJI ROCKさん、三曲目だったかなあ、メインボーカルの曲、すごくよかった。
 
 
DJ Akiomi。ゴールデン街、ROCKETのマスター。
田光さんがAkiomiがいなかったら今日はできなかった、と何度も何度もお礼を言っていたのが印象的。
 
 
真野敬史さん。ザ・パーマネンツ第3期のドラマーでもあります。
「最近、すごいらしいじゃない、フジロックとかRockInJapanとか出てるって」という田光さんにハカマさん曰く「パーマネンツをあがると出世するらしいよ」  そーなのかー!(笑)
 
 
見てこの楽しそうな顔!
ジェミニーズは一応、黒塗りなんじゃなくて8年ぶりの来日らしいんですが、田光さん途中で「黒塗りが溶けて目に入る…」とぼやいてました(笑)
一応、ヒップホップバンド…なのかな??
 
 
 
そして、KENZOさん。
「あれ、ジェミニーズはやめたんじゃなかったっけ?」な田光さんに、KENZOさん、にやっと笑って「復活!!」…だそうです。
 
 
最後に、翔子さんを迎えて、ゴールデン街桜まつりの素人歌合戦で優勝して、あずみけいこさんが書いてくれたという「歌舞伎町ゴールデンブギウギ」を披露。
これがだいぶ面白かったです。うえーい、って一緒に手を振ってみんなで踊ってたーのしー!!
 
 
背番号は皆さんの誕生日!
なので、この夜はタコマコ祭でありつつ、ジェミニーズのみんなもおめでとう!なのでありました。
しかし見事に前半に集中ですね。
 
 
 
両高バンド
 
三番手に登場した、田光さんの高校時代の同窓生の皆さんによるバンド。
なんでも同窓会でもバンドはやる予定らしいですよ。
 
ドラム以外は全員、当時の楽器をそのまま使ってるそうです!
恐るべし物持ちの良さ!(35年前!?)
 
坂崎ポジション、西村さん。
西村さんも6/1生まれだそうで。ここにもジェミニ!おめでとうーの声が飛びました。
 
 
高見沢ポジション、堀越さん。
「僕の次にギターがうまかった」と田光さん。フライングV!
ギターソロ、確かに速弾きが超かっこよかったっす!!
 
 
ドラム、大山さん。はなちゃんの紹介文、ひどいっす(苦笑)
田光さんも「ほんとに同級生なのか、久々に会ったら引いた」とかひどいことを。
なお、ツインペダルは新品(笑)
 
 
そして、桜井ポジション、田光さーん!
 
ということで、曲はアルフィーのカバー「星空のディスタンス」。
客席のほとんどが郷愁をそそられていたなあ(笑)
なんか「星空のディスタンス」っていうと、私は中学時代の思い出なんですが、田光さんはそのころ高校生だったんだなーって聴きながらちょっとした世代差を感じたりして(2学年違うと結構違うよね)。
 
そして、お気づきだろうか… 
 
田光さん、ベースです。ベースです。
「全員ギターだから」と今回はベースに回ったそうで。
これも昔のもの(しかも自分のじゃないらしい…・笑)なんだけど、レコーディングなんかでもずっと使ってるんそうです。
 
超・新鮮!!
 
 
しかもこのTシャツ、これも高校当時のものなんだそうです。
みんな大いにどよめきました。
田光さんち、物持ちが本当によすぎるんだよなあ(笑)
 
 
最後に、同窓生の皆様からの寄せ書きと肖像画がプレゼントされました。
これ、素敵なプレゼントでした。
明るい色合いがほんと、田光さんにぴったりだ。
 
 
 
 
カヤグッチーズ
 
Let's dance to this music
いっしょにいたいなら
Everyday music
 
セトリはスダッチさんのFacebookから。
 
二番手に登場。
田光さんがかつて所属していたバンドメンバーのごった煮的なバンド。この日が初ライブですって。
 
はなちゃんいわく「KAYAとシャバグッチーズというバンドががっちゃんこした」ってことらしい。
(それぞれのバンドやメンバーのつながりについてはザ・パーマネンツのサイトの歴史ページ このへん に一応載っているのでご参照のほどを)
ステージ上でも一応、田光さんが紹介してくれるのだが、関係性まではさすがに一聴ではよくはわからない…けどまあそういうことはどうでもいいのだ、大事なのは音楽だ。
 
んでこれがダンサブルで楽しかったのでした。
田光さんとカジさんのツインギターがドラムとベースの音の間を軽やかにすり抜けてきてわくわくする。
 
「みんなで祝おう、田光マコトの50歳
せいいっぱいもてなしたい」
 
素敵ないれごと!
 
 
カジさん。渋かったーかっこいかったー。
 
 
イノウエさん、ソロプレイ、熱かった!
 
 
にっこにこでした、大橋さん。
 
 
ボーカルのスダッチさんが出てこられた印象と全然違う、ハイトーンボイスでぐっときちゃいましたよ。
メロウだったー。ご機嫌!!
 
 
田光さんの笑顔、ハッピー!!
 
 
終盤のカジさんとのギターバトル…じゃなくて、変顔バトル、さいこーでした!!
 
 
まだこのへんは、かっこいい。
 
 
あ、キタキタ。
 
 
腹筋決壊。
 
 
強烈な田光さんの変顔の残像を胸に、後編に続く(笑)

うのじ。さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント